おっさんゲーマーどっとねっと

PCゲームについてや、ゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】「コンボ」を自分で考えるためのスキル効果や属性まとめ

   

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

今回はコンボについての基本的な知識をまとめていきます。

「コンボコンボっていうけどそもそもコンボってなんなの?技を連続で出せば良いんじゃないの?」なんて方に是非読んでいただきたい。これからスキルウインドウをガン見するようになるはずですぞ!

黒い砂漠における「コンボ」とは何か

黒い砂漠には敵の動きを封じる CC や状態異常と呼ばれるスキル効果があります。

また、状態異常の時に特定のスキルを当てるとダメージが増加するルールがあります。

例えば、ダウンアタックというダメージ増加ルールの場合、適用させるには

  1. ダウンさせる
  2. ダウンしたところに「ダウンアタック」のスキルを当てる
  3. ダウンアタックが適用され、ダメージが1.5倍になる

こういう流れになります。この「寝かせてダウンアタック」という流れを「コンボ」と考えることが出来るでしょう。

スキルウインドウの右側にある「コンボ:~」と書いてあるスキルは、ベースとなるスキルから拡張または連携して、コンボが狙いやすくなっているスキルと言えます。

状態異常(CC)の種類

状態異常には以下の種類があります。

状態異常の種類 発生させるスキル効果
ダウン バウンド、ノックダウン、キャッチ、浮かし
浮かし 浮かし
ノックバック ノックバック
気絶 気絶
硬直 硬直
氷結 氷結

 

発生させるスキル効果はスキルの説明にそれぞれ書いてあります。

コンボにおいて起点となる効果を持つスキルがなんなのかを知ることが、そのクラスをマスターするための第一歩です。

ダメージ増加ルール

色々なダメージ増加ルールがあります。

寝かせてダウンアタック

ノックダウン、バウンド、キャッチなどで相手を寝かせた状態「ダウンアタック」属性がついたスキルを使うと、1.5倍の威力になります。

動画のVKスキル「パニッシャー」はバウンド属性とダウンアタックがついているので、連発するだけでダウンを取りながらダウンアタックを狙えます。

浮かしてエアーアタック、ダウンアタック

浮かし相手が空中にいる状態「エアーアタック」属性がついたスキルを使うと、2.5倍の威力になります。

動画のDKスキル「インバランスⅢ」は、「浮かし」と「エアーアタック」がついていて、一振りで4打撃のスキルです。

そのため、浮かした直後に2発目以降が当たり「エアーアタック」判定が出ています。

着地後「ダウンアタック」属性がついたスキルを使うと、1.5倍の威力になります。

背後からバックアタック

敵の背後から攻撃すると1.5倍の威力になります。

VKなら動画の「ガーディアンシールド」のように、当てると相手を回転(反転)させる効果があるスキルがあります。

クラスによっては敵の背後に瞬間移動するスキルなどもあるので狙って行きましょう。

タイミング良くカウンターアタック

敵の攻撃モーションの瞬間カウンターアタック属性の攻撃を当てると2倍の威力になります。

かなり決まりにくいので、個人的にはあまり使うことはありません。動画はSRの「ダークブレイド」ですが、こんな風に決まることはほとんどありません。

小型MOBにはスピードアタック

小型のモンスターが走り寄ってくる時スピードアタック属性の攻撃を当てると1.5倍の威力となります。

その他:クリティカルヒット

クリティカルヒットが発生すると、単純にダメージが増加します。動画の「ライトニングスラスト」など、100%クリティカルのスキルもあります。

その他のスキル効果、属性

ダウンスマッシュとエアスマッシュ

ダウンスマッシュ倒れている敵を弾き飛ばす攻撃で、追加ダメージはありません。

同様にエアスマッシュ空中の敵を弾き飛ばす攻撃で追加ダメージはありません。

ノックバック、気絶、硬直、氷結

ノックバック気絶、硬直、氷結も、追加ダメージは望めませんが、意図的に大きな隙を作る事ができます。

例えばWT、WZは詠唱を伴うスキルにおいて隙が大きく、敵に邪魔をされてスキル発動が潰されることがあります。

隙の多いスキルを使う前に、相手の動きを牽制する意味でこれらの CC を使うと良いでしょう。

敵によって効果のあるCCスキルは違う

コンボを狙うにあたり重要なことは、敵(モンスター)によって通用する CC スキルが違うということです。

ここが難しいところでもあり、コンボ研究のやりがいがあるところでもあります。

例えば、ノックダウンバウンドはどちらも敵をダウンさせるスキルですが、「バウンドは入らないけどノックダウンは入る」といった敵もいるのです。

このため、ノックダウンとバウンドのスキルは別物として把握する必要が出てきます。

IMMUNE

「IMMUNE」は「免疫」の意。CCが入らなかったことを意味する。

CC となる攻撃を当てたのにIMMUNEという文字が表示されることがよくあります。これは敵に攻撃が当たったものの「効かへんで」という状態の時に表示されます。何度当ててもIMMUNEの場合は、相手に対してその CC が無効であると考えていいと思います。

敵に通用するCCを把握する

長くレベリングに利用する狩場では、どの敵にどの CC なら効果があるのかを把握することが大変有効です。

そこで、狩り始めは有効な CC の調査に少し時間を割いても良いでしょう。

意識的に色々なスキルを使ってみて、ダウンしたり浮いたりすることを確認していきます。

目安としては「敵のサイズ」

小型の敵は浮きやすく、バウンドでも転びやすい傾向にあります。

大型の敵になるとまず浮かしは入らず、バウンドも入らない印象です。

ただしノックダウンやノックバックが有効であることが多いので試していきましょう。

相手ごとにスキルの使い方が見えてくる

各スキルの特性と敵への有効性が見えてくると、同じスキルもシチュエーションによって使い方が変わってくることがわかります。

ヴァルキリーの「コンボ:神聖なる託宣」を例にしてみましょう。

「コンボ:神聖なる託宣浮かしスキルである「宣告:ジャッジメントランス」の後に発動するコンボスキルで、エアーアタックダウンアタックの2つの属性がついています。

浮かしが入る相手には直接使う

浮かしが入る相手には「宣告:ジャッジメントランス」を初撃で使って浮かしを狙います。

続いて「コンボ:神聖なる託宣」でエアーアタックで2.5倍のダメージを与えられれば理想のコンボとなります。

浮かしが入らない相手にはダウンさせてから使う

浮かしが入らない相手に対していきなり「宣告:ジャッジメントランス」を使うと、SA が付いているとは言え隙が大きいです。

その場合は他のスキルでダウンさせた後に「宣告:ジャッジメントランス」→「コンボ:神聖なる託宣」という形で使って、ダウンアタック1.5倍を狙うのが上手な使い方となるでしょう。

まとめ

  • 攻撃の仕方によってダメージが増加するルールがある
  • ダメージ増加ルールを適用させるための一連の攻撃が「コンボ」である
  • 状態異常から対応するスキル属性の攻撃を当てるのが基本
  • 状態異常が通用する敵を見定める
  • スキルごとの状態異常や属性を知ることで、より効果的なコンボを生み出せる
Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.
【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉を利用すると、現金に交換できるポイントが貯まります!


 - 黒い砂漠 , , ,

Google2