おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

Steamがプレイヤーの所有するコントローラの統計を発表

   

コントローラ(ゲームパッド)は、PCゲームをより快適に、より楽しくするためのインターフェースです。この度Steamでは、3年に渡る調査の結果、3000万人以上のプレイヤーのコントローラシェアを集計し、公開しました。

最も使われているのは「Xbox系コントローラ」

45%のシェアを獲得したのは、すでに廃盤となったXbox 360のコントローラです。

XboxはMicrosoftのゲーム機ということでWindowsとの親和性もよく、トリガー部分の使い勝手も良いコントローラだと思います。おっさんも元々Xbox 360のプレイヤーだったので、PCゲームにもよく使っていました。

XInputに対応しており、Windowsで提供される多くのゲームの標準コントローラになっているのもポイントです。

また、後続機となるXbox Oneのコントローラも19%のプレイヤーが利用しています。今後は買い替えでシェアが360コンと入れ替わるのではないでしょうか。

Xbox系は上記2つのコントローラで64%のシェアを獲得しています。

PS4、PS3も強い

PlayStationのコントローラ、「DUALSHOCK」シリーズも人気です。

PS4のDUALSHOCK4が20%、PS3のDUALSHOCK3が7%のシェアとなっています。

PS4コントローラとPCの接続はUSBケーブルか、またはUSBワイヤレスアダプターを使います。

PlayStationプレイヤーの人がDUALSHOCKをなんとかして使っている…というイメージがありますね。

SteamクライアントはPS4コントローラに対応しており、BigPictureモードでPS4コントローラを有効にすることで利用できます。

ただし、PS4コントローラ自体はXInputには対応していないので、XInputを必要とするゲームでは別途有志のドライバ入れて対応させるなどが必要です。

その際、Steamクライアントの方での挙動が正しく行われるかなど、ちょっと怪しいところがあります。

この点でやはり、Xboxコントローラーの方が安定性、親和性が高いような気がしますね。

それでも1200万人が使っている、という点は見過ごせない事実です。

Nintendo Switch Proコントローラ

Nintendo Switch ProコントローラはBluetoothで接続ができ、Steamでも2018年5月のアップデートで、デバイスの全機能が使えるようになりました。

ただ、ゲームコントローラとしての評価はあまり高くない模様。XInputでもないのでおすすめはちょっとしにくいところはあります。

Steamコントローラ

ゲームパッドを愛するプレイヤーとして、買おうかずっと迷っているのがこのSteamコントローラ。

スティック1本と2つの「トラックパッド」からなるインターフェースは、コントローラ対応のゲームをプレイするよりは、マウス&キーボードのゲームを遊ぶ際に真価を発揮しそうです。

キーはフルコンフィグが可能で、Steam外のゲームでも使えるようです。黒い砂漠とか…うーんどうだろうなあ、畑などのマウス作業やエイムは楽そうだけど、ボタン数が足りないと思う(エリコン感)

ハンドルコントローラー所有者は少ない

レースゲームは国内ではPSの「グランツーリスモ」シリーズが人気がありますが、それでもハンドルコントローラーを使っている人は極わずかではないでしょうか。

レースゲーム以外の使い道がなく、場所も取るのでちょっと日本の住宅事情だと厳しいですよね。

しかしながら、ハンコンを使ったドライブはまさにちょっとしたゲーセン気分を味わえるので個人的には大好きで、たまに遊んでいます。

Steam以外のゲームも遊ぶなら「Xbox系」が間違いない

やはりXboxのコントローラがシェア1位なのは当然の結果でしょう。

XInputに対応し、接続するだけでどんなゲームでも遊べます。

安いPCコントローラはXInputに対応していなかったりして、思ったような動作にならないことがあります。剛性感やボタンの質感もイマイチなことが多いです。

これからPCゲーム用にコントローラを1つ買おう、という場合は、Xbox Oneのワイヤレスコントローラーを買っておくと良いと思います。

データ出典:

 


 - ゲーム , ,

スポンサーリンク

Google