おっさんゲーマーどっとねっと

PCゲームについてや、ゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【GTA5 PC】アップデートが来る前にバックアップしよう【MOD】

   

9/15に来るGTA5のアップデートに備えてバックアップをしましょう!そしてMOD再構築を防ぐ効率的な手順も紹介します。

スポンサードリンク

アップデートで導入したMODが戻ってしまう?

Grand Theft Auto V 直下のファイルを直接編集している方は、うっかりアップデートをしてしまうと編集したMODが全て戻ってしまいます。OpenIVでmodsフォルダを作っている場合は戻ることはないんじゃないかと思いますが、GTA Vのルートフォルダ以下は何が起きるかわかりません。Rockstarが消しに来るかもしれませんので、いずれにせよバックアップは必須です。

皆さん使っているOpenIVの画面。基本的にMODはmodsフォルダを作って、その中にコピーしたrpfなどを入れて使います。

OpenIVのメイン画面

 

どうバックアップすればいいのか?

一番良いのは、Grand Theft Auto Vフォルダ以下をまるごとバックアップです。これが一番確実です。外付けHDDなどにガツンとコピーしておきましょう。OpenIVを使ってmodsフォルダを作っている場合も、ルートフォルダのタッチしていないrpfファイルを含めてまるごとバックアップしておきましょう。その際に、「1.0.393.4」などと、そのバックアップのバージョンなどもつけておくとなおGoodです。

 

OpenIVでmodsフォルダを使ったほうが良い理由

オフライン起動やSteam版の人は、rpfを直で編集する方もいるかと思いますが、個人的にはmodsフォルダを使う方法をオススメします。

modsフォルダの使い方についてはGTA5 ModデータベースさんのModを導入してゲームを起動するとアップデートされて元に戻されてしまう問題の回避方法をご覧ください。

modsフォルダの中にMODでいじる必要のあるrpfを入れて使います

OpenIVの補足説明

modsフォルダを使うメリット

オリジナルファイルの同一性保持

modはmodsフォルダの中にだけ入れる形になり、元のrpfは元のままのため、いつでもオリジナルファイルの復旧が可能になります。

オンラインモードにすぐ行ける

オンラインモードで遊ぶ時にScriptHookを始めとしたdll系を一時的に削除するだけで遊べます

アップデート対策

オリジナルのファイルをバックアップしたりすることで、アップデート時に「どこに変更が加えられたのか?」を確認しやすくなります。(もちろん、直で書き換える人は先にバックアップ取っていると思いますが・・・) また、アップデートによってオフライン起動が出来なくなる可能性が無きにしもあらずですので。

 

直でrpfをいじってしまっている場合

アップデートは金輪際しない!という人以外はmodsフォルダ方式への移行をオススメします。

移行例

1.Grand Theft Auto Vフォルダ全体を他のドライブなどにバックアップします。

2.アップデートが来る前にアップデートをかけて、現状のファイルを取得します

3.Grand Theft Auto Vフォルダの中にmodsフォルダを作り、1で退避したrpfファイルを入れます

4.OpenIVでmodsフォルダを利用できるようにします

大体はこれで行けると思いますが、例えば最新版のexeと、古いupdateフォルダを利用している場合に動作の不具合が出る可能性があります。

その場合は、1で退避したexeファイルなどを戻してオフライン起動するか、もしくはmodsフォルダにアップデート後のupdateフォルダを入れ、Modを入れ直す必要があります。

 

バックアップは取った!アップデートが来たらどうする?

さて、ここでmodsフォルダを含め、Grand Theft Auto Vフォルダのまるごとバックアップ取りました!アップデートが来たら何をすればいでしょうか?

変更のかかったファイルを調べる

まずは日付を見て、アップデートされたファイルを調べましょう。exeファイルは当然バージョンアップされると思いますが、その他のrpfファイルなどを1つずつチェックします。

もし、アップデート前のファイルと何も変更点がなければ、そのファイルはそのまま使えるということです。

例えばGrand Theft Auto Vフォルダ直下のx64a.rpfファイルと、バックアップしたx64a.rpfファイルが全く同一の場合、modsフォルダでMODを入れたx64a.rpfファイルはアップデート後もそのまま使えるということです。

更新日付やファイルサイズが変わっていたら・・・?

これもrpfファイルを「展開して比較する」という方法でなるべくMODの導入のやり直しを防ぐことが出来ます。

rpfファイルはフォルダのようなもので、その下に更にフォルダ構成がされているのはご存知ですよね。

rpfファイル以下をファイルとして書き出して、WinMergeなどのソフトを使って調べましょう。

WinMergeの使い方

まずは比較したいrpfファイルを展開します。今回はupdate.rpfでやってみますね。

最初にエクスプローラでどこか適当なところにフォルダを作っておきます。

1.update.rpf用のフォルダの中に、比較用のフォルダを2つ作ります。

今回は「mod_ver」、「new_ver」としました。

merge0

2.OpenIVでmodsフォルダのupdate.rpfを開き、右のペインから全てを選択して、mod_verフォルダへドラッグアンドドロップします。

merge1

ファイルサイズが大きいので少し時間がかかりますが、こんな感じで展開されます。

merge2

 

3.同じように、オリジナルのupdate.rpfnew_verフォルダへ展開します。

merge3

こんな感じ

merge4

4.WinMergeを開きます。

5.WinMergeのウインドウに「mod_ver」フォルダをドラッグアンドドロップします。

merge5

6.WinMergeをアクティブにするとこんな感じになります。

merge6

7.WinMergeの「2:」のところに「new_ver」フォルダをドラッグアンドドロップします。

merge7

 

8.このような感じになったら、サブフォルダを含む、のチェックを入れてOKを押します。
merge8

 

9.解析が始まります。しばらく待ってください。

merge9

10.このような感じで、比較結果が表示されます。

 

黄色のファイルは左右でファイルが異なっていることを示しています。 グレーのファイルは左右どちらかにしか存在しないファイルであることを示しています。 白いファイルは左右で同一のファイルです。

黄色のファイルは左右でファイルが異なっていることを示しています。

グレーのファイルは左右どちらかにしか存在しないファイルであることを示しています。

白いファイルは左右で同一のファイルです。

11.metaファイルやxmlファイルなどのテキストファイルはダブルクリックすると差分を細かく確認、編集できます。rpfファイルは中の編集ができないので、解凍して手順1からやり直しです。

merge11

 

初めてだと使い方がよくわからないかもしれませんが、WinMergeを上手く使うことによって

・どこが変わったのか(どこはそのまま使えるのか)

・変わっているものはどこを編集すればいいのか

を素早く判断できるようになり、MOD全て入れ直し、ということを防ぐことができるでしょう。MOD利用者の皆さんは是非活用してみてください!

 

まとめ

(modsフォルダを含め)GTAVフォルダをまるごとバックアップする

何かあった時に後で戻すことは不可能です。空き容量がない人は外付けHDDなどを用意しましょう。

 

I-O DATA USB 3.0/2.0接続【家電対応】外付ハードディスク 3.0TB HDC-LA3.0

 

modsフォルダを利用する

空き容量がない人はハードディスクやSSDなどの増設も検討してみてください。
今の時代はゲームも大容量化の一途を辿っていますから512GB以上のものがおすすめです。ちなみにおっさんのGTAVフォルダはmodsフォルダを含めて100GBくらいです。

 

Transcend SSD 512GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS512GSSD370S

 

WinMergeなどを使って効率的にModを再構築する

metaファイルなどを再度修正する場合にも活躍するので、是非使ってみてください。

 

いかがでしたでしょうか、2015/9/15にはアップデートが来ます!アップデートへの準備はできていましたか?ご確認を!

【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉を利用すると、現金に交換できるポイントが貯まります!

 - Grand Theft Auto V , , , , ,

Google

Google

  • XOF

    アップデートによる上書き回避の方法のひとつでmodsフォルダを作って入れる方法を試したのですが動かないです(;´∀`)

    ゲーム入れ直してもだめでお手上げ状態です(´゚д゚`)
    何が原因なんでしょう?

    • Ossan

      そうですねぇ、まずはもう少し詳細な状況がわからないとなんともいえませんが

      1.今まで一度も動かせていない場合→OpenIVやScriptHookの使い方を習得する
      2.アップデートしたら動かなくなくなった→もう一度最初からmodを入れなおす。ScriptHookのアップデートを行う

      基本的にはこのどちらかになると思います。

      • XOF

        やっぱりそうなりますよねえ(;´∀`)
        もう一回やり直してみます

        ありがとうございます(‘◇’)ゞ

  • JB

    こんばんは、はじめまして!
    ちょっとお聞きしたいのですが、modsフォルダの中にmodを導入した状態でオンラインしても大丈夫なのでしょうか、また「オンラインモードで遊ぶ時にScriptHookを始めとしたdll系を一時的に削除するだけで遊べます」とありますが、Script Hook Vのdll系以外にどのような物を削除すれば良いのでしょうか?例えば、グラフィック改良Mod等も削除しないといけないのでしょうか?
    ご回答よろしくお願いいたします。

    • Ossan

      いらっしゃいませ!
      modsフォルダの中に何かがあるとしても、それを呼び出す機能が働いていなければただファイルがあるだけです。
      プログラムに干渉しないはずなのでそのままでOKだと思いますが
      ちょっと最近のランチャー事情はわかりませんので、modsフォルダごと別のフォルダなどに移動させておくことをオススメします。

      dllに関しては、オンラインで遊ぶ場合には必ずGTA5オリジナルの物以外は退避、または削除してください。
      グラフィック改良でも外部プログラムの干渉をさせていることには変わりありませんので、BANされても文句が言えません・・・:;(∩´﹏`∩ );:

    • JB

      早速のご回答ありがとうございます。
      実は今日、オンラインでプレイする時にmodsフォルダだけ別の場所に移してScript Hook VやENBなど、そのままでプレイしていちら4月5日までのオンライン停止くらってしまいました。
      やっぱり余計な物は取り除かないとダメなんですね…汗 BANされなかっただけ良かったです。
      大変参考になりました。ありがとうございました。