おっさんゲーマーどっとねっと

PCゲームについてや、ゲーマー向けの情報をお届けするブログです

3000円くらいで始める「スマホVR」

   

Want create site? Find Free WordPress Themes and plugins.

Oculus RiftやHTC Vive、そしてPlaystation VRなど、VR市場はかなり活況。しかしながら、VRでの3D映像視聴や、ヘッドトラッキング体験をしたことがある人は意外と少ないのではないでしょうか。少ないよね?少ないって言って!

その理由の一つは「高額なデバイス」にあります。Oculus RiftやHTC Viveは約10万円、Playstation VRも5万円+PS4が必要と、まだまだ高嶺の花なのです。持ってないよね?持ってないって言ってェェ!

しかし、あなたが持っているある身近な機器で、実は手軽にVRを体験することが出来るのをご存知ですか?

そう、それは…スマホです!(SE:デデン)

スマホでVRを体験する2つの方法

スマホでVR体験をするためには、大きく分けて2つの方法があります。

1.スマホVRコンテンツの利用

1つはGoogle VRなどを始めとする、スマホ向けVRコンテンツの利用。無料のものから気軽に始められます。

2.PCでOculus Riftなどの代用とする

そしてもうひとつは、専用ソフトウェアを使ってPCと接続し、Oculus RiftなどのVRゴーグルの代用としてしまう方法。

こちらも、「VR Ready」なPCさえあれば、安価に始めることが出来ます。

まず必要なのは「VRゴーグル」

さて、スマホでVRをするためになくてはならないものは、VRゴーグルです。

スマホをVRのために利用する場合、画面を二分割して、片目ずつ見る必要があります。

そこで、レンズ付きのゴーグルを使う必要が出てくるわけですね。

Google Cardboardなどの手で持つ手軽なタイプから、本格的にハンズフリーになるものまで様々ありますよ。

おっさんが使ってみたのはHqing G-VR002というVRゴーグル。

Hqing VRメガネ 3D スマホ ゲーム 映画 ビデオ ゴーグル 超3D映像効果 仮想現実 頭部装着 4-6インチのAndroidやIOSスマホ適用 G-VR002 (黒 二代)

img_58b2716271019-500x500

3000円程の値段で購入したのですが、装備としてはかなりしっかりしていますね。また、見た目もいかにもVRな感じ!

VRを使ってみないとよくわからないと思いますが、VRはレンズの焦点の調整などが非常に重要で、この点が細やかに出来る製品でないとピンぼけを起こしたりするんです。

Hqing G-VR002はその点、左右で焦点を独立して調整出来、裸眼視力が0.2くらいのおっさんでも、メガネなしで使えるくらいには調整が可能でした。

また、左右のレンズの距離も調整でき、これもまた見やすさに大きく貢献しています。

Google Cardboardなどの簡易VRゴーグルはこれらの調整がないものが多そうなので注意が必要ですね。

「動きの少ない」簡単なものからやってみよう

左右の目で2つの画面を見て、脳内で1つの合わせる…ということに慣れるのがVRの最初の一歩です。

最初から動きの激しいコンテンツを見ると、すぐに酔って疲れてしまうかもしれません。

なごみの耳かき VR

そこで、3Dアニメの女の子に耳かきをしてもらうだけという、人生上級者向けコンテンツから始めるのはどうでしょうか。

これはおっさんの趣味…ではなく、いくつか試してみたコンテンツの中でもVR初心者には非常に見やすいのです。何と言っても動きがあんまりない。そして、Android/iOS両対応。

また、適度な立体感を感じられるので、VR初心者は「おぉ」となること間違いなしです。

Screenshot_20170224-101022-500x281

ゲームを始めると、そこは和風のお部屋。この部屋でなごみちゃんに耳かきをしてもらいます。

画像は単眼モード(ふつうの1画面)なんですけど、VRゴーグルを装着して二眼モードにすると、凹凸がとってもよくわかって尊い

こちらが二眼モードの画面。ゴーグルで見ると普通に重なって見えて、立体感が出ます。

そしてゴロンと横になると耳かきがはじまります。イヤホン推奨。

上を見てみると、なごみちゃんのお顔がすぐ近くに…自分の体の動きとゲーム画面がリンクする驚きを感じられますよ。

YouTubeもVRできる!

https://www.youtube.com/watch?v=SeDOoLwQQGo YouTubeでも360°のVR体験が可能です。こちらはSTAR WARSファンの制作したファンフィルム(Fan-film)。

このように、VRに対応した動画は画面をタップするとVRゴーグルのボタンが表示されます。ボタンを押すと、VR用の表示になります。

ハマってきたら外部入力機器の利用

さて、VRゴーグルで操作を始めると、あることに気づきます。 「操作がめんどい」 「ポインティングデバイスやコントローラがほしい」 一応、なくてもVRは楽しめるのですが、操作が必要なコンテンツや、動画の送りなどをする時にVRゴーグルをパカパカ開け閉めしないといけないので、結構めんどくさいんですよね。 そこでおっさんが今のところ目をつけているのは以下の2つ。

1.Bluetooth接続のコントローラなど

ポインティングデバイスやゲームコントローラなどのBluetooth接続の製品です。

T-PRO 【andoroid専用】 VRリモコン bluetooth android スマホ シャッター VRゴーグル 早送り 日本メーカー 自撮り ゲーム コントローラー 再生 一時停止 万能 ワイヤレス 音楽操作 ゲームパッド マウス機能 タブレット 【国産メーカー:安心一年保証】 (ブラック)

  マウスを繋ぐとポインタ出るらしいんで、そのあたりを狙って。

GameSir G3s Bluetooth コントローラー スマホ タブレット テレビ PC PS3対応ゲームパッド 有線無線両対応 (ブラック)

本格的VRゲームをやるならコントローラも欲しいかなという感じ。 ただし、この手の製品はiOSの対応が怪しいものも多いので対応状況はよく調べてください。というかAppleちょこちょこ仕様変えすぎやねん。

2.USB OTGケーブル

PCで使えるUSB機器をAndroidでもオンザゴーできるケーブル。

Ugreen USB OTG ケーブル 2.0 12cmマイクロBオスをAメス変換 ブラック

上記Bluetoothの前にこっちかな。 キーボード、マウス、ゲームコントローラにUSBメモリなど、手持ちのいろんなUSB機器をスマホに挿して使うことが出来るのでめちゃめちゃコスパが高そう。こっちは購入確定なので後日使用感とかお伝えしたいと思っています。

PCとリンクさせるには…?

PCと接続し、Oculus RiftなどのVRゴーグルの代用とするためのソフトがいくつかあります。

 

などなど。 これらについてはまだおっさんも試行段階で、まだあまり語れるほどではありません。 どれも大体シェアウェアで、支払うまでは時間制限がついている感じ。 とりあえず、Trinus VRは多機能な感じで良さそうなので、一応お金払ってみました。 VRidgeはSteam VRやOculus Rift用ゲームに対応していて、Steam VRへの連携がTrinus VRより簡単でした。 KinoVRはまだ使ってなくて、Intugame VRはまだまだこれからって感じですね。

YouTubeなどにはこのようなセットアップ動画が色々と出てるんですけど、なかなか難しいです。 要点としては2つあって

  • Steam VRなどの対応ソフトか否か
  • VR非対応の場合、何をもって視点を移動するソフトなのか(マウスなのかTrackIRなのか)

  この辺でセットアップが変わってきます。 利用するソフトは上記のVRソフトの他にも、PCの画面をそのままスマホに映し出すためのソフト(Moonlight)なども併用したりします。 Moonlight Game Streaming これらのコツが掴めたら、やり方などをまとめたいと思っています!

Did you find apk for android? You can find new Free Android Games and apps.
【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉を利用すると、現金に交換できるポイントが貯まります!


 - ゲーム, パソコンネタ , , ,

Google2