おっさんゲーマーどっとねっと

PCゲームについてや、ゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】クラスごとの覚醒武器を独断でレビュー!

      2016/11/01

クラスの紹介のページを執筆している時、「やっぱ自分でやってないものは深く書けないな」と思ったんですよね。

 

実際にそれぞれのクラスをやってみて、どんな違いがあるか書いてみたいな!と思っていました。

そこでこれから、おっさんがとりあえずやってみた範囲で各職LV56時点の感想を書いていこうと思います。目指せ全クラス覚醒!

スポンサードリンク

覚醒武器の基本

覚醒武器のスキルの役割はだいたいこんな感じの別れ方ですかね。

通常攻撃

EP/MP/神聖力回復用。

HP回復(吸収)スキル

HP回復(HP回復スキルが別にある職を除く)。コンボの途中に入れていくことでHPをこまめに回復します。↓+左クリなど。

突撃技

移動しながらの攻撃で、攻めの起点となるスキル。↑+右クリや↑+Fなど。

コンボスキル

スキルウインドウ右側に並ぶもので、別の技から派生するスキル。レベルによって制限されており、かなり重要。

大技

クールタイムが長いが、圧倒的な火力を持つスキル。ウインドウ下段に多い。

バフスキル

一定時間(30秒くらい?)、自身の身体能力を飛躍的に上げるスキル。当然クールタイムも長い。

 

大別するとこんな感じの印象です。

ここからは各覚醒職のインプレッションです。

覚醒ウォーリア

プレイ中。

覚醒レンジャー

弓時代は高い範囲狩り能力を見せたレンジャー。

覚醒すると精霊剣とダガーの双剣スタイルになります。

リーチはまったくなくなりますが、それを補って余りある機動性で「突っ込んで殲滅」というスタイルに。

スキルなど

基本的には風の輪舞(↑ or ↓+右クリ)で集団に突っ込んでいき、エアスラッシュ(F)などに繋げていきます。

風の輪舞を連発してあちこち飛び回り、敵を集めたりすることも出来ます。

風の輪舞エアスラッシュから連携できるコンボ:乱れ疾風(右クリック)もかなり強力です。

大自然の摂理(Shift+左クリ)は100%クリティカルと強力で使い勝手も良いです。

HP回復はサヴィッチブレイド(↓+左クリ)で。

微風の足取り(↑ or ↓+右クリック)という迅駆のような無敵移動スキルもあります。

とにかく動き回ることを前提にデザインされた覚醒武器スタイルだと思います。

弓との持ち替えもかなり有効で、敵を釣るための風にのる羽根や、EP回復のための死神の疾風は覚醒しても狩りで使うことがあります。

バフスキルである若木の守護者(Shift+Q)は、攻撃速度、移動速度やクリティカル率を上昇させ、EP回復なども行う万能型。

プレイした覚醒武器職の中でもトップクラスに使いやすいバフです。

ポイント

武器耐久度の減りの早さは他職の追随を許しません。なんか最近改善されたかも?

本格的にレンジャーをプレイするならアイテム刻印呪文石を武器、覚醒武器、補助武器すべてに利用する必要があるでしょう。

また、精霊剣自体の攻撃は非常にリーチが短いため、敵と肉薄しての闘いを余儀なくされます。

青POTをがぶ飲みすることで火力が飛躍的に上がる、忙しい人にオススメの短期決戦型クラスです。

覚醒ソーサレス

覚醒前まではかなり操作量があった感じのソーサレス。

覚醒するとひたすら鎌(デスサイズ)をぶんぶんグルグルする感じになります。

デスサイズはリーチがあり攻撃速度も早いため、爽快感はかなりのもの。

スキルなど

覚醒してからの操作は「今までの苦労はなんだったんだ」と思うほどシンプルにまとめられています。

狩りはレイブンからシャドウキャプチャー(↓+右クリ)でダウンさせてからのブラッディゲイル(↑+右クリ)だけでも狩れてしまいます。

ブラッディゲイルはMPを使わないのもポイントです。

しかし持久力を消費するため連発しているとすぐなくなってしまうので、持久力を使わない攻撃を織り交ぜていくことも必要です。

MP回復には護符のスキルであるドリームデストラクション(Shift+E)が良いでしょう。もちろん、MP回復のスキル特化を忘れずに。

ソサの固有概念である「闇の破片」を使うスキル、ダークブレイド(Shift+右クリ)もあるので、それらの管理もちょっと忙しいです。

ガードスキルであるカルティアンの加護(右クリ)は、怒り100%スキルも兼ねているため暴発しないように注意が必要です。

ガードは後ろ方向(S)を入れていれば発動するのでそちらを使うと良いでしょう。

ポイント

覚醒前と同じく持久力やMPの管理、闇の破片の管理が重要です。

また、怒り100%スキルの使い勝手はちょっと難しく、なかなか思うように当たらりません。また暴発しないように注意が必要です。

覚醒してガードが可能になる他、パッシブの回避や防御力アップなどがあるため、かなりタフなイメージです。

覚醒ジャイアント

覚醒までブラストライトニング(左右クリック維持)でひたすらグルグルしていたジャイアント。

覚醒すると中距離までカバーするようになります。

スキルなど

覚醒してバスターガントレを装備すると、バーストフレア(右クリ、または左右クリ溜め)などの中距離攻撃が可能になります。

また、アドヴァンスドボム(↑+F、↓+F)での長距離ジャンプ移動など、かなりトリッキーな動きができるのも面白いですね。

狩りでの攻撃のキモは卓袱台返し(スペース)

コンボ:乱打(Shift+左クリ)→卓袱台返し、合間にブラストナックル(↓+左クリ)→卓袱台返し、荒ぶる大地(↓+右クリ)→卓袱台返しなど、卓袱台返しを随所に挟んでDPSと闘志を稼ぎます。

前進(↑+F)でのアドヴァンスドボムは意外と当てるのが難しいので、おっさんはもっぱら離脱用。

攻撃中はスーパーアーマー、移動中は無敵なので緊急回避にも使えます。

離脱からの溜めバーストフレアがお約束でしょうか。

ポイント

中距離攻撃スキルはバーストフレアアドヴァンスドボムだけなので、基本的には近接戦闘の方が火力が出ます。

Shift回避が回りこみ移動になっているため、思いの外クイックな立ち回りが可能です。

レベリングをするだけなら覚醒前のブラストライトニングで狩りは可能ですが、覚醒武器を使ったほうが当然狩りは早くなります。

覚醒リトルサマナー

覚醒までのレベル上げがとっても楽ちんだったのがリトルサマナー。

おっさんは馬上で獅子吼(E)しているだけでした・・・

覚醒すると天聖棍という、いわゆる六尺棒をぶんぶん振り回すようになります。

スキルなど

四聖神舞右クリックと上下左右(WASD)を組み合わせると、朱雀、青龍、玄武、白虎という別の技が出せる面白いスキル。

右クリックしながらWASDを切り替えていくことでスムーズな連撃が決められます。

月光擲(↑+F)は相手との間合いを一気に詰められるため、攻撃の起点になります。

天雲(↓+F)はダウンを取るのに使えます。

覚醒ジャイアントの卓袱台返しのようなコンボスキルが空鳴衝(スペース)。

何かしらやった後にスペースを押して発動させることでEPとHPが回復します。

ポイント

黒狼に乗る時は残念ながら一般武器に戻ってしまいます。

LV56ではコンボスキルが取れないので早く57になりたいですね。

覚醒ヴァルキリー

盾による安定性と火力のバランスが高く、アクションが苦手な人や黒い砂漠初心者にオススメのヴァルキリー。

覚醒してもその基本スタンスを変えなかったところをおっさんは評価しています。

スキルなど

とにかく困ったら後退したり盾(Q)を構えればチャットも余裕。

HP回復もエリアンの息吹(Shift+E)の他に盾でぶん殴るガーディアンシールド(Shift+左クリ)もあってバッチリ。

光の波動(↓+F)で吸い込んでセイクリッドエンスラー(F)でドーン!という、とにかく攻撃&防御に秀でた覚醒職になります。

移動に関しては追撃(Shift+↑または↓)というスキルとなって迅駆のような挙動になるため、狩場を走り回るのはちょっと苦手。

しかし、突撃技のデスペレーションラッシュ(↑+F)直截(スペース)、ライトニングスラスト(↑+右クリ)などによって攻撃しながらの突進は出来ます。

また、バフである気高き戦乙女(E)状態になると、ランスを構えて走り回ることが出来ます。(楽しい)

 

基本的な攻撃のコンボは、神聖力回復のために直截を挟んでいくのが良いかと思います。

デスペレーションラッシュ→直截→神聖なる強撃→直截→ライトニングスラスト→直截、と言った感じ。

時々ガーディアンシールドで殴っていけばエリアンの息吹に寄るHPの回復もそう必要ないでしょう。

エリアンの息吹は神聖力回復のために使うことが多いです。

剣と盾の一般武器の攻撃後、直截でランスに移行します。

コンボとしては天上の槍(↓+E)から断罪の剣(↓+右クリ)直截でランス、と言った形でクリティカルの恩恵をランスでも受けることが出来ます。

ポイント

狩り中の神聖力回復は、ちょっとガードして回復するのも手です。

覚醒ブレイダー

プレイ中。

覚醒ツバキ

覚醒で花月槍を持つことになったツバキは、きっちり「槍感」が出ています。

同じ槍でもヴァルキリーが「西洋風重槍」だとすれば、こちらは「東洋風の長槍」と言った感じでしょうか。

スキルなど

迅駆がそのまま使えるので、攻撃自体にはあまり機動性のあるものはありません。

蒼霜(Shift+左クリ)蒼旋刃(↑+F)が前進技となります。

雹嵐(↓ or ← or →+左クリ)は槍の連続突きで、←や→に入れることによって攻撃方向を変えることが出来ます。

主力となるスキルは凍飆(↓+F維持)。高めのダメージでありながら連続して出せる範囲技です。

霜柱(Shift+F)は前方ガード状態のままノックダウンさせることが出来、10秒間クリティカル率がアップするため、霜柱からコンボを始めるのも良いでしょう。

大技の雪華(Shift+右クリ)は前方ガードやスーパーアーマーがついているので、カウンター的に使うと良いかもしれません。

通常攻撃の花月槍修練(左クリ)も攻撃範囲が広く、火力も高めのため、闘志回復をしながらの雑魚敵一掃に役立ちます。

ポイント

覚醒ツバキの場合は横移動攻撃をしようとすると雹嵐が出てしまい、その場で止まってしまうので注意が必要です。

横に移動する時はShiftを使った回避移動や、カメラを横に向けての迅駆が良いでしょう。

覚醒ニンジャ

プレイ中。

覚醒クノイチ

まだやってませんヽ(・ω・)/ズコー

覚醒ウィザード

未実装ヽ(・ω・)/ズコー

覚醒ウィッチ

プレイ中。

 

まとめ:LV58以降が本番

ここまでLV56で利用できるスキルのみをご紹介してきました。

しかしながら覚醒武器の真骨頂はLV58以降、様々なコンボスキルなどが学べるようになってからです。

そこまで育ててから紹介できれば一番いいのですが、それは他の専門にやってらっしゃる方にお任せ、ということで…!

【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉を利用すると、現金に交換できるポイントが貯まります!

 - クラス, レンジャー, ヴァルキリー, 黒い砂漠 , , , , , , , , , , , , ,

Google

Google