おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

Steam版「デス・ストランディング」に求められるPCスペックは?

   

小島秀夫監督作品の「デス・ストランディング」、PC版が発売されたので少しずつプレイしています。

最近のAAA級タイトルにはめずらしく、PCの必要スペックが低めに表記されていますが、実際どの程度の重さなのかを紹介したいと思います。

デス・ストランディングPC版の特徴

デス・ストランディングPC版の特徴として「ハイフレームレート対応」「ウルトラワイドモニター対応」が挙げられます。

ハイフレームレート

PS4では実現できない高いフレームレート(fps)でゲームをプレイできます。フレームレートが高いと滑らかに感じられ、ゲームへの没入感が上がります。敵に素早く反応したい場合などには重要な意味合いを持ちます。

ウルトラワイドモニター対応

21:9などにウルトラワイドモニターに対応し、より広い範囲を一度に見られるようになりました。眼前にゲーム世界が広がる他、敵との遭遇時などは左右の確認の点で有利になります。

ハイリフレッシュレート&ウルトラワイドを兼ね備えるモニタとしては、LGの34UC70GA-Bがおすすめです。

 

公式の推奨PCスペック

動作環境 推奨システム要件 推奨システム要件
OS Intel Core i5-4460/AMD Ryzen 5 1400 Intel Core i7-3770/AMD Ryzen 5 1600
メモリ 8GB 8GB
グラフィック GeForce GTX 1050 Ti 4GB/AMD Radeon RX 570 4GB GeForce GTX 1060 6GB/AMD Radeon RX 590
Direct X Version 12 Version 12
ストレージ 80GB 80GB
サウンドカード DirectX compatible DirectX compatible

ウルトラワイドはFHDベースでも2560x1080の解像度がありますので、推奨スペックよりもう少し上げたいところです。

DX12で動作し、CPUは高レベルでバランスよくフル活用されます。高いフレームレートを出したい場合、CPUの能力は特に重要になってきます。

グラフィック設定について

21:9解像度設定時の注意点

グラフィック設定では21:9が選べますが、何故か若干左右に若干の黒帯が発生する設定になっています。

例えば2560x1080のウルトラワイドモニタを利用する場合、2520x1080となります。

フレームレート上限は240fpsとなっています。

画質設定

モデルとテクスチャーの設定は比較的シンプルです。グラフィック品質設定を最高にすれば、他もすべて最高になります。

2560x1080解像度で、利用するVRAMの目安は4.1GBと表示されています。

影と照明

アンビエントオクルージョン(SSAO)とスクリーンスペースリフレクション(SSR)はゲーム内のオブジェクトに影をつけるための手法で、演算が多いために処理が重くなります。

ポストプロセス

ポストプロセスはDLSSとFidelity: CASの2つのアップスケーリングと、アンチエイリアス方式、被写界深度やモーションブラーなどのイマージョン効果のオンオフを選べます。

DLSSとFidelity: CASについては後述します。

i9-9900K & RTX 2080 Tiでの動作

CPU使用率

16スレッド全コアがバランスよく動作する、優れたCPU最適化が行われています。

16スレッド全コアのロードが100%近くなることもありました。DX12時代を感じますね。

CPU使用率(全スレッド)

各スレッド使用率

 

2560x1080でのGPU使用率

最高設定(ウルトラ&DLSSオフ)の場合です。

i9-9900K & RTX 2080 Tiでチェックしたところ、2560x1080解像度を60fpsでプレイする場合、GPU使用率は50%弱程度になります。RTX 2080 Tiを使っていて60fpsで50%はなかなかです。

ゲームシーンでは110fps~140fpsくらいでした。RTX 2080 Tiを使い切るシーンもありますが、それよりはCPUの9900Kがボトルネックです。

ウルトラワイドの2560x1080やWQHD(2560x1440)の144Hzゲーミングモニタを利用する場合、9900K & RTX 2080 TiはGPUが90~95%程度の使用率となり、バランスがちょうどいい感じの負荷であると思いました。

DLSS OFF / DLSS ON / Fidelity: CASの動作の比較

高い解像度を利用する場合に、低解像度でデータを書き出し、それをアップスケーリングで表示する機能を2種類から利用できます。

1つめはAIによる解像度アップ技術であるNVIDIA DLSSです。RTXグラフィックボードのみ対応しています。

2つめはFidelityFX: CASです。細部を鮮鋭化させる処理とアップスケーリングの両方の機能を持っています。

DLSSとFidelityFX: CASは併用できません。

DLSSとFidelityFX: CASはどちらも画質をなるべく落とさずにパフォーマンスを上げるための設定であり、究極の画質を取りたい場合はどちらもオフにします。

ウルトラ&DLSS OFF

ウルトラ&DLSS ON Quality

ウルトラ&Fidelity: CAS Sharpen 50% TAA

画質の比較

DLSSやFidelity: CASでは、霧がかかった遠景描写の正確性レベルが落ちます。ただ、プレイ中だと違いはあまり感じられないレベルです。

DLSSとFidelity:CASでも色味や遠景のディテールが異なります。DLSSよりはFidelity: CASの方が再現性に優れているように感じました。

スクリーンショットなどを撮影する場合はDLSSもFidelity: CASもオフにした方が美しい絵が撮れます。

同シチュエーションでのフレームレートGPU使用率の一例

K2西配送センター付近でのサンプルです。

GPU使用率

Native
93%
DLSS
86%
Fidelity:CAS
85%

DLSSやFidelity: CASで画質をトレードオフにする価値はあります。GPU負荷の低減です。

DLSSやFidelity: CASは低解像度書き出しであるため、GPU負荷は下がります。このため、CPUに余裕があるシチュエーションではフレームレートが上がります。

フレームレート

Native
113fps
DLSS
126fps
Fedility:CAS
125fps

fpsゲームプレイを目指す時はDLSSやFidelity: CASなどを利用することで、高いフレームレートをキープすることが出来るでしょう。

デスストをウルトラワイド(2560x1080)の最高画質で遊べるおすすめPC

今回の結果として重視したいのはGPUはもちろんCPUの性能です。DX11時代は8スレッドあれば十分でしたが、デス・ストランディングでは16スレッドをフルに使いきったシーンもありました。

そのため、10コア20スレッドを誇りつつシングルスレッド性能も非常に高いi9-10900K搭載マシンは理想的と言えるでしょう。

その上で、どのレベルのフレームレートで楽しみたいか、DLSSやFidelity: CASを利用しても良いか?などで検討します。

とにかくフレームレートを出すならRTX 2080 Ti搭載マシン

ドスパラ / CPU:i9-10900K / GPU:RTX 2080 Ti / メモリ:16GB / ストレージ:1TB SSD

DLSSやFidelity:CASを使わずに最高画質を全開で楽しむならRTX 2080 Tiは理想的です。また、CPU性能が高いほどフレームレートが出ることから10コア20スレッドのi9-10900Kもいかんなく力を発揮するでしょう。

エントリープラスαのRTX 2070 SUPER搭載マシン

ドスパラ / CPU:i9-10900K / GPU:RTX 2070 SUPER / メモリ:16GB / ストレージ:1TB SSD

DLSSやFidelity:CASを使えば、RTX 2070 SUPERも十分パフォーマンスを発揮します。2020年のゲーミングPCとして、144Hzのゲーミングモニタを使うならこのレベルは欲しい所。

高いバランスを誇るRTX 2080 SUPER搭載マシン

ドスパラ / CPU:i9-10900K / GPU:RTX 2080 SUPER / メモリ:16GB / ストレージ:1TB SSD

RTX 2080 SUPERはRTX 2080 TiとRTX 2070 SUPERの間に位置する性能です。「普通よりちょっと良いものが良い」という選び方をする人に向いています。

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

【今日のおすすめ】

Twitterで正方形のゲーム動画を撮って出しする時に使ってる秘密兵器

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - レビュー ,

スポンサーリンク

Google