おっさんゲーマーどっとねっと

PCゲームについてや、ゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】「買えたらパールを払う」なんてあり得ないからやめよ?

   

ボス装備とか「買えたら○○パール」と言う呼びかけ、あるじゃないですか。
アレってほんとに取引成立していることあるんですかね?
なんかアレを見ていると情熱は伝わってくるものの、成立しない理由のほうが圧倒的に多いと思うんですよ。

1.相手が「買えた」かどうかわからない

パールを払う条件として「自分が買えた場合」という提示をする人がいますけれど、予約購入が運良く出来た場合以外は誰が購入できたかは出品者にわかりません。

また、呼びかけをするキャラクターと予約をするキャラクターを別にすることで、予約購入できた場合も「買えなかった」という言い訳で支払いから逃げることは容易ですよね。

2.誰が買おうが売り手には関係ない

そもそも買う側は何故そんな呼びかけをしないといけないのか?
それはつまり、売ってないからですよね。

売る側としては、誰に売ろうが最高額で売れるわけですよ。

なので、圧倒的に売り手市場なんですよね。
売る側は「売りたいなー」と思った時に売るだけでいいんです。

「出品でパール」ならまだわかる

以上2点が、おっさんが「パール支払いなんて成立するわけ無いやろ」と思う理由です。

では、「出品するのでパールくれ」はどうでしょうか。
おっさんはこれのほうが筋が通っていると思います。

出品者は買い手が誰だろうと関係ありません。
買い手が予約したかどうかもわかりません。

そのため、出品価値から相手が買えないリスクを引いた分のパールの金額をくれ ということなら、これはまだわかる取引です。
売り手としてはもう、出品するだけで相手のために売ったのと同じなのですから。

しかし、これもくだらない取引だとおっさんは思います。
今度は「パール払ったけど出品されない詐欺」があるかもしれないからです。

やはり地道に「高額の予約を入れておいて、出品を呼びかける」のが王道なのだと思います。
それでも売る側には一定額の上乗せしか入らないのですが…

【↓↓↓あなたのネトゲ課金をサポート!↓↓↓】
モッピー!お金がたまるポイントサイト
げん玉を利用すると、現金に交換できるポイントが貯まります!


 - 黒い砂漠 ,

Google

Google