おっさんゲーマーどっとねっと

PCゲームについてや、ゲーマー向けの情報をお届けするブログです

コミュ症ソロ民のための「ネトゲ立ち回り術」~その4:欠点を曝け出そう!~

      2016/04/15

あなたの欠点はなんですか?「ネトゲ立ち回り術」第四回。今回は自分の欠点について。皆さんは自分の欠点を人に自ら話すことが出来ますか?「自分の弱いところを見せるなんて恥ずかしい」「バカにされそう」なんて思う方もいるかもしれませんね。コミュニケーションに自信がない人ほど欠点を隠そうとしますが、実はそれは逆効果なんです。

 

スポンサードリンク

欠点があると親しみがもてる

安心してください、マルですよ!

コミュニケーションに自信がないコミュ症の人が、人と関わる上で目指す典型的な誤りがあります。それは完璧超人を目指そうとすることです。

完璧に見える人は確かに尊敬に値します。サッカーの本田圭佑選手などをイメージしてみましょう。一流選手独特のオーラがありますよね。しかし、友達になりたいというよりは遠目に見ていたい感じがします。

つまり、欠点がなさそうな人はちょっと近寄りがたいのです。

例えばゲームでも、トップグループにいる人たちには棘のある言動をする人がいますよね。そういう人たちは、ゲームスキルは素晴らしいかもしれませんがチームメイトとしては一流ではないわけです。

ゲームスキルが高いと人が寄ってくると思うかもしれませんが、意外とそうでもありません。あくまでもその人の人柄がベースにあってこそなのです。

 

欠点を知らせることで予防接種になる

人間誰でも欠けている部分があるもの。そしてその部分はどうしても直せなかったりします。しかしその欠点を自分が認識していると、一転して強みになるんですよ!

ネトゲで友だちができたりギルドに入った場合、自分が何かを失敗しそうだと思ったら、自分の欠点を予め伝えておくと大抵は良い結果が得られます。

例えば新しくグループに入ったら、必ず一言くらい自己紹介する機会があります。

「チャットに慣れていなくて遅いのですが、話をするのは好きです!」

こんな感じの自己紹介をしておきます。そうすると「あ、この人はチャットは遅いんだな」という風に相手が前もって構えてくれます。

そうすれば、返事に時間がかかっても「無視されてるのかな?」なんて相手に思われることはないでしょう。つまり失敗の予防接種になるのです。

 

欠点を示すときには「長所」も示す

欠点は伝えたほうが良いのは確かですが、ただ欠点を出せばいいというわけではありません。欠点はただのマイナスイメージにしかならないからです。

ここで使えるテクニックがあります。それは「長所も合わせて伝える」ということ!

例えば上記の「チャットに慣れてなくて遅いのですが、話をするのは好きです!」という一文では、「チャットが遅い」という欠点を「話が好き(人が好き)」という気持ちでフォローしています。

このように、あなたの欠点と長所をセットにすることで、マイナスイメージの予防接種をしつつも、ポジティブな印象を与えて終わることが出来ます。

例) コミュ症だけど○○は得意

  • 【戦闘ギルドに入った時】 「人と話すのはあまり得意ではないのですが、ゲームは色々とやってきたので戦力にはなると思います!」 (技術でフォロー)
  • 【友達になりたい人と出会った時】 「人と話すのはあまり得意ではないのですが、ホントはめっちゃ話したいです!」 (気持ちでフォロー)

このように、自分の長所は何かしらあるはずなので上手く織り交ぜていきましょう。

 

まとめ:欠点開示でどんどん友達ができる!

おっともだちー!

いかがでしたでしょうか。この「欠点をさらけ出す」ということが自然にできるようになると、人間関係は徐々にうまくいくようになります。また、相手に欠点が見えた時も共感ができるようになったり、共感できなくとも「誰にでもあるんだなあ」という感じに受け取り方が変わってくるでしょう。心の余裕が生まれるのです。

ネトゲでは相手に認めてもらうために張り合う人が多くいます。そんな中でこの欠点開示を行うだけで「いい人」のように見えてしまうので不思議です。実はこれが最も簡単な自分を認めて貰う方法なんです(∩^ω^∩)

【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉を利用すると、現金に交換できるポイントが貯まります!

 - ネトゲ立ち回り術

Google

Google