おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【BF2042】PORTALでソロPvEモードを作る【Battlefieldビルダー】

   

Battlefield 2042(BF2042)は、近未来の戦争を部隊とした、歩兵、戦車、戦闘機、戦闘ヘリなどを扱える大人数FPSです。

今作の特徴のひとつに、Web上で利用できる「Battlefieldビルダー」を利用して、プライベートサーバールールを作成できる点があります。

早速作り方を紹介しようと思います。

Battlefieldエディターでの作成を開始する

PORTALの作成は公式サイトからアクセスでき、誰でもWEB上でルールを作成することが出来ます。

BF2042を所有しているEAアカウントでログイン後、「作成を開始する」を押して作成してみましょう。

左端に設定カテゴリが表示されるので、その区分け(コア、修飾キーなし、制限、MOD)区分けで解説していきます。

今回は、「自分以外全員AIの、100キル先取(制限時間10分)」というソロPvEルールを作ってみます。自分かAIのどちらかが100キル達成するか、10分経つとゲームが終わります。

コア

モード選択(今回はフリー・フォー・オール)

モードは「ラッシュ」「コンクエスト」「コンクエスト(大)」「チームデスマッチ」「フリー・フォー・オール」の5種類です。チームデスマッチとフリー・フォー・オールでは、ロジックエディターを使ってカスタマイズができます。

今回は自分以外は全員敵の「フリー・フォー・オール」を選びました。

マップローテーション

「広すぎる」と言われるマップですが、小マップや中マップも用意されており、好きな広さでマップローテーションを決められます。ここはお好みで。あまり詳しく見ていませんが、小マップだと乗り物出撃がないみたいです。

マップローテーションは試合ごとに順番に読み込まれ、最初は必ず1番目のマップになります。

小マップ

中マップ

大マップ(ALL-OUT WARFAREのサイズ)

ゲームモードの詳細

ゲームモードの詳細ではプレイヤー人数を決定できます。今回はソロプレイなので最大プレイヤー数は1としました。

修飾キーなし

ゲームプレイ

ダメージ倍率などが設定できます。今回は特に変更しませんでした。

兵士

自分を含む兵士キャラクターの行動ルールを決定します。「マンダウンタイプ」という設定は、自分がダウンした後、どういう状態になるかを設定できます。「ダウン」はALL-OUT WARFAREなどと同様の、助けを求めるダウン状態です。ソロ用だと「即死」を選んだ方がスムーズにプレイできます。

「兵士の最大ライフ乗数」を高くすると、HPが増えます。「兵士の再出撃ディレイ倍率」は、やられて再出撃する際の待ち時間です。0にしてしまえば待ち時間がなくなります。

ビークル

乗り物関係です。ここで「降車・降機」を選ぶとビークルから降りられなくなります。

ユーザーインターフェース

UIの設定が出来ます。AI兵士は銃をバンバン撃ちまくっているので、ミニマップで容易に視認が出来てしまいます。

そこで「ミニマップ」をオフにすると、目視で敵の位置を把握することになり、敵を探す練習になります。

AI (とても重要)

AIに関する設定です。PvEやPvPvEを想定する時に設定します。

「PVE AIの数」は、スポーンするAIの数です。最大60まで設定できます。小マップで30だと結構そこら中にいる感じ。

「AIのタイプ」は「PvE AI」と「PvP AI」から選べます。「PvP AI」は人と入れ替えが出来る、補充用のAIのようなものです。今回は純粋な「PvE AI」を選びます。「AIの難易度」はお好みで。

「変更の同期 - AI」のチェックを外すと、AIにのみ特別なルールを設定できます。例えば、自分はビークルから降りられるけど、AIは降りられないなどです。BFでは乗り物を敵軍に鹵獲されてしまうため、一度乗ったら死ぬまで降りない場合が多いと思うので、

制限

チーム

PORTALでは、ALL-OUT WARFAREで利用できるBF2042のキャラクター、装備の他、BF3 / BFBC2 / BF1942のキャラクター、装備を使ったゲームプレイも楽しむことが出来ます。

「マップデフォルト」を選ぶと、例えばBF1942モチーフのマップならBF1942のキャラと装備が使われますが、BF2042のキャラクターを選んでおけば、マップに関わらずBF2042のキャラと装備が使われます。

キャラクター / 武器 / アタッチメント / 乗り物 / ガジェット

ゲーム内で使えるキャラクター / 武器 / アタッチメント / 乗り物 / ガジェットをそれぞれ選択できます。基本的に全部選択でOK。

ただ、BF2042のキャラクターでは、自分で開放しているアタッチメントなどしか使えないようです。アタッチメント開放は以下の記事での方法がおすすめです。

MOD

ゲームルールの詳細を変えたり、条件によって動的な挙動変更などを行う、ちょっとプログラミングチックな部分です。

最初は紫の「ルール」だけが設定されていると思います。

この「アクション」の所に黄色の「ゲームプレイ」からルールを適用してみましょう。

まず、ゲームプレイから、「ゲームモードのタイムリミットを設定」を選択し、引っ張ってアクションに持っていきます。

はまりました。

同様に、「リテラル」の「数値」を引っ張って、「ゲームモードのターゲットスコアを設定」の黒枠の中に入れます。

入りました。初期値は"123"となっていますので、ゲームモードのターゲットスコア、つまり、今回のワン・フォー・オールでは「1プレイヤーが何キルしたらゲーム終了か」が123キルとなっています。

グレーのところをクリックして、100に変えました。これで、自分かAIが100キルしたらゲーム終了です。しかし、初心者が100キル取るまでにやたら時間がかかるかもしれません。

そこで1ゲームの制限時間を加えてみましょう。「ゲームモードのタイムリミットを設定」をアクションに追加してみてください。

こんな感じで2段になりました。

同様にリテラルから数値を引っ張って設定します。ここは「秒」単位なので、600とすれば1ゲーム10分の制限時間となります。たくさんキルできなくても終われるので安心ですね。

なお、各項目は右クリックするとサブメニューが出て、ヘルプを見ることが出来ます。

嵌めるものが「数値」であり、値の単位は「秒」であることがわかります。凝ったものを作りたい時には参考になりますね。

保存して公開する

画面右上のこのマークから、保存と公開が出来ます。

「名称」はゲーム名、「説明」は他の人が見てわかるように入力します。「検証」項目で「有効なエクスペリエンス」と出ていれば問題なしです。MODで複雑な内容を組むと無効なものが出来ることがあるかもしれないですね。

「保存」を押すと保存されます。他の人に公開したい時は、「コードを表示」を選びます。

このように共有用のコードが表示され、他の人が同一のゲームを体験することが出来ます。

作成はこれで完了です。

ホストでサーバーを起動してゲームする

早速、作ったゲームをBF2042で起動してみましょう。ゲームモードで「PORTAL」を選びます。

「コミュニティー・エクスペリエンスを閲覧する」を選びます。

「画面上の「ホスト」を選択すると、作成したゲームが「マイ・エクスペリエンス」として表示されます。

あとは、「サーバーをホスト」を押してゲームを開始するだけです。

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

【今日のおすすめ】

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - Battlefield 2042 ,

Google