おっさんゲーマーどっとねっと

PCゲームについてや、ゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】サブキャラを数日でLV56に育てるための7ヶ条

   

あなたがサブキャラを育てる時、すぐにLV56になれるとしたらどうでしょう?

覚醒して楽しく遊べそうですよね。色々な場所に戦闘要員として置いておくことも出来ます。

新キャラの育成が早い人は、サブキャラを育てる時のコツをおさえている人です。

今回は、サブキャラを迅速に、数日で56に持っていくための7ヶ条をここに書いていきます。

 

スポンサードリンク

1.経験値アップ期間に実施する

効率のいい時に狩りをすると効率がいい。

当たり前です。皆さん経験値アップ期間には狩りをしていると思います。

しかし、みんながみんな行くものですから「狩場が混んでてなあ」という時があるのもまた事実。

そういうときにこそ「育てようかな」と思っていたサブキャラを育てる時なんです。

サブの育成においてもそのまま「●%アップ」だということを忘れないでください。

2.バッグクエをなるべくやらない

実際、バッグ獲得のためのクエストをやればやるだけ、成長は遅くなります。

しかし、バッグの枠は欲しい。このジレンマをどの程度で妥協するかがポイントです。

バッグクエには3種類ある

おっさんはバッグクエを3種類に分類しています。

  1. 闇の精霊クエスト
  2. NPCに話しかけて発生させるクエスト
  3. サブキャラのためにやるべきではないクエスト

1.闇の精霊クエスト

闇の精霊のクエストは、レベル上げと並行して自然に出来るクエストが多いです。

クエストを進めるために必要な「敵の討伐数」もあまり多くありません。

2.NPCに話しかけて発生させるクエスト

闇の精霊以外のクエストです。自分でNPCに話しかけて実施することになります。

例えば、ベリアの釣りクエ、ハイデルのテクトン、グリッシーのセイレーンやデボラ、北部小麦農場のノーマン・レートなどです。

街中のたくさんのアイコンの中からどのNPCか覚えておかないといけないし、前提もあることがありちょっと面倒です。

3.サブキャラのためにやるべきではないクエスト

それはズバリ、ケプランの連続クエストです。

バッグマス1のために30分以上かけることになるでしょう。

サブキャラでやるなら、ある程度育ってからの気分転換に行うのがいいでしょう。

おっさんは覚醒後に遊びでやったりします。

ちなみにバッグ1マスを買うなら10パール(50円)ですから、買ってもいいと思いますよ!

 

以上の3段階の中で「どこまでやるべきか」を決めて進めると良いでしょう。

個人的なおすすめは、1の「闇の精霊のクエのみを進める方法」です。

もらえるバッグマスも、活動する上で最低限必要な量が確保できます。

覚醒後などに残りをやるのも、強くなった実感を得られて良いものです。

3.バッグの中に残すものを決める

バッグマスは貴重です。(課金でいきなり全開にする人以外にとっては)

ペットを出して拾うものの中で、残すべきものは限られています。

おっさんの場合は以下のもの以外は、サブキャラ育成中は捨てます。

  • ブラックストーン類
  • ブラックストーン粉末(水晶を砕いたもの)
  • 数十万シルバーになりそうなスタック可能ゴミ類
  • 10万シルバー以上になりそうな武器、防具
  • 育成に必要なアイテム(食事、エリクサー、POTなど)

これだけで、バッグマスはかなり節約できます。

4.なるべく良い装備を

メインキャラなどから使えるものを持ってきて、なるべく攻撃、防御の値を上げてスタートします。

武器類など使い回しの出来ないものも、可能な限り良い物にします。

防具が良いと火力が上がる

防具が良いと、回避しなくても良いのです。

ダメージを気にせず攻撃を続けることが可能になります。

ダウンやノックバックの抵抗がついていれば、それこそ攻撃し放題です。

つまり、防具があるからこそ、DPSを限界まで上げることが出来るわけです。

また、POTも持たなくて良かったりするので、重量やバッグ枠の節約にもなります。

命中を上げる事のできる装備の場合は、単純に当たり具合が良くなるので、やはり格上に対して火力が上がります。

これに、アクセサリーなどを持ってくることになります。

+15~真1の緑武器あたりでも、かなり戦えることでしょう。

5.良い馬で進行する

装備と同じく馬も大変重要です。

移動の早さ

サブキャラの育成はまさに「旅」です。

オルビアを中心に、時計回りにカルフェオン方面までぐるっと移動することになります。

移動時間を節約できれば、それだけ早く育成することが出来ますね。

突進攻撃

馬のスキルに「突進」というものがあります。

突進は序盤ではかなり有効な攻撃手段で、機動性と一撃の重さを兼ね備えています。

LV30くらいまでの敵には主力で使っていけます。

タフネス

LVや世代の高い馬であればHPが高くなります。

段差を飛び降りたり、騎乗攻撃をしたりすることが容易になります。

馬を止める場所も適当で良くなります。群れに突っ込んでいって、その場で降りて応戦、また乗って移動して降りて…ということが可能になります。

まるで騎乗攻撃をするがごとく、移動時間と索敵が圧倒的に短縮されます。

6.バフは常に盛る

攻撃力アップや経験値アップの食事、50%アップスクロールや戦闘の書、デイリーでもらえる時間限定経験値アップボーナス。

こういったものを惜しげもなく使えば使うほど、飛躍的に早くレベルを上げることが出来ます。

バッグクエの最中も忘れずに

バッグマスのために闇の精霊のクエストをやる場合もバフはかけましょう。

トータルで150%以上の経験値アップになっていれば、クエストをこなしているだけで自然とレベルが上がります。

つまり、わざわざ「レベリング」をしなくても、バッグクエストの内容をこなしているだけでLV50に近づくのです。

7.パーティーを組む

レベル50以降では、集中して狩りをすることでレベルを上げる必要が出てきます。

その際には、パーティーでの狩りが断然おすすめです。理由は主に3つ。

1.経験値効率がいい

パーティーを組むと経験値の取得にボーナスがかかります。

このため、敵の多い狩場で早くレベルを上げることが出来ます。

2.狩場のキープが容易

レベルを効率よく上げるためには、良い狩場をキープする必要があります。

狩場をキープするためには敵を素早く倒す力が必要です。

パーティーはその点で、素早く倒す力になるのは明白ですよね。

狩場での殲滅力が高いということは、その場の占有権を得るようなものです。

ちょっと休憩したいと思ったときも、仲間がいれば安心です。

3.スキルの使い方を早く体得できる

パーティープレイをすると、様々なクラスが入り乱れ、非常に速いテンポの狩りを求められます。

その中で「どうやったら早く動けるか」「どうやってムダのない動きをするか」といったことを、必死に考えてプレイするはずです。

そうすると、必然的に効率的なスキル回しなどを早く覚えることが出来ます。

これは大変疲れますが、そのクラスの動きを体得する上では非常に効率の良い手段となります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。簡単にまとめますと以下のようになります。

  1. 経験値アップ期間はサブキャラ育成がお得。低レベル狩場まで混んでいるわけではない
  2. バッグクエは必要最低限に。やればやるほど遅くなる
  3. バッグになんでも溜め込まない。思い切って捨てれば枠はそんなにいらない
  4. 装備はメインキャラから持ってくる。武器も可能な限り良いものを
  5. 馬の速さはレベリングの早さ。タフで早い馬を用意しよう
  6. バフは全開にしてサクッとレベリングを終わらせよう
  7. パーティーはレベルも上がるし、プレイヤーのスキルも上がる

レベリングが上手な人はこれらを上手に使っているのです。

これらを駆使すれば、最近よくやっている週末の100%アップ期間だけで、新キャラをLV56にできるかもしれません。

そういったタイムアタックをしてみるのも気分転換になりますよ!

サブキャラを育成する際には是非試してみてくださいね!

【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉を利用すると、現金に交換できるポイントが貯まります!

 - 黒い砂漠 ,

Google

Google