おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

   

あらゆるゲーム、映像、音楽などの大容量データがネットで配信されるようになり、インターネットの速度は更に求められる時代です。

動画ストリーミングサイトのNetflixの4K動画要件を見ましたか?

4K動画を見るには25Mbps以上を安定して出力させることが必要とされています。

YouTubeの4K/60fps動画になると大変です。

私の実測では9.7MB/s = 77Mbpsという通信記録が出ています。

しかし、世の中にはゴールデンタイムに50Mbpsも出ないという人もいるんです。平成も終わるというのに!

というわけで…

私は数年使った100Mbpsのフレッツ光回線から、2GbpsのNURO 光に乗り換えましたぜ。へへっ、乗り換えましたぜ。

通信速度が速く、赤飯を炊いた

NURO 光では環境が整った場合、このくらいのポテンシャルを持っています。

回線というよりONUやPCのLANポートの上限ですな。

とはいえ、実際のところ接続先などの関係もあって、900Mbpsが安定して出ることはほとんどないと思ったほうが良いです。

平均すると500Mbpsくらいです。それでも既存の100Mbpsという理論値の5倍は速くなりました。

ということで、以前と比べて段違いで快適なインターネット生活を楽しんでいます。

開通初日は新時代になった気分でした。

500Mbpsってどれくらい?

1バイトは8ビットなので、500Mbpsは62.5MB/sとなります。

DVD-Rの16倍速読み込みで177.28Mbpsなので、同じデータ量ならDVDを読むよりDLしたほうが3倍近く早いという驚きの結果に!

実測500Mbpsの速さ

  • 1秒で62MBをDL出来る (320kbpsのMP3ファイル5~6曲分)
  • 1分15秒で4.7GBをDL出来る(DVD1枚ちょい)
  • 10分で37GBをDL出来る(ゲーム1本ぶん)

どうですか?結構な数字ですよね。

今、WatchDogs2と言うゲームをUbisoftからDLしています。

秒間50MB以上のDL速度が出ています。100Mbpsだった頃は10MB程度でしたので、約5倍の速度となります。

30GB = 30720MBなので614秒、つまり10分ちょいで1つのAAA級ゲームがDLできるわけです。







 

NURO光よりもっと速い回線にしなかった理由

NURO 光より速い回線も出てきています。

しかし、個人的には2019年現在、有線1Gbps、無線1.3Gbps*のNURO光で十分だと思っています。

*レンタルされるONUの上限値

1Gbpsを超える通信速度に対応している機器がまだ少ない

まず1つは、パソコンやスマホ、ゲーム機など「ネットを利用する機器側の問題」です。

有線LANでも1GbpsポートのPCが多かったり、無線でも1Gbps程度しか出ない端末が多いのです。

「制限速度が200km/hの道路(NURO)が新たに出来ても、100km/hしか出ない車しか持っていないぞ」という感じですかね。

自宅内のONUまでは速い線が来ているんです。外から家のONUまでは2Gbpsです。

問題はONUやそこから先の性能です。

現状で普及しているネットワーク機器とその速度

おっさんの家にあった機器はこんな感じでしたよ。

あなたが利用しているPCやスマホの接続速度も調べてみましょう!

  • 最新スマホの無線LAN(802.11ac/5GHz)= MIMOなしで433Mbps、MIMO3x3対応で最大1.3Gbps
  • PCの有線LAN(ギガビット・イーサネット)=1Gbps
  • PS4 (Pro)、Xbox One (X)=1Gbps
  • ちょっと前の無線LAN(802.11n/2.4GHz,5GHz)=600Mbps
  • だいぶ古い無線LAN(802.11g/2.4GHz)=54Mbps

無線LANの802.11acは最大通信速度こそ速いものの安定度に難があり、2F→1Fなどでは木造でもガッツリ速度が低下します。

また「MIMO(複数アンテナでの同時ストリーミング)」の有無によって速度がかなり変わります。

私も11ac搭載を謳うスマホで11acの通信をしてみたのですが、433Mbpsで「MIMOなし」でした。

ノートPCの無線LANでも同様で、MIMOに対応しているかどうかでかなり速度が変わってきます。

現状ではWi-Fiで1Gbpsはおろか、500Mbpsが「実際に」出たら進んでる端末という感じだと思います。格安スマホ利用の人は特に注意。

 

PCの有線LANに関しても、最近のマシンは1Gbpsポートを積んでいるのが普通のマシンです。

1Gbpsを超えるPCIeの有線LANボードやマザーボードもありますが、まだまだ一般的ではなく高級な部類です。

 

というわけで、多くの人は

  • 100Mbps~1Gbps出る機器を利用している可能性が高い
  • 2Gbps以上出る機器を利用している人は少ない

ということは言えるでしょう。

なので回線としては1Gbpsよりちょっと余裕を見て2Gbpsというのは、ちょうどいい速度域だと思います。

有線 + Wi-fi = 2Gbps

NURO光で貸し出されるONUの有線LANポートは1Gbpsが上限です。

こう聞くと「2Gbpsじゃないじゃん、実質1Gbpsじゃん?」と思いますよね。

しかし、今は有線LANだけではなく、Wi-Fiも同時に繋ぐことが多いでしょう。

そう、有線で1Gbps使ってもまだ1Gbpsは帯域の余力が残っているということなんです。

今まで私が使っていた100Mbps回線では、PCとWi-fi接続のスマホで同時に全力DLすると問題が生じていました。

  • PC側で帯域を使い切ってしまう
  • スマホなどの他の機器で通信が切れる

これがNURO光になってからはなくなりました。

試しにNURO 光のONUにPCとスマホで接続し、同時にSpeedTestを走らせてみました。

PC側(1Gbps LANケーブル)

スマホ(Wi-Fi 802.11ac)側

アップ側を合計すると1Gbpsを若干超えていますね。

このように、複数台同時に使ったときにも高速で安定しているんです。

これがフレッツ光から変えて驚いた点でもあります。

もしこれが1Gbps上限回線だったらどちらかが通信できなくなったり、速度が低下したでしょうね。

NURO 光はご家族で皆さんがヘビーにインターネットを利用するような環境では特に力を発揮する回線だと思います。

提供エリアの問題

NURO 光の提供エリアは正直まだまだです。3月下旬に福岡県、佐賀県のサービスが始まりました。

関東エリア 東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬 東海エリア 愛知、静岡、岐阜、三重 関西エリア 大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良 九州エリア 福岡、佐賀

大体最近の高速インターネットはNUROかauひかりと言われています。

うちは埼玉なのですが、auひかりは通っていませんでした。

もしNUROが通ってなくてauが通ってたらauひかりにしていたかもしれません。

フレッツ光を超える高速インターネット網の選択肢は、片田舎だとまだまだそんな感じだと思います。

NURO光は安い

100Mbpsのフレッツ光の契約より若干安かったのもポイントです。

戸建て住宅の場合

auひかり(1G)
3500円+税
Nuro光(2G)
4743円+税
フレッツ光ネクスト 100Mbps(4400円+プロバイダ料金500円~)

上限1Gbpsプランでいいならauひかりは最安ですね。NURO 光は2Gbpsプランとしてかなりいい線行っていると思います。

まとめ

  1. 世の中のネットワーク製品は2019年現在、大体「1Gbps~1.3Gbps上限」の物が一般的に普及している
  2. そのため1~2Gbpsもあれば十分、それ以上は現状では過剰投資気味
  3. そもそもNURO光などの1Gbpsオーバーの高速インターネットはまだ提供地域が限られている

というわけで、私の場合は選択肢がなかったのでNURO 光になったんですが、結果として家のネットワーク機器のスペックにもピッタリ合うので大正解でした。



NURO光の申し込みから開通まで

「NURO光は工事で結構待たされる」…という話を聞いていましたが、個人的には「思ったより早かった」という感じです。

ざっくりいうと申込みから2週間ちょいでネットが開通、NURO光でんわのナンバーポータビリティ(契約切り替え)が1ヶ月でした。

これは特段長い待ち期間ではないと思います。

これはネットのプロバイダ契約というより、まさにインフラ施設工事だからです。

昔一人暮らしの時にフレッツ光を引いたのですが、その時もやはり1ヶ月ほどはかかりました。

現在のフレッツは1~3週間ほどと聞いたことがありますが、それはもう敷いてある線なので早いだけなのです。

新しくあなたの家の地域に光ファイバーを引く工事が行われるのです。その進み具合によって待ち時間が変わるでしょう。

申込時に工事希望日を出すことが出来、実際その通りに行われました。

変な代理店挟まなきゃ大丈夫じゃないかなあ…?(代理店の話はまたあとで)

2/23 「NURO光」申し込み

公式キャンペーンページから申し込み。

3/2を屋内工事日に指定。

3/2 宅内工事

家の外の壁などに「光キャビネット」をつけ、宅内まで線を引き込む。

ONU(ルーター付きの端末)もここで設置する。

7~10日

3/12 屋外工事&開通

宅内工事で家の外に取り付けた光キャビネットと、電柱の間をケーブルで接続する工事。

完了後、ONUの電源を入れてすぐにインターネット接続が可能に。

3/29 「NURO光でんわ」開通

前のISPで利用していた元NTT回線をナンバーポータビリティでNUROに以降。

NURO光にして確実に変わったこと

ゲームDLが速くなったのでローカルにバックアップを置かなくなった

いや、これマジで。今まではゲームのDLがあまりにも遅かったので「また今度やると思うけど再DLするの時間かかるからバックアップしとこ」というレベルだったんですよ。

そこんところ、NURO光になってから非常にDL速度が速くなったので、あっという間に遊べる。今までの「光」とははなんだったのかというレベルです。

なので、ローカルに置いておいたゲームバックアップはポイッ!これでHDDが300GBは空きましたね。

サイズの大きいファイルも秒でYouTube公開!

これ、「2GB」のファイルをYouTubeにアップロードしている画面です。

2GBっすよ…2GBのアップロードが秒で終わる。マジでやばい。

ブロガーはたくさんのファイルをアップする人種なのでアップロードが速いのはマジで助かります。

もちろん、これだけアップロードが速くて安定しているということは、高画質の生放送とかをやりたい時にも安定するってことです。

YouTubeの4Kや8K動画が止まらずに見られる

映像のストリーミング視聴は高速でDLを続けることと同じです。

今まで4K動画などを見ると、もうそれだけで帯域がいっぱいいっぱいでした。

しかし、NURO光では8K60fpsの動画をYouTubeで見ることも余裕です。

100Mbpsの頃との速度比較

フレッツ光の100Mbps(約4700円/月*)

NURO光(約4,743円/月*)

*フレッツ光は2年以上使っている現在の料金、NURO光は契約後2年間の料金

Googleのスピードテストで計測してみました。フレッツ光時代のおよそ5倍の速さ。

接続先によっても異なりますが、100Mbps契約の人は3~5倍くらいは速くなる可能性がありますね。

しかも料金が100Mbps時代とほとんど変わらない。

もはや開通しているエリアなら乗り換えない理由がないと思います。

代理店ではなく「公式」だから安心感が違う

実際、色々な代理店がNURO 光の取扱をしていますが、私はNURO 光公式サイトから申し込みました。(このページ内のリンクも全部NURO 光公式に飛びます)

「公式は何もお得なことをしていないのでは?」と思っていたのですが、もちろんちゃんとやっています。

  1. 基本工事費40000円分が実質無料
  2. オプションの申し込みは必要なし
  3. 設定サポート1回無料
  4. 申し込み時に工事日選択が可能なので開通がスムーズ
  5. NURO光公式ページから申し込むと35000円キャッシュバック*

*キャッシュバックキャンペーンは予告なく変更、終了する場合があります

「代理店」はなぜキャッシュバックが高額なのか?

キャッシュバック金額が高い代理店がありますが、そういうところでは不要なオプションを付ける必要があったりして月々の支払額が結局高くなりがちです。

キャッシュバックと広告をバンバン打っていける理由があるわけです。

例えば、代理店ページに行くとエリア確認もさせてもらえないことが少なくないです。

エリア確認の項目はあるんですけど、電話番号を入力させられて、おすすめプランなどを電話で連絡…みたいな感じですね。

電話は今の時代も営業のペースで話ができるため、営業の有力なきっかけです。

「電話で話すと遠慮がちになっちゃう…」なんて人は、公式ページの方が安心ですよ。

また、客寄せを優先するためか、工事日が確定せずに遅れるなんて話も聞いたことがあります。

「NUROは開通が遅すぎる!」という話も、もしかすると代理店契約だからかもしれません。

いくら公式よりキャッシュバックが高いからって、開通をめちゃくちゃ待たされたりするのは嫌ですよね。

Googleなどで上位に出てくるのも代理店の広告だったりするので要注意です。

その点、NURO光公式ページからなら契約時に工事日を確認できるので、ありえないほど遅れるような可能性は低いと思います。

 

同時開通工事が可能

NURO光には「宅内工事」「開通工事」の2つの工事があります。

  1. 「宅内工事」で端末を起き、家の外壁にケーブル接続のための装置を取り付ける
  2. 「開通工事」でNTTがケーブルを電柱から1の装置に取り付ける

こういう順番です。20日かかるというのはNTTの線を家の方まで引いてくる期間も考慮して…ということかもしれませんね。

私は20日かからなかったので近くまで来ていたんだと思います。

工事は両方共立ち会いが必要ですが、NURO光公式サイトからの申込みでは2つの工事を1日で終わらせる「同日工事」の申し込みプランがあります。(5000円)

私も本当はそれにしようと思ったのですが、ブロガーとして「実際どれくらい待たされるのか?」の人柱をやろうと思ったので同日はやりませんでした。

一人暮らしの社会人の方など、日程調整がしづらい方は5000円を必要経費と思って同日でやってもらったほうが良いと思います。

「だいたい在宅だし合わせられます」という方は別にして待ってもいいと思います。

NURO光のまとめ

速度、品質面

  • フレッツ光100Mbpsより平均で5倍速くなったので、100Mbps契約から乗り換えると感動できる
  • 複数端末でのDL/ULも安定していて速い
  • 黒い砂漠(ネトゲ)はつけっぱなしでも落ちることなくド安定
  • ゲームDLも速くなった
  • YouTubeの4K60fps、8K30fps動画が止まらずに見られる
  • 「NURO光でんわ」の通話品質はフレッツの光IP電話と同じくらいでよく聞こえ、FAXも使える

工事や使うまで

  • NURO光公式サイト申し込みなら工事日を指定できる
  • 開通までの工事は2回(2日)行い、その間が2週間くらいあった
  • 「同日工事」申し込みなら1日で済む(5000円)
  • 日程を合わせづらい人は「同日工事」で申し込みをおすすめ
  • 回線は申込みから電話の移行は申し込みから1ヶ月かかった
  • PPPoEのようなパスワードはなく、LANケーブルをONUに差し込むだけでネット開始
  • Wi-Fiも簡単につながる

考慮が必要な点

  • エリアがまだ狭い
  • 工事の待ち日数

総評

ゲーム系ブロガーとしてはほんとに変えて良かったです。

DLやULの待ち時間が減るということは、無駄な時間が減るということです。

10分ほどで新作ゲームがDL出来、4K60fpsの動画もストレスなく再生できる。

それでいて月々の料金も安い。

最初に同日工事で5000円払うのもアリだと思いますね。キャッシュバックで35000円もらえるわけですし。

工事さえ終われば快適な高速インターネットライフが待っています。

気になった方は↓の公式サイトからエリア検索をしてみてください。

エリア確認のために詳細な個人情報を聞かれることはありません。

工事日もネット上から確認でき、決めるのはあなた次第です。

NURO 光



 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

【今日のおすすめ】

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - PC環境 , ,

スポンサーリンク

Google