おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【白菜2個より安い】Divison2が396円で買える【96%オフ】

      2020/02/17

ルートシューターとして人気を博しているTom Clancy’s The Division 2(以下Division2)が白菜と比較できる価格なので紹介しておこうと思います。

96%オフの396円~

いずれも値下げされているのは「通常版」となっていますが、通常版だけで相当遊べるのでやったことがない人はこの機会にどうでしょう。

Uplay(UBI Soft Store Japan)

Epic Games

 

どんなゲーム?

  • ソロまたはマッチングで協力形式のTPS(3人称)シューター
  • カバーアクションでシューター初心者でもすぐ死なない!じっくり慣れていける!
  • オープンワールドでリアルスケールのワシントンDCを闊歩できる
  • RPGのように装備を更新して強くなっていく
  • PvPもある(やらなくても大丈夫)

解説記事

3月に拡張パック「ウォーロード オブ ニューヨーク」が発売されるので

なぜこんな投げ売り価格なのか?というと、3月にDivision2の拡張パック「ウォーロード オブ ニューヨーク」が発売されることに関連しているようです。

ウォーロード オブ ニューヨークは無料のDLCではなく、別売りの「拡張パック」となります。

UIや装備システムもアップデートが行われますし、レベル上限が既存の30から40に引き上げられます。

4つのスキルが新登場するなど、既存プレイヤーも新しい戦略とやり込み要素を感じることが出来るでしょう。

こちらを買うと、新規プレイヤーはLV30から開始できるなどのブーストがあります。

400円のDivision2を買わなくてもOKというわけです。

今からDivison2を買って楽しめるか?

ウォーロード オブ ニューヨークを買う前に、ストーリークリアとして40時間以上、ハマれば100時間は余裕で楽しめるタイトルだと思います。

特に「FPSは苦手だけど銃を撃つゲームをやってみたい!」という人に試して欲しい。

RPG+TPSという根幹のシステムが本当によくできていて、装備を整えながらシューターに慣れていく面白さを感じられます。

システム的にもソロでもストーリーの最後まで楽しめますし、CO-OPも気軽にマッチングして楽しめますよ。

2月19日より通常版プレイヤーも「エピソード3“コニーアイランド:ホームカミング」の最新アップデートを楽しむことが出来ます。

「ウォーロード オブ ニューヨーク」の拡張コンテンツを購入し、プレイするためにはキャラクターをLv30にし、ワールドクラス5に到達する必要があります。

通常版ではLv1から育成することになりますが、Lv30&ワールドクラス5を到達するまでに気に入ったらDLCを別に買っても良いわけです。

とにかくローコストにDivision2を始めるなら今がチャンスですね。なんせ私は発売当初に1万円超で買いまして十分元取ったと思えました。

400円ならコスパを考えても「買わない理由がない」と言えます。

Division2を様々なPCで遊んだ私の「推奨PCスペック」

とりあえず400円くらいでDivision2を買ってみたものの「動作がちょっと重い…」「画質をもっと良くしたい」と思うかもしれません。

Division2は2019年に発売された比較的新しいタイトルで、当時としては重量級のタイトルでした。

60fpsを狙うくらいならそこまで高いグレードのPCスペックは必要ないと思いますが、シュータータイトルなので144Hzなどのゲーミングモニタも欲しくなるかもしれません。

60fpsと100fpsオーバーではカメラを動かした時に誰もが感じられる追従性や視認性の違いがあります。

 

そこで、以下におすすめのPCをピックアップしました。

実際に私がDivision2をテストプレイして、「これなら十分3桁fpsで遊べるな」と思うものだけです。

各マシンのレビュー記事にはDivision2よりも重いゲームでの動作などもまとめています。

じっくり見て納得できるスペックのマシンを買って欲しいなあと思います。長く使うものですからね。

ドスパラさんから各マシンをお借りした時点のPC構成/OS/ドライバ/ゲームバージョンでの結果となり、現在とは異なる場合がありますが、性能の違いなどの参考になると思います。

エントリークラスのRTX 2060 SUPER搭載「GALLERIA XV」

ドスパラ / CPU:Intel Core i7-8700/ GPU:GeForce RTX 2060 SUPER / メモリ 8GB / ストレージ:500GB SSD, 2TB HDD

RTX 2060 SUPER搭載のGALLERIA XVでは1920x1080のDX11「高」設定で平均123fpsを出すことが出来ました。ウルトラになるとDivision2ベンチマークで100fpsを切りますので、「最高画質で行きたい!」という場合には60fps級の動作ターゲットとして考えると良いでしょう。

2020年のタイトルを遊ぶ上でもRTX 2060 SUPERくらいのグラボ搭載機を買っておくと、PCゲームならではの画質やフレームレートで遊べると感じています。

バランスの良い RTX 2070 SUPER「GALLERIA XF」

ドスパラ / CPU:Intel Core i7-9700 / GPU:GeForce RTX 2070 SUPER / メモリ:16GB / ストレージ:512GB NVMe SSD, 2TB HDD

RTX 2070 SUPER搭載のGALLERIA XFは売れ筋No1だけあって高いバランスでまとまっているマシンです。

1920x1080のDX11「ウルトラ」設定で平均117.22fpsとなり、RTX 2060 SUPERよりもワンランク上の画質設定が可能です。

ハイスペックなRTX 2080 SUPER「GALLERIA ZG」

ドスパラ / CPU:Intel Core i9-9900KF / GPU:GeForce RTX 2080 SUPER / メモリ:16GB / ストレージ:1TB NVMe SSD

RTX 2080 SUPER搭載のGALLERIA ZGでは1920x1080のDX11「ウルトラ」設定で平均134.06fpsとなり、2070 SUPERよりも更に滑らかで高いfpsでのプレイが可能になります。

CPUもi9-9900KFを搭載し、ゲーム実況配信などにも十分利用できるハイスペックモデルです。

2560x1440のWQHD解像度や、2560x1080のウルトラワイドモニタを利用する場合は、これくらい欲しいかな。

ウルトラで144fpsを実現する RTX 2080 Ti搭載「GALLERIA ZZ」

ドスパラ / CPU:Intel Core i9-9900KF / GPU:GeForce RTX 2080 Ti / メモリ:16GB / ストレージ:1TB NVMe SSD

そして最強、RTX 2080 Ti搭載搭載のGALLERIA ZZでは、1920x1080のDX12「ウルトラ」設定で平均151fpsとなり、最高画質のまま144Hzゲーミングモニタの性能をいかんなく発揮できるスペックを持っています。

こちらもCPUはi9-9900KFを搭載し、ゲーム実況配信などにも十分利用できるウルトラハイスペックモデルと言えるでしょう。

私もRTX 2080 Tiを利用しているのでイチオシは当然コレですね。Division2だけではなく、2020年の新作にも安心して対応できるスペックです。

解像度に関しても4K/60fpsを実現できるグラボは本当に2080 Tiくらいだと思うので、とにかく画質を重視したいプレイヤーには特におすすめですね。

ハイスぺPCを買うか迷っている人はこちらの記事もどうぞ!

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Tom Clancy’s The Division 2® © 2018 Ubisoft® Entertainment. All Rights Reserved.

Division2におすすめなPCは?

個人的なオススメはRTX2070(VRAM8GB)搭載機のこちら。

最高設定で満足に遊びたい場合はRTX 2080 Ti(VRAM11GB)搭載機で差をつけよう!

【今日のおすすめ】

Twitterで正方形のゲーム動画を撮って出しする時に使ってる秘密兵器

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - Division2

スポンサーリンク

Google