おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

Mount & Blade II:Bannerlordのシングルキャンペーンの遊び方

      2020/04/16

話題のMount&Blade II:Bannerlordですが、「どうやって遊ぶのかわからない!」と言う方向けに、序盤のガイドをお届けします。

ゲームはSteamで販売されている

Steamで売っています。現在はアーリーアクセス版であり、完全な製品ではありません。

 

Campainの始まり

ランチャーからシングルプレイヤーゲームを起動し、キャンペーンを押せばゲームの始まりです。最初にキャラメイクを行います。

一番初めにキャラの文化を選びます。選んだ文化によって基本的なボーナスが異なります。

例えばKhuzaitsはマップ画面での騎乗ユニットの移動が10%速くなり、敵を追いかけるのが楽になります。

キャラクターの見た目はゲーム中にVキーで変えられるので、適当でも大丈夫です。

次に「どのように育ったか」という画面右の質問に答えていきます。そうすると自動的にそれに見合ったスキルが配分されていきます。

スキルはAttribute(属性)とPerk(特典、スキル)からなっています。

Attribute(属性)はVigor(活力)、Control(熟達)、Endurance(持久力)、Curnning(狡猾さ)、Social(社会性)、Intelligence(知性)の6種類があります。

それぞれの下に3つずつのPerkがあります。例えばSocial Attributeの下にLeadership Perk(統率力)があるという感じです。

戦士として生きるのに大切なことはVigor,Control,Enduranceなどの身体能力です。対して大組織を高い士気で率いるためにはSocialが役立ちます。

チュートリアル

チュートリアルでは武器の使い方や防御の仕方、馬に乗っての攻撃などの基本をトレーニングすることが出来ます。

  • WASD:移動
  • 左クリック:攻撃
  • 右クリック:防御
  • E:キック、バッシュ
  • X:武器の使い方の切り替え
  • R:カメラ切り替え
  • Space:ジャンプ
  • F:対象へのインタラクト(Function)。NPCと話したり馬に乗るなど
  • Z:馬から降りる、しゃがむ
  • マウススクロール↑:次の武器に切り替え
  • マウススクロール↓:次の盾に切り替え

左右にマウスを動かしながら振りかぶる操作は独特で、初めてM&Bシリーズをプレイする方はちょっと面食らうと思います。

ただ、ゲームで近接戦闘が避けられないシーンは数えるほどしかないので、満足に戦闘出来なくても大丈夫です。慣れるまでは弓やボウガンを一緒に持ち歩きましょう。

チュートリアルでは戦闘の他に、村に入ったり、賊の拠点を倒しに行くなどの基本的なコントロールを学ぶことが出来ますが、実は実際使わないものもあります。

例えばTPS画面で移動して村のNPCに会いに行ったりしますが、実際のゲームでは主要な移動はボタンNPCの顔のボタンを押すだけで省略できます。

覚えておくべきは

  • Tabキーで今の場所からワールドマップに抜ける
  • F1 > F1で指定したポジションにつかせる
  • F1 > F3で仲間を突撃させる
  • F4で遠距離攻撃の可/不可を切り替える(賊拠点などでは最初不可になっているので切り替えないと弓兵が殴りに行ってしまう)

あたりですかね。

ゲームでよく使うキーボードキー

  • ALT:NPC名などの一時的な情報表示
  • I:バッグ(Inventory)の表示。装備の付け替えや確認を行う。
  • P:パーティー(Party)の表示
  • J:クエスト記録(Quest Journal)の表示
  • C:スキル(Character Skills)の表示
  • N:百科事典Encyclopedia(Encyclopedia)の表示
  • L:クラン情報(Clan)の表示
  • Esc:オプションやセーブ・ロードメニューの表示

 

手動セーブをこまめに行おう

EscメニューからのSave(上書き保存)とSave As(名前を付けて保存)は必須です。オートセーブがついているのですが、全滅したり撤退したりした後にきっちりオートセーブされてしまうので、戦闘に入る前には必ず手動でセーブデータを保存しておきましょう。

マップの移動と時間の流れ

マップ画面ではクリックをした場所に自ユニットが移動します。移動中は時間が流れます。

長い距離を移動する場合は2キーや3キーを押して時間経過を早くすると良いでしょう。

移動が終わると自動的に時間が止まり、一時停止になります。移動中に時間進行を一時停止したい時は1キーを押します。

木のある所は森林で、移動する時には速度が落ちます。

村や街で部下を雇い、食糧を買おう

チュートリアルが終わるとマップ画面になり、ここからは完全に自由です。

チュートリアル中の仲間はいなくなってしまうので、その辺をほっつき歩いて敵に遭遇するとかなり危険です。

戦闘が出来るように部隊メンバーを雇うことにしましょう。

部隊メンバーを雇う

村や街の「Recruit troops」メニューから、仲間として戦ってくれる人材を雇いましょう。

こんな画面になります。地域によって人種が違いますよ。

最初はお金がないので一番安い「Recruit」を選ぶことになります。

雇うユニットを右クリックすると、育成ツリーが出てきます。Tierが上がるとどんなユニットに成長するのかを事前に確認することが出来ます。

オフゲーですしどのユニットが正解というものはないので、色々なユニットを使ってみましょう。

部下を雇うと食糧やお金を消費する

画面右下には今の所持リソース類が表示されます。画面右端の三角形で2段にしましょう。自分たちの食い扶持をどれくらい稼ぐ必要があるかを確認できます。

残り食糧の数にフォーカスするとNumber of Consumable Items(消耗品の数)が表示されます。ここでDaily Consumption(毎日の消費数)Days until no food(食糧が無くなるまでの日数)を確認しましょう。食糧が無くなると士気が下がって部下が逃げていきます。

同様に1日の給与が払えなくなっても逃げていきます。

つまり、なんとしてもごはんとお金を用意する!これが部下を雇った上司の最低限の仕事です。

食糧を買おう

村なら「Buy products」、街なら「Trade」を選びます。

ショップ画面では在庫数(#)単価(Value)が表示されています。

Grainなどの食べ物を買えばいいのですが、ちょっとしたポイントがあります。

在庫数も単価も街や村によって変わります。例えばGrainは10デナルで売っている村もあれば、22デナルで売っている村もあります。

手持ちの残金なども考慮しつつ、安いところでまとめ買いすると良いでしょう。

各ウインドウはすべて「Done」を押すまで未確定

例えばショップ画面ではアイテム画面横の矢印を押してアイテムをやり取りしますが、これは確定ではありません。

画面下部にCancelとDoneと書かれたUIがあり、ここでDoneを押した時に初めて変更が適用されます。

ショップに限らずほとんどの画面がこの方式なので、気軽に変更を試してみてください。そしてDoneを忘れずに。

Lootersを倒してレベリング&お金稼ぎ

部隊と食糧が整ったら早速お金を稼ぎに行きましょう。序盤の最弱の相手はLooters(追いはぎ)です。

10名くらいのRecruitを雇ったらLootersと戦って上位ユニットを作りましょう。戦闘が始まったらF1 >F3と押して、全軍突撃をさせれば勝てるでしょう。

Attack!とSend troops.の違い

基本は「Attack!」です。自分で指示を出して実際に戦闘を行います。

Send troops.はシミュレーションで、自軍ユニットと敵ユニットの能力で自動的に戦闘結果を算出します。

一般的にはSend troops.は被害が多く出るので雑魚相手にしか使いません。自軍戦力が整って来たらAttack!ではなくSend troops.で済ませることも可能になってきます。

敵にやられるとどうなる?

自軍ユニットの場合、敵にやられれると負傷状態か死亡のどちらかになります。負傷では回復するまで戦力外となり、死亡すると消失してしまいます。そのため、上位ユニットで一定数用意した方が良いのは遠距離攻撃が出来る弓兵です。

プレイヤーがやられてしまうと、敵につかまってしまいしばらくの間捕虜として生活することになります。レベルやお金などは残りますが結構へこむので戦闘前にはこまめにセーブしましょう。

また、HPが減った状態はそのまま持ち越されるので、戦闘でなるべくHPを減らさないようにすることもポイントになります。

戦闘指示の基本

戦闘が始まったらすぐに部隊に指示を出します。指示を出すグループを選び、Functionキーで指示を出します。

慣れるまではF1>F3で突撃をするだけで良いでしょう。以下の動画はF1>F3を押して仲間を突撃させ、自分は陽動をする例です。

1.数字キーで兵科を選択(省略可)

数字キー(テンキーではない)で指示を出したい兵種を選びます。デフォルトでは部隊の全員が選ばれているので、全体を指示したい時は最初に押さなくても大丈夫です。

  • 1:近接兵
  • 2:弓兵
  • 3:騎乗兵
  • 4:全員

※パーティーの兵種が増えてくると5番以降まで分かれることもあります

2.行動を指示

選ばれた兵科に対して指示を出すにはFunctionキーを順に押します。

F1(移動命令)

  • F1 > F1:To Position(指定した場所で待機)
  • F1 > F2:Follow Me(ついてこい) プレイヤーについてくる
  • F1 > F3:Charge(突撃) 進行を優先する。遠距離兵でも敵に密接して戦闘する
  • F1 > F4:Advance(前進) 前進し、敵が見つかったら各兵科の最適距離で戦闘する
  • F1 > F5:Fallback(後退) 
  • F1 > F6:Stop(停止)
  • F1 > F7:Retreat(撤退) 戦場から撤退する

弓兵など遠距離型のユニットが手に入ったら、F1 > F1:To Position(指定した場所で待機)を使って敵を迎え撃ってみましょう。

F2(正対)

  • F2 > F1:Face Direction(指示した場所に向かって正対)
  • F2 > F2:Face Enemy(敵に向かって正対)

弓兵などでラインを維持する時に関係します。F2 > F2:Face Enemy(敵に向かって正対)を選択すると、最寄りの敵を正面に捉えるようにユニットラインが旋回します。

F3(陣形)

  • F3 > F1:Line
  • F3 > F2:Shield Wall
  • F3 > F3:Loose
  • F3 > F4:Circle
  • F3 > F5:Square
  • F3 > F6:Skein
  • F3 > F7:Column
  • F3 > F8:Scatter

F4(遠距離攻撃オンオフ)

  • F4:Fire At Will(自由に遠距離攻撃) / Hold Fire(撃ち方やめ)

「なんか弓兵が撃たねえな!?」と思ったらHold Fireになっているかもしれないので、F4を押してください。

F5(馬の乗り降り)

騎乗ユニットに対して馬に乗らせたり降ろしたりできます。

F6(委任コマンドオンオフ)

多分「各自自由にやって」と言うことだと思います。ほとんど使わないかと思います。

プレイヤーは味方をフォローする係

先の動画の通り、指示を出して味方と敵を上手く交戦させるのが指揮官であるプレイヤーの主な役目です。

  • 馬で敵を釣ってくる
  • 背後から攻撃して隙を作る

といった役割が出来れば十分です。大部隊になるほど直接戦闘することが減っていくでしょう。

戦闘終了

戦闘が終了したらTabキーで次の画面へ行きます。

囚人を連れていく

戦闘が終了したら、敵の連れていたユニットを味方に編入したり、負傷した敵を囚人(Prisoner)として連れていくことが出来ます。

基本的には囚人は全員連れていきます。囚人を連行できる人数には限りがあり、それ以上を確保すると移動スピードが落ち、囚人が脱走しやすくなります。

戦利品の獲得

次に戦利品が表示されます。これも基本的には重量の許す限り全部受け取ります。

部下のアップグレード

部下の戦闘経験値が貯まると、上位職へアップグレードできます。この場合、9人いる中の1人がアップグレードできる状態になっていることを意味しています。

アップグレード先は複数あることもあります。

右クリックで職種のツリーが出るので、最低限近接職なのか遠距離職なのかをチェックして選びましょう。

アップグレードには所定の費用がかかります。

また、アップグレードすれば日給も増えていきます。財政には注意が必要です。

装備について

新しいアイテムの比較方法はシンプルです。アイテム性能が緑文字だと性能が良く、赤だと劣っています。

緑が多いなと思ったら装備ボタンを押して装備する感じでOKです。

アイテムがいっぱいあると、「どれが今より強いアイテムなのか」を探すのが大変になってきます。

そんな時はインベントリの「Value」ボタンを押して「Value▼」状態にすると、価格=アイテムの強さの降順でソートできます。

これで強いアイテムが上に来るので、簡単に乗り換えたいアイテムを探せますよ。

武器は4つまで持てる

武器・盾・弾薬は合わせて4つまで装備することが出来ます。

個人的な序盤のおすすめは、片手剣、盾、弓、矢の4点セットです。

弓矢はボウガンとボルトでも良いでしょう。

囚人やアイテムを売ろう

戦闘が終わったら、囚人やアイテムを町に売りに行きましょう。

囚人を売る

Go to the tavern district(宿屋区画へ行く)を押します。

Ransom your prisonersを選択すると、すべての囚人を売ります。基本はこれでOKです。

Choose the prisoners to be ransomedを選べば、売りたい囚人を選ぶことができます。

囚人は連れていると仲間に出来ることもあるので、しばらく連れ回してみるのもいいかもしれません。また、重要な人物を囚人にした場合、売りたくないこともあるでしょう。

アイテムを売る

アイテムは村でも売れますが、村の資金は限られているので足りないことがあります。

Tradeを選びます。

売りたいアイテムの左の三角を押します。Shiftを押しながらで5個ずつ売れます。

不要なアイテムを一気に売る

不要なアイテムと必要なアイテムを分けて一気に不要アイテムを売ることが出来ます。

食べ物や馬など、残しておきたいアイテムにチェックを入れます。チェック状態は記憶されますが、一旦バッグからなくなったものはチェックが消えるので注意してください。

そして画面上部の二重矢印を押すと、チェックを入れたアイテム以外が一括で売却されます。

Lootersでは稼ぎが足りなくなってきたら…

Forest Banditsなどの賊を倒しに行ってみたり、どこかの国に仕官して戦争で稼いだり、街で輸送の手伝いをして手間賃をもらったり、安く買って高く売るを試してみたりと色々な稼ぎ方があります。

ただNativeは成長テンポが遅いので、MOD入れちゃうのがオススメかな。

あらゆるバランスを変更できるのが「Bannerlord Tweaks」MODです。

また、Bannerlordにはメインクエストがあり、独立国を作る場合などには進める必要があります。

「クエとかめんどくせえよ、なるはやで国作りてえよ」と言う場合は「Just Let Me Play」MODを利用してみてください。

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

Mount & Blade II: Bannerlord ©2019 TaleWorlds Entertainment. All rights reserved.

"Mount & Blade II:Bannerload"を最高品質で楽しめるPCスペックはどれくらい?

【今日のおすすめ】

Twitterで正方形のゲーム動画を撮って出しする時に使ってる秘密兵器

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - Mount & Blade II: Bannerlord

スポンサーリンク

Google