おっさんゲーマーどっとねっと

PCゲームについてや、ゲーマー向けの情報をお届けするブログです

黒い砂漠はWelcomeキャンペーン中

   

40196

すっかり黒い砂漠を廃プレイしているおっさんです。この度、黒い砂漠は新規アカウントに対して大盤振る舞いのキャンペーンを行っており、序盤には嬉しい装備品や500万の有難い軍資金を貰えるキャンペーンを始めてくれやがりましたよ!始めて1週間くらいの冴えないアカウントだったおっさんは、心機一転ニューアカウントでリスタートです!

 

スポンサードリンク

ファーストキャラにオススメのヴァルキリー

今回ファーストキャラを作るに当たり、悩みに悩んだ末、おっさんの選んだ職はヴァルキリーにしました。

valkyrie

ヴァルキリーのいい所は「ほとんどポーション要らず」ということです。攻撃技にHP吸収技があったり、HPと神聖力(MPみたいなやつ)を同時に回復するワザがあったりと、楽ちん性能が抜きん出ていたからです。その前は対人最強と言われるレンジャー(弓)を使ってたんですけど、結構操作忙しいし近づかれるとしんどいのでおっさんには厳しかったのです。アクションは得意だぜ!というヤング勢も、もし迷っていたらヴァルキリーで始めて様子見て見るといいと思います。MOB狩りが疲れません。

ゲームコントローラーが使えます

XInputのdllが入っていて、コントローラー(パッド)に対応していました。最初は接続していてもオフになっていて反応しませんがオプションから設定できます。WASD+マウスのほうが微妙にやりやすいけど、MOB狩りとかはパッドのほうが楽です。おっさんは移動や戦闘には箱コンを使っています。

ゲームの内容について

とりあえずLV35まで育ててみました。やれることがありすぎてヤバイですね。

家を買ったが

家は割とすぐに買うことが出来ます。買うというか、ポイントで借りれます♪的な感じで複数件持つことも出来ます。

最初はご覧の通り、何にもありません。家具どころか照明すらありません。(画面はキャラクターにつけたランタンで明るくして撮っています)

house

家具などは町の家具職人から買ったり、取引市場(マーケット)で買ったり、または生産することで手に入ります。設置もそれぞれ自分の好きな位置に設置できるという拘りっぷり。

 

家を買うとできるようになるのが、調理などの生産系です。

cooking

ビールだけで働いてくれる奴隷労働者を雇って小麦を採っています。その小麦を加工してビールを作っています。生産に必要な素材は自分で採ったり、取引市場(マーケット)で買ったり、奴隷に取らせたりして集めます。狩りに疲れた時とかに休憩がてらやったりすると良いでしょう。

 

馬のシステムも細かい

本ゲーム、フィールドがめちゃめちゃ広いのですが、ワープが出来ません。なんてこったい!というわけで、移動はもっぱら馬です。そのため、馬も生産の対象です。目指せトップブリーダー!

馬は野生のものを捕まえるか、厩舎の市場から購入するなどして手に入れます。手に入れただけの状態だと、ただの馬です。そこに鞍を装備させると馬の負担が減るのか、スタミナの減りが少なくなり、鐙(あぶみ)を装備することで、騎乗戦闘ができるようになるという非常に細かい作りになっています。馬自体にもHPなどのステータスがあり、スキルまで覚えるという細かさ。Skyrimのお粗末な馬システムは完全に負けました。交配させることまでできるのでこれはもうMount & Blade + ダビスタでしょうか。

荷物の量がグラフィックに反映される

馬には荷物を背負わせることができますが、この荷物を背負ってる量で見た目が変わるんですよね。非常に見た目にこだわっているのを感じます。

gyoushou

スクリーンショット(SS)を撮るモードがある

今までのゲームにもありましたよ、HUDを消すだけのモードは。

しかし、黒い砂漠のスクリーンショットモードはそこにフィルターをかけてENBみたいな効果を出したりしてくれます。

カメラの視点移動からはじまり、焦点(ボケ)、FOV、傾き、フィルタやノイズなどの設定が、ゲームをしているその場でできます。UIが出ないことを気にしなければそのまま動かしてプレイも出来ます。
boys

 

これをMMOでやったら重いに決まってんだろ

おっさんの初期のi7とGeforce GTX680では重いところだとfpsが一桁になることもあります。ただ、数値ほどのカクカク感はありません。このゲームはホント、「これが今のMMORPGだ!」と言わんばかりにグラフィックに凝っているので、グラフィックの設定はなるべく下げないで遊びたいところです。


crowd

 

突然面白い場面に遭遇しても、ムービー以外は任意のタイミングでスクリーンショットモードにすることが出来ます。

harpy

 

まとめ:まだまだ書ききれないボリューム感

このゲームは結構重課金ゲーだと思います。特にアバターとかペットなどの割高感は正直あります。しかしながら、プレイすればそれに納得するくらいの開発費がかかってそうだなと思える出来だと思います。基本無料なので皆さんもぜひ遊んでみてください!

【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉を利用すると、現金に交換できるポイントが貯まります!

 - 黒い砂漠

Google

Google