おっさんゲーマーどっとねっと

PCゲームについてや、ゲーマー向けの情報をお届けするブログです

DUAL GEARというフロントミッションと戦場のヴァルキュリアを足したようなゲーム

      2016/08/04

DUAL GEARフロントミッションシリーズといえばスクエアエニックスのロボット物ゲームの代表作で、おっさんも昔はよく遊んだものです。2010年にリリースされたフロントミッション エボルヴでは制作を海外に任せてしまってうわぁ・・・な出来になり、今までのシリーズファンには相当な悪評を食らった模様。

さて、フロントミッションが死んだ今、こういうターンベース制のロボットゲームってもう出ないのかな、と思っていた矢先、「海外でそれっぽいのが作られているらしい」という情報を知りました。それがORBITAL SPEED SUTUDIOの「DUAL GEAR」です。デモ版もあったのでデモ時点の評価や感想などもお伝えしますね。

 

スポンサードリンク

グラフィックがヤバイ!

トゥーンシェーダーっぽいグラフィック

タイに本社があるらしいORBITAL SPEED STUDIO。ゲームのグラフィックスはかなりのもの。PC/PS4/XBOX Oneでのリリースを予定しているようです。2015年の東京ゲームショウにも出展していたそうですよ。

ゲームシステムやメカデザインなどから、フロントミッションやアーマードコアなどのゲームにインスパイアされた感じが見て取れますね。全長6mというDUAL GEARのサイズは現実感があります。

洋ゲーより和ゲーなメカデザイン

メカ(DUAL GEAR)のカスタマイズなどももちろん可能で、オリジナルの部隊を作成可能です。

現在アルファ版がプレイ可能!

INDIEGOGOでデモをDL可能

ORBITAL SPEED STUDIOはまだ立ち上げたばかりの会社だそうで、DUAL GEARが第一弾の作品となりそうです。

現在クラウドファンディングサイトであるINDIEGOGOで、DUAL GEARの先行投資してくれる人を広く募集しています。

また、早期のアルファデモ版をリリースしており、誰でもプレイが可能となっています。

デモ版DL&ゲームの応援はINDIEGOGOで

また、上記リンクはリリース日にSteamでより安く入手できるオーダーリンクがついたものにしてあります。通常$30がなんと$12でプレイできるそうですよ!

Steam版なら12ドルでプレイ可能に!

遊んでみて気に入った方は応援の意味でも投資してみてはいかがでしょうか。リリースは2017年の4月を予定しているようです。

 

肝心のゲームの内容は・・・

「ザ・開発中」という感じ

というわけでDUALGEARのアルファ版デモをプレイしてみました!操作や基本ルールを学べるチュートリアルと、簡単なミッションが一つプレイできます。XBOXコントローラに対応しているので持っている人は繋いで遊んでみるといいですよ!

グラフィックスは十分に綺麗。インターフェースも非常にそれっぽい感じで雰囲気を出していると思います。また、SSでは英語字幕ですが、日本語のオペレータ音声、日本語の字幕がついています。かなり日本を意識した制作になっているようで嬉しいですね!

ゲームのシステムはターン制のストラテジーを軸にしつつ、ターゲティングはTPSのような感じを目指しているようです。移動すると攻撃されたり、部位をエイムできるなど、フロントミッションより戦場のヴァルキュリアに近いシステムでしょうか。

 

デモ版の評価、感想

チュートリアル

アルファ版なので気になるところはいろいろとありますが、今後が期待できる内容でした。

今ひとつなところ

「ザ・開発中」という感じ

まずUIが今ひとつわかりにくい所。

上記SSの自機を取り囲んでいるバーが自分のGPゲージ。GPゲージは移動したり攻撃すると減って、1ターン終了すれば回復します。ただし攻撃のために消費する量が構えないと表示されないなど、ちょっと情報が足りない感じ。(わざとかな?)

GPゲージの他にあとどれだけ攻撃できるのかを示すアクションポイント(AP)があるのですが、これも説明が足りないのですぐにはわかりませんでした。画面下のUIに2つ並んでいる小さいボックスがそれです。つまりデモでは1ターン中、各機は最大2回までしか攻撃ができません。例えばブレードによる近接攻撃はAPを2つ消費するのですが、消費量などが明記されていないので攻撃するまでわかりませんでした。

カメラワークはまだまだ改善の余地あり。ロボゲーって攻撃時などに見せて欲しい角度ってあるじゃないですか。アレがまだまだないんですよね。射撃などを決定したらカッチョいいカットインを見せて欲しいなあと思うわけです。

自軍ユニットは複数いるのですが、攻撃順が完全に固定されているために戦略の幅が狭いのも今ひとつ。自機と敵が被ってエイムしづらいのもいただけない。SEもちょっと軽いかな。

などなど、アルファ故とは思いますが、これらの点が今後改良されていくとかなり期待できるゲームになるのかなと思いました!

 

ここは良い!というところ

空挺降下

メカのデザインは国産ロボットゲームが好きな人ならば抵抗のないデザインだと思います。これがメックウォリアーのようなデザインだったらやってないですね。DUAL GEARは30種類以上が用意されるということで期待が持てます。

また、フロントミッションでは格闘系の敵に近づかれると三途の川が見えたものですが、DUAL GEARでは自ターンでGPが残っていれば歩いて回避することが出来ます。自分が攻撃中でも相手がコチラを狙ってやってきますので、攻撃タイミングと回避などを考えるリアルタイムの戦略性があります。

部位破壊をマニュアルエイムで行える所も良いですね。ハイスピードメカアクションではなく、程よいスピードのゲームだからこそ可能なシステムです。大口径キャノンも、ロックオンがないので目測で当てに行きます。当たれば一発KOですが、当たらなければ1ターン棒に振るリスキーな感じがたまりません。

開発中ですが、日本のロボットゲームにインスパイアされたと公言していることから、今後の成り行きも安心して見ていられる感じがします。

 

まとめ:今の時代にどれだけのニーズがあるか?

DUAL GEARはゲーム性がちょっとレトロな感じで、この時代にどこまで通用するのかなあというのが正直な印象。こういうのが好きなおっさんには受けると思うけど、若い人はもっとバリバリに自分で操縦するリアルタイムアクションの方が好きなんじゃないかなあとか。その点をフォローしていくのがカメラワークだったりメカのギミック、ビジュアルの豪華さだったりするわけですが、基本後方視点のままだとちょっと寂しいかなという印象はあります。何かもうちょっとオリジナリティを期待したいですね!

【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉を利用すると、現金に交換できるポイントが貯まります!

 - その他ゲーム

Google

Google