おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

ネトゲで使うお金の単位(k/M/G)の読み方と値について

   

ネットゲームでは億単位の非常に高額なお金を使うため、チャットで打つ際の煩わしさや間違えを防ぐためにあえて「国際単位系」を使ったりします。

しかし、それを知らないと逆に「いくらのこと?」となってしまうので、今回はネトゲでよく使うお金の単位について説明します。

k( x 1,000)

「k」は「kilo(キロ)」の略で、1000倍を表します。

  • 1k = 1,000 (1千)
  • 10k = 10,000 (1万)
  • 100k = 100,000 (10万)

M(x 1,000,000)

「M」は「mega(メガ)」の略で、100万倍を表します。なぜ大文字なのかと言うと、「メートル(mator)」と間違えないためです。

  • 1M = 1,000k =  1,000,000 (100万)
  • 10M = 10,000,000 (1000万)
  • 100M = 100,000,000 (1億)

G(x 1,000,000,000)

「G」は「giga(ギガ)」の略で、10億倍を表します。これも「gram(グラム)」と間違えないように大文字で打ちます。

  • 1G = 1,000M = 1,000,000,000 (10億)
  • 10G = 10,000,000,000 (100億)
  • 100G = 100,000,000,000 (1000億)

T (x1,000,000,000,000)

「T」は「tera(テラ)」の略で、1兆倍を表します。これも「ton(トン)」と区別するために大文字で打ちます。

  • 1T = 1000G = 1,000,000,000,000 (1兆)
  • 10T = 10,000,000,000,000 (10兆)
  • 100T = 100,000,000,000,000 (1兆)

ネトゲで使うのはこのくらいまで

大体のゲームでは、Tまで使うかどうか、というところだと思います。

これ以上の桁にならない設計にしてあったり、インフレがひどい場合はデノミネーションが行われて貨幣価値が最適化されます。

小数点1~2桁くらいまでで、あまり細かい額で出さない場合に使う

非常に細かい金額を書かなければならない時はあまり使われないような気がします。

細かい額を表記する場合、大きい値の単位をベースに、小数点使って表現します。

使用例

12億5000万なら12.5億、のような書き方をします。

  • 350万 = 3.5M
  • 1250万 = 12.5M
  • 1億1500万 = 115M
  • 12億5000万 = 1.25G

あまり使わない表記例

12億5000万3千、みたいな単位を混在させるような表記はあまり見かけません。

ネトゲ自体の値付けが割とざっくりしていることや、読みづらさもあるからだと思います。

  • 3M5k200
  • 1G10M

 - MMORPG

スポンサーリンク

Google