おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【ToS】操作はキーボード、マウス、ジョイパッドのどれがいいの?

      2016/12/02

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

Tree of Saviorの操作方式はキーボード、マウス、ジョイパッドの3種類から選ぶことが出来ます。しかし、それぞれの操作において得手不得手があるのもまた事実。そこで今回はToSの操作系について、徹底レビューをしていきたいと思います!

キーボード

キーボードをフルに活かしたショートカット

キーボードをフルに活かしたショートカット登録が可能

キーボードは、ToSにおいて一般的な操作方法として用いられます。

の各キーで移動を行い、攻撃やスキルなどの動作を左側で行うスタイルとなっています。

キーボードの長所

キーボードの一番の長所は、スキルや薬類などをキーにずらっと並べ、わかりやすく入力ができることです。

1~0、Q~P、A~;まで、3段、30ものキーをスキルなどのためにフルに活用できます。

また、チャットなどの入力にもすぐに対応しやすいと言えるでしょう。

キーボードの短所

スキルのエイミング(狙いをつけること)とターゲットのロックオンに若干の難があります。

ジョイパッド

ジョイパッドでも32のショートカットが使える

ジョイパッドでも32のショートカットが使える

ジョイパッドでは、XBOX 360コントローラなど、XInput方式のゲームコントローラに対応しています。

ジョイパッドの長所

楽な姿勢でゲームプレイが出来ます。また、「ゲームといえばコントローラでするもの」という人にとっては、「ゲームしてる感」が感じられるのではないでしょうか。

ジョイパッドの短所

キーボードと同じく、スキルのエイミングとターゲットのロックオンが若干しづらいです。また、スキルを出す際にはL2(LT)やR2(RT)をシフトキー的に用いることになり、誤入力や若干の反応の遅れなどが出やすくなります。特にXBOX360コントローラのLT、RTはトリガーなので、押し込みまでの時間にコンマ数秒かかるため、そこから攻撃キーを押すのに時間がかかります。ショートカットもL2+R2での切り替えて、そこからスキル発動、となると即発性は結構厳しい。

また、トリガーを多用するため指が疲れます。この点ではXBOX Elite ワイヤレスコントローラなど、ヘアトリガー機構(トリガーが浅くなる)を備えたコントローラを使うことで楽になるでしょう。

 

Xbox Elite ワイヤレス コントローラー

マウス+WASD

マウスではWASDを移動に使うので、数字部を利用する

マウスではWASDを移動に使うので、数字部を利用する

マウスをエイム(狙い)に、WASDで移動をするというFPSなどでお馴染みのスタイルです。

マウス+WASDの長所

スキルのエイミングとターゲットのロックオンに高いアドバンテージがあります。キーボードやジョイパッドの入力に比べて思いのままにエイムができ、出現した敵などに素早く遠距離から対応できます。(あと、何故か通常攻撃の連射がキーボードやジョイパッドに比べて若干早い気がするのは気のせいでしょうか)

マウス+WASDの短所

UI系がいまいちで、オンクリックしないかぎりは近くにいても話しかけることが出来ません。この点が最もシビアなのは混雑した地帯で、例えばヴァカリネ女神像に他のプレイヤーが被ってると移動できないというとんでもない事態に。ここだけ他のUIモードに一旦切り替える必要があります。

また、スキルを多用するゲームなので、WASDで移動しながら他のキーを押しまくるのが大変です。

 

マウスモードの悩みを8割方解決する「ゲームボード」

Logicool G13r

Logicool G13r

ゲームボードとはなんぞや?という方もいらっしゃると思います。これは左手を乗せて使う、USB接続の入力インターフェースになります。

これの素晴らしいところは、親指のところにあるスティックでWASD入力ができるというもの。これによって、WASDのために使われていた3本の指を解放し、純粋にキー操作にあてることができるというわけ。

おっさんが使っているのはLogicoolのG13 Advanced Keyboard G13rという製品。ToSのために買っちゃいました。

LOGICOOL アドバンスゲームボード G13r

25ものプログラマブルキーが備わっていて、これに好きなキーボードのキーをそれぞれ設定できます。

treeofsavior_g13r設定

アクティブなプログラムごとに自動でプロファイルが変わる機能まであるので、同時に裏で放っている黒い砂漠とも設定ノータッチで変更できたりします。Photoshopなどの編集で覚えてられないマニアックな複数押しショートカットを設定するのなんかにも適しています。

また、同じプログラムのプロファイルにも3つまでマクロセットを保存できます。

例えば

  1. F2(インベントリ)などの普段使いするキーと少なめのスキルを設定したセット
  2. ガチガチ戦闘用でフルにスキルを並べまくりのセット

のように設定しておき、状況に応じてマクロセットをワンキーで切り替えることが可能です。

Razerの製品もよさそうだけど

ゲームボードの他社製品としてはRazerのOrbweaver Chromaなどがあります。

Razer Orbweaver Chroma マルチライティングメカニカル左手用キーパッド 【正規保証品】 RZ07-01440100-R3M1


こちらも良さそうだったのですが、G13rにあってRazerにないのがLCD

g13rのLCD

実はG13のLCDはかなり色々な情報が表示でき、例えばMSI Afterburnerと連携させることでCPU、RAM、GPUやVRAMの使用率などが確認できるようになります。これで画面に出さなくても良くなりますし、ゲームなどをバックグラウンドにやっている時も使用率がわかります。

また、G13が現在使用しているプロファイルなども目で見て確認ができるというのは大きいです。また、ストップウォッチと5分タイマーもついていて、時間を計りたい時に役立ちます。

Tree of SaviorでのG13r使用感

正直もうこれ…バッチリですね。キーボード派の方はもちろん、ゲームパッドに慣れている人は特に使ってみて欲しいです。

ToSでストレスとなるターゲットロックやスキルの発動が思いのままになります。思ったところに即座に、確実にスキルを撃ちこむという、当たり前のことが当たり前にできます。おそらくPvPではマウスモード+ゲームボードの人が頭一つ抜けそうな感じです。「WASDだとゲーム感がイマイチ」というおっさんでしたが、これならWASDゲーも遊べそう!

まとめ:それぞれの良い所を集めちゃったゲームボード

キーボードはキーがたくさんある所が良い所。ゲームパッドはスティックを使って親指一本で移動ができる。けどエイムはマウスが最強…

それをいいとこ取りして一つにしちゃったのがゲームボードと言えるでしょう。特にG13rは多機能なのでゲーム外でも使えちゃう。ゲーマーじゃないクリエイティブ系の人にもお薦めです!

【amazon : LOGICOOL アドバンスゲームボード G13r

 

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.
【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト

 - Tree of Savior , , , , , , ,

スポンサーリンク