おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【PCレビュー】GALLERIA ZV 8700は安くて速いGTX 1070Ti搭載マシンだ

   

「GTX 1060じゃ物足りないし、かといってGTX 1080Tiはちょっと高い…」

そんな時にチョイスしたいミドルハイクラスのグラフィックボードがGeForce GTX 1070Tiではないかと思います。

この度ドスパラさんよりお借りしたGALLERIA ZV 8700は、CPUにIntel Core i7-8700、グラフィックボードにGeForce GTX 1070Tiを積んだマシンです。

黒い砂漠やモンハンワールドなどでプレイをした印象、おすすめのカスタマイズなどをお伝えしていきたいと思います。

GALLERIA ZV 8700について

標準構成では執筆現在、以下の仕様となっております。各パーツはオーダー画面でカスタマイズが可能なので、とりあえずどんな構成が出来るか見てみるのもいいと思います。

パーツ 構成
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU Intel Core i7-8700 (3.20GHz-4.60GHz/6コア/12MBキャッシュ)
CPUファン 静音パックまんぞくコース
GPU NVIDIA GeForce GTX1070Ti 8GB
電源 DELTA 500W 静音電源 (80PLUS BRONZE / GPS-500EB D)
メモリ 8GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx1)
SSD 240GB SSD
HDD 1TB HDD
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ (DVD±R DL 対応)
サウンド マザーボード標準オンボードHDサウンド
ケース ガレリア専用 KXケース(ATX)
フロントケースファン 12cm 静音FAN
リアケースファン 12cm リア 静音ケースFAN
トップケースファン後部 14cm 静音FAN (約900rpm)
LAN ギガビットLANポート x 1(マザーボードオンボード)
キーボード GALLERIA Gaming Keyboard
マウス GALLERIA レーザーマウス(3200dpi レーザーセンサー、8ボタン、有線)
特典 [DX] プレミアムパッケージ(30日) ※黒い砂漠推奨モデルのみ

 







【黒い砂漠】高画質のためのエントリークラス

GALLERIA ZV 8700は、ドスパラが提供する「黒い砂漠推奨PC」の一つです。

黒い砂漠はPCゲームの中でも求められるスペックが高いゲームだと言えますので、黒い砂漠基準でPCを買っておけば大体のゲームで満足行くでしょう。

黒い砂漠推奨PCは、グラフィックボードで分けると

この3種類のグラボを積むマシンがラインナップされていて、中間的性能に位置するGTX 1070 Tiを搭載するのがGALLERIA ZVとなります。

GTX 1060でも設定VeryHighまでは行けますが、リマスターモード以上は厳しく、ウルトラモードでの高解像度撮影などは VRAM が6GBでも不足する恐れがあります。

というわけで、もうちょっとGPU的に余裕がほしい、fps を高くしたい、画質を良くしたいとなると、GTX 1070Ti以上が候補になってきます。

GTX 1070Tiを搭載したGALLERIA ZV 8700は、使ってみた感想としても価格、CPU性能、GPU性能などを含めて、かなりバランスの良いマシンであると思いました。

特にこれから本格的にPCゲームをやりたい学生さんなどにはコスパ的にも大変おすすめです。



【黒い砂漠】激混みの「ベル」を生き抜くCPU性能

大人数での負荷テストとしてウィークリーの海上フィールドボスである「ベル」に行ってきました。報酬がリニューアルされていて非常に混雑しているからです。

プレイヤー視点だとこんな感じでベルが殆ど見えないほどです。実際この後は落ちる人が出てきたり遅延が起きるほどでした。

そこに、HIGH/VERYHIGHで突っ込んでいき、最も fps が低下したシーンを切り出してみました。

激混み状況ではCPUやメモリの能力が試される

人が多いとCPUがボトルネックになってしまうようなシーンが多くなります。搭載CPUであるi7-8700やメモリ能力の限界テストになっています。

6コア12スレッドが約4.2GHzで動作をし、特に負荷の高いスレッド(CPU3)が80%以上の使用率となりました。ここがネックとなって fps がガクっと落ち込みます。

ただし、設定を落とすことで全体的に負荷が下がるので、低スペック攻城設定などにしていけば、より能力の限界領域まで戦ってくることが可能です。

また、fps が出ていない時、GPU(GTX 1070 Ti)もそこまで使われていないことがわかると思います。つまりグラボの限界によって fps が出ていないのではないということがわかります。

砂漠の混雑時は多くの場合、CPUの負荷が高いのです。なので、GTX 1070 TiでもGTX 1080 Tiでも、CPUやメモリなどの性能が同等の場合は出る fps はそこまで変わりません。

【黒い砂漠】リマスターモードのグラフィックを楽しめる

GALLERIA ZV 8700では、リマスターで追加された高画質モードである「リマスターモード」と「ウルトラモード」を動作させることが可能です。

リマスターモードは通常プレイ用として常用できます。GTX 1060でのVery Highよりも余裕があると感じました。

GALLERIA ZV 8700において、ウルトラモードをどんなシチュエーションでも常用…というのは fps 的にちょっと厳しいところはありますが、SS撮影などのために動作させることは十分に可能です。

GTX 1080TiのGALLERIA ZZとの動作比較を以下の記事で行っています。

POINT

・大人数プレイ時でも強力なCPUのおかげで安定している
・リマスターモードやウルトラモードでの美しい画面が楽しめる

 

【MHW】最高画質でGTX 1070 Tiの性能を100%出し切る

モンスターハンター:ワールド(以下MHW)においては、1920×1080の最高設定でグラフィックボード性能を100%使い切ることが出来ました。

室温26℃くらいでのテスト。GPU温度はデフォルト設定だと80℃を超えてきますが、MSI Afterburnerを使い、ファンを75%まで回せば70°ちょっとくらいに収まります。動作クロックは1809MHzでした。

CPUの温度はちょっと高めですが、逆に言えばMHWはそれだけマルチスレッドで全体的にCPUを使う重いゲームだということです。

なお、第8世代i7の動作温度についてはドスパラの技術部の方にも以前確認を取っていて、第8世代Core i7の発熱量(TDP)が大きいことに原因があるとのこと。そのために大型クーラーを積んでいてもこれくらいは上がってしまうようで、異常ではありません。

また、このくらいの温度ではサーマルスロットリング(保護のための処理能力の低下)は起こらず、全コア4.28GHzをキープしていましたのでご安心ください。

予算に余裕があればカスタマイズで「水冷化オプション」を指定して注文すると良いと思います。この点については後述します。

POINT

・MHWを最高画質で楽しめる
・MHWのような、CPUを全力で使うゲームでも安定している

・グラボの冷却はデフォルトだとちょっと熱いが、Afterburnerなどでファンを回せば大丈夫
・CPUの温度が低くなる「水冷化オプション」がおすすめ

付属品について

キーボード、マウスが付属しますので、モニタと DisplayPort ケーブルや HDMI ケーブル、LANケーブルさえあれば、到着後すぐにオンラインゲームが楽しめます。

キーボード

ガレリアはキーボードにもこだわっています。方式はメンブレンですが打感は良く、人を選ばず使えるキーボードといった印象です。

キー配置も一般的な109日本語フルキーボードなのですぐに使えるでしょう。

同時押しに対応

ガレリアのキーボードは、エントリークラスのゲーミングキーボードでもあります。

PS/2でPCと接続した場合、赤枠内の最大24キーの同時押しに対応しています。

WASDキーで移動するゲームでは、複数のキーを同時押しすることが多く、確実なレスポンスが求められます。

また、音ゲーみたいなゲームでも5つ6つのキー同時押しをすることがありますよね。

USB接続でも13キーが同時押しで反応します。

Windowsキー&アプリケーションキー無効化機能

ゲーム中に誤ってWindowsキーを押してしまうといった事故を防ぐため、Windowsキーとアプリケーションキーの機能を無効にする機能がついています。

連打機能

PS/2で接続した場合は、キーボード連打機能を利用することができます。

連打オフ、秒間50回、または秒間120回の切り替えが可能です。

マウス

マウスは有線のため持った感じが軽量で取り回しがしやすい印象を持ちました。サイド左右に2つずつ、4つボタンがありますが、ちょっと小指側は押しにくいです。

左右対称にボタンがあるので、左利き右利き問わずサイドボタンが使えるのは良いところです。

ホイールの手前についている黒いボタンで、ポインタのスピードを4段階のうちから瞬時に切り替えることができます。

【特典】[DX] プレミアムパッケージ(30日)

黒い砂漠推奨モデルの場合、黒い砂漠で使える本特典がつきます。

黒い砂漠内で使える特別なプレミアムパッケージです。

  • 戦闘/スキル/生活/搭乗物経験値+30%
  • 遠距離拠点投資(行動力10消耗)
  • 最大所持重量+100LT
  • 取引所の支給額+30%(公認ネットカフェ効果と重複しません)
  • エステルーム自由利用
  • 挑戦課題でアイテム獲得増加スクロール支給
  • 100マイレージ追加獲得
  • ログインした日ごとに家名につき13パール獲得

※1日1回、13パールが課題報酬へ支給されます(最大30回)。

価格を限界ギリギリまで削った一台

なるべく安くゲーミングPCが欲しい!」という人に奨めるなら、2018年現在はGALLERIA ZV 8700ですね。

コスパがすごく良い

GTX 1070 Ti搭載という点では、GALLERIA ZV 8700はかなり「削れるところは削ったプライス」になっていてお買い得感があります。

黒い砂漠であればリマスターモード(ウルトラの一歩手前)、MHWであれば最高画質で、1920×1080の FHD 解像度で快適にプレイできるスペックがあると言えるでしょう。

低価格を求めてGTX 1060まで候補を落としてしまうと、「思ったより限界が低い」ということを感じると思います。

おっさんがGTX 1060マシンを触ってみて思ったのは、設定を一つ上げてみたくても、性能が足りなかったり、VRAM が足りなかったりするということでした。

その点、GTX 1070 Tiの場合、GTX 1060よりワンランク上のクォリティでプレイが可能です。

おっさんが普段使っているGTX 1080と比べても遜色ない使い方が可能でした。

ゲームに求められるスペックは上がっている

ちょっと前だったらGTX 1060でゲームPCのエントリークラスは十分でしたが、2018年現在は、GTX 1070 Tiはないとおすすめしづらいな…という感じがしています。

ゲームが表現したい世界が広がり、グラボに求められる処理能力が上がっているからです。

ここ数年、ゲームのスクリーンショットを撮ってブログやSNSでシェアしたり、録画をしてYouTubeに載せたり…という「人に動作画面を見せるゲームプレイスタイル」が、プレイの一つの自己表現、コミュニケーションとなっている所があります。

ですから同じゲームで、同じ画質を撮る場合になるべく満足できるPCをおすすめしたいですよね。

PCゲームをやる人の「それなりに動く満足度の高いPC」というニーズは色々とありますが、おっさんの2018年度のアンサーはGTX 1070 Tiです。

ドスパラで実際売れているのがGTX 1070Ti以上のクラスのグラボ搭載機となっていることからもそれが伺えます。

GTX 1070 Tiより上となるとGTX 1080 Ti搭載のGALLERIA ZZとなり、価格も大きく開きます。

正直なところ、買えるならGALLERIA ZZを買った方が長く快適に遊べると思いますが、やっぱり予算はつきものです。

「なるべく安く上げたい」という場合、GTX 1070Ti搭載のGALLERIA ZV 8700を選んでおけばかなり満足度は高いと思います。

おすすめカスタマイズ

ここからは、オススメの注文カスタマイズポイントを紹介します。

GALLERIA ZV 8700が安いのは、メモリ搭載量やSSD容量などをエントリークラスレベルにすることで「とにかく安く、高級グラフィックスを楽しめるように」というコンセプトで組まれているからだと感じます。

そのままでもゲームだけなら十分な性能を誇りますが、パーツなどをカスタムすることでより快適な環境にすることが出来ます。

ドスパラでは細やかなカスタマイズが出来るので、ご自分で必要だと思った部分を変更してオーダーするのがおすすめです。

【CPUファン】

CPUファンは、CPUから熱を奪って温度を下げるためのパーツです。CPUの温度が上昇しすぎると壊れないように性能低下が行われます。

半導体デバイスは熱によって劣化が早まるため、性能低下が起きなくとも、なるべく低い温度で動作させることで長持ちさせることが出来ます。

執筆現在、CPUファンではオプションとして「CPU水冷ユニット」が提供されています。

i7-8700は発熱が大きいので、水冷ユニットに交換することで冷却効率をさらに上げることが出来ます。

ドスパラの技術部の方に伺ったところ

搭載時は平均して10度程度の温度低下を検証上確認しておりますので、
おすすめのオプションとして御紹介いただけると幸いです。

とのことでした。10℃低下は大きいですね。

【CPUグリス】

CPUグリスはCPUとクーラー(ヒートシンク)の間に塗って、熱伝導率を高めるためのもので、非常に重要です。

i7-8700はCPUの発熱が大きいので、冷却に重要な「グリス」を良いものにするのがオススメです。

冷却力の高いThermal Grizzly製のグリスが冷却力が高くおすすめです。おっさんも自分のマシンに使っています。

【メモリ】

メモリはどれだけ多くのプログラムやデータを同時に動かせるか?に関わっています。

標準の8GBではゲーム1本を立ち上げるには必要十分ですが、ブラウザで調べ物をしながらゲームをしたり、といった場合には不足する場合があります。

ゲームのみを立ち上げるだけなら8GBで足りることも多いです。なので8GBという搭載量自体は少なくはないです。

ゲームの録画や攻略サイトをブラウザなどでガンガン開いて見るなど、裏で色々やるようになる可能性も考えると、おすすめは16GBです。

  • Google Chromeなどでアドオンなどを使いまくる、タブをたくさん開く
  • 黒い砂漠で撮った美麗なSSをPhotoshopで編集しながらのゲームプレイ
  • MHWのスーパープレイを録画して動画編集
  • MHWと砂漠を同時に遊ぶ

こんなことをやりたい場合、16~32GBあってもいいと思います。

このマシンのクラスになると、砂漠を最小化状態で放置しつつ、MHWを遊べるくらいの能力があります。(砂漠は最低画質に切り替えると良いです)

そんなことがやってみたい!という場合は32GBも検討してみてください。

64GBは映像系などをやらない限りは使い切ることはないと思います。

メモリはユーザーで増設、交換が比較的やりやすいパーツではありますが、不具合が出た場合に原因究明などに時間を割かれます。

そういったリスク込みで考えると、最初からプロに任せてオーダーしてしまうほうが楽かもしれません。

【SSD】

HDDよりも高速なストレージです。

どういったSSDをチョイスするか、何を優先するかは人によって異なります。

  • 値段
  • 容量
  • 寿命
  • 速度

大体この4つがSSDの優劣を決める要素になります。

あんまり細かいことは気にしない!コスパが良くてHDDより早ければいいという人は500GB SSD一択

SSDを一度使えば、快適すぎてHDDに大型3Dゲームを入れることはほとんどなくなりますので、SSDの容量は多い方が便利です。

TLCとMLCという文字がありますが、これは信頼度みたいなものです。MLCの方が信頼度が高く、高価格になります。

値段を出しても信頼性が高く良いものを、と思ったら、Samsung SSD(860 EVO)を選んでおくと良いと思います。

【電源】

電源はパソコンの命ですが、良いものにするかどうかはまさに予算との兼ね合いです。

i7-8700とGTX 1070 TiのGALLERIA ZV 8700では、500Wの電源で足りますが、容量的に電源の負荷が高くなるので高温になる可能性があります。

電源内のコンデンサは熱によって劣化するため、温度が高くなると寿命が縮まります。

標準構成のまま、3年くらい使ったらPCを買い換えるたり電源を載せ替える…といった見込みであれば500Wのままでも良いでしょう。

グラボを交換したり、HDDを増設したりと電力を更に使う可能性がある場合は、650W以上の電源を積んでおくと安心です。

また、カスタムで選べる電源は、電源のケーブルが全てが固定されているタイプと、必須のケーブル以外を取り外せる「セミプラグインタイプ」の製品があります。

セミプラグインの方がケース内の取り回しがやりやすかったり、不要なものを外せるのでスッキリします。自分でもHDDの増設などをやる予定の人は、できればセミプラグインが良いかもしれません。

中をイジる予定がない人は気にしなくてOKです。

セミプラグインかどうかは注文画面に書いていないので、型番で検索して調べるか、カスタマイズ画面の左にある連絡先から電話やチャットでドスパラへ質問するのが確実です。

【カスタマイズは必須ではないけどオススメです】

以上がおっさんが注文する場合に気にするポイントです。

  • 安定感をプラスしたい…電源、CPUファン、CPUグリス
  • 同時に出来ることをプラスしたい…メモリ
  • ゲームを入れられる量をプラスしたい…SSD

このような感じだと思います。CPUグリスは1000円ちょいですし、オススメです。

ただあくまでも「長く使うための容量的オススメ」ですので、「とにかく安く上げたい!」という場合はそのままオーダーして大丈夫です。

予算や好みでどこをプラスするかを検討していただいて、是非ワンランク上の画質でゲームを楽しんでください!


 - PC環境, モンスターハンター:ワールド, 黒い砂漠 , , ,

スポンサーリンク

Google