おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

Geforce GTX 1080Tiの発売日、スペックが公式発表!買い時はいつ?

   

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

img_58b69c531b0c8-1000x548

ついに発表となったGTX 1080Ti。1080を買おうか迷っていた人は更に迷う状況ではないでしょうか。1080との性能を比較しつつ、GTX 1080を使っているおっさんの意見をお伝えしたいと思います!

以前も予想とされるものをまとめましたが、やはり大体TITAN X(Pascal)を意識した感じになっていますね。

TITAN Xより少し性能がいい程度に「抑えている」印象を受けました。

GTX 1080との思想の違いで感じるのは、SMユニットあたりのCUDAコア数です。SMユニットを減らすぶん、その上に積むCUDAコア数を倍化させることによって、単精度浮動小数点演算性能はGTX 1080に対して約29%上昇させてきました。

VRAMまわりは確実に増強され、容量は37%増加の11GB、メモリ帯域幅は50%以上アップしています。 クロックは抑えめでこれだけの動作が見込めるということは、温度的にも余裕があるのでしょう。 NVIDIAのBlogによれば、GTX 1080に対して35%の性能向上とのこと。

NVIDIA CEO Jen-Hsun Huang Unveils GeForce GTX 1080 Ti, World’s Fastest Gaming GPU | NVIDIA Blog



結局ネックは温度なのだ

おっさんがGTX 1080を使っていて感じたことは、なんだかんだ1080も回せば熱いってことです。 99%ロードの状態では80℃を超えてきますが、もうその辺で性能は打ち止めです。 GPUには耐用温度の上限があり、だいたいそれが90℃前後なんですけど、「これ以上上がると壊れちゃう!」とシステムが判断し、動作クロックを自動的に下げることで、壊れないように温度コントロールしてくれるのです。 つまり事実上の性能限界は温度で先にくるんですよね。

GTX 1080 Tiではその点どうしているかというと、電源の改善や空気流量が2倍になる設計などによって、とにかく冷却にはこだわっている模様。 クロック2GHzで66℃というのは、もうなんというかビューティフルとしか言いようがないです。 おそらく、メーカーによってクロックブーストされたGTX 1080に対しては、30%の性能向上もいかないかもしれません。 それでも買い替えたくなる理由の一つが「温度の余裕」なんです。



4Kがまともに動きそう

GTX 1080で、フルHD(1920✕1080)のゲーミングはほぼ、不満がないレベルとなっています。そして、時代は4KやVRに移行しようとしていて、GTX 1080も一応は「VR Ready」なカードとなっています。

ただ、やっぱり4Kはまだ早いんじゃね?というのがGTX 1080での印象だったんですよね。 もちろんビデオカードだけじゃなくてCPUも多分に影響するわけなのですが、CPUの演算がそう多くないゲームではGTX 1080がヒーヒー言って、明らかに頭打ちになることはあったわけです。

グラボの性能って、いつでもフルに使えるわけじゃないんです。フルに使うくらい、カツカツな状況だと、大体冷却が追いつかないので演算も落ちて、ワンランク下のGPUかっていうくらい下がってくる、というわけなんですよね。

だから、もし99%ロードの状況でも冷却がガッツリ効いてれば、それは確かに4Kゲームでも安定しているかもしれないんだけど、クーラーを水冷にでもしない限りは厳しい感じだったのです。

その点、空冷でも66℃で35%アップのゲーム環境ですよ、というGTX 1080 Tiは、4Kのゲームをシングルカードでやりたいならホントにマストバイだと思うのです。

 

GeForce GTX 1080 Ti グラフィックスカード

GTX 1080は値下げへ

GTX 1080 Tiの発表を受けて、GTX 1080は値下げが行われる模様です。 100ドルの値下げとなりますが、日本ではどれくらい下がってくるかわかりませんね。

結局のところ、各ビデオカードベンダーがオリジナルモデルを投入してきて、その分はリファレンスカードよりも上乗せされているのが通例です。 結局そこまでは変わらない、ということも考えられますが、世代交代を狙って数千円の値下げは十分考えられます。

とりあえずここに、GTX 1080のAmazonアフィリエイトリンクを執筆時の値段つきで置いとくので、値段が下がるか後々見てみると良いかも

ZOTAC Geforce GTX 1080 AMP EDITION グラフィックスボード VD6068 ZTGTX1080-8GD5XAMP01 新品価格 ¥89,834から (2017/3/1 18:48時点)

GTX 1080を2枚にするか、GTX 1080 Tiに乗り換えるか

GTX 1080を持っている人で、1080が安くなるから買い増してSLIしちゃおうかな?と考える人もいると思います。 おっさんは可能な限りはシングルカードでやっていきたいタイプです。

なんといっても、電力は有限なのです。例えばPC関係の故障でかなり多いのが電源周り。

  「GeForce GTX 1080」のSLI構成を試す。「SLI HB Bridge」は必須アイテムなのか?

上記4Gamerの記事は大変興味深いのですが、その中で気になるのは消費電力。

GTX 1080でもシングルならシステムの最大消費電力って360Wくらいなんですよね。 しかし、SLIで2枚にするとやっぱり600Wくらい使う感じ。 この240Wの差はかなり大きいはずです。

電源が不足してる人は交換すればなんとかなるかもしれないですが、住宅事情の問題でタコ足配線上等でやってる人とかは継ぎ足せばいいって問題じゃないかもしれません。 SLIを狙う時は、電力のキャパはよく考えてね!

米国では3月10日発売

GTX 1080 Tiは、アメリカでは3月10日に発売されることになっています。 日本にはいつくるかわかりませんが、最初はきっとかなりのASK税がかかってくるので、例のごとく10万円くらいでしょうね。

そうすると、しばらくはGTX 1080も目に見えた値下がりはしないだろうと思うので、値下がり効果が見えてくるのはやはりFounders Edition(リファレンス)が出た後の、オリファンモデルなども出揃った頃…やはり3~4ヶ月後、という感じでしょうか。

img_58b69b8fa2cf9

ZOTAC GeForce GTX 1080 AMP Edition ZT-P10800C-10P [PCIExp 8GB] の価格推移グラフ (出典:価格.com)

 

  というわけで、GTX 1080 Tiも、GTX 1080も6月~7月頃に買い時が来ると予想しています!

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.
【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - パソコンネタ ,

スポンサーリンク