おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

10連休のGWに間に合う!買って満足できるゲーミングPC候補を2つに絞って紹介

      2019/04/25

「ゴールデンウィークは新しいPCでゲームを存分に楽しみたい!」

それなら今買うしかありません。なぜなら発送に時間がかかることがあるからです。

今なら間に合う!じゃあ何を買うのか!?という話です。

ドスパラのゲーミングPCをミドル~ハイエンドまでレビューしてきた私が個人的に「これなら自信を持って奨められる」というPCを2つに絞って紹介します。

の2つです。

VRAM 8GBで「大抵のことが出来る」RTX 2070

RTX 2070は、ミドルハイのポジションのグラフィックボードです。

個人的にRTX 2070は「なるべく妥協しないでゲームプレイするための最低ライン」です。

RTX 2070でどれくらいのゲーム体験ができるか?というと…

1920×1080で各ゲームの最高画質をプレイした場合のfps

Anthem最高画質
81.5fps
Apex Legends 最高画質
120.26fps
BF5最高画質(オンラインのAERODROMEでDXRなし)
128.5fps
BF5(DXRなし最高設定シングルプレイ)
118.19fps
Division 2ウルトラ設定
101.5fps
Monster Hunter : World
99fps
黒い砂漠ウルトラ設定
46.99fps
黒い砂漠リマスター設定
105.16fps
エースコンバット7(HIGH設定)
205.63fps
エースコンバット7(HIGH、200%スケール)
77.5fps
  • Anthem最高画質:81.5fps
  • Apex Legends 最高画質:120.26fps
  • BF5最高画質(オンラインのAERODROMEでDXRなし):128.5fps
  • BF5(DXRなし最高設定シングルプレイ):118.19 fps
  • Division 2ウルトラ設定:101.5fps
  • Monster Hunter : World:99 fps
  • 黒い砂漠ウルトラ設定:46.99 fps
  • 黒い砂漠リマスター設定:105.16 fps
  • エースコンバット7(HIGH設定):205.63 fps
  • エースコンバット7(HIGH、200%スケール):77.5 fps

こんな感じです。

ウルトラワイドモニタで最高画質を楽しめる

最近は21:9のウルトラワイドモニタが人気で、私も使っています。

横が広いためフルHDより少し負荷が上がるため、fpsが落ちるのがネック。

1920×1080で80fps以上が出ているゲーム環境なら、ウルトラワイドでも60fps前後で楽しめるはずです。

ウルトラワイドモニタを60Hzにしたり、あるいはゲーム側で60fps上限にして利用した場合、RTX2070は21:9の最高画質でも60fpsを維持する、非常にバランスの良いゲーム体験が出来ます。

詳細記事

RTX 2070搭載マシンとしては、ドスパラのGALLERIA ZFがおすすめです。16GBのメモリを当初から積んでいるので、メモリアップグレードの必要がありません。

価格と性能のバランスが良いので当サイト的にはRTX 2070はバランスを考えるとイチオシであり、実際売れています。

RTX 2070よりランクが下のグラボを搭載したマシンは限界性能が低く「微妙に足りない」可能性が高いです。VRAMやビデオメモリ帯域幅も狭く、パフォーマンスも落ちます。

せっかくPCを新しくするのにそれは悲しいので、70番代以降を選ぶことをオススメしています。

詳細なレビューが読みたい場合は以下の記事を御覧ください。

 

どうせならRTX 2080 Tiで「最強」を味わってみませんか?

RTX 2070もいいですが、今買うならRTX 2080 Ti搭載マシンが一番おすすめです。

だって最強だから。

実際にレビューで触った時の格の違いがホントにヤバかったし、最近安くなっているので本当に良い候補です。

1920×1080で各ゲームの最高画質をプレイした場合のfps

Anthem最高画質
116.69fps
Apex Legends最高設定
142.68fps
BF5最高画質(オンラインのAERODROMEでDXRあり)
107.72fps
BF5最高画質(オンラインのAERODROMEでDXRなし)
157.1fps
BF5(DXRオン最高設定シングルプレイ)
105.1fps
Division2ウルトラ設定
151fps
Monster Hunter : World
135fps
黒い砂漠ウルトラ設定
85fps
黒い砂漠リマスター設定
164.62fps
FINAL FANTASY XV Windows Edition(最高品質)
100.4fps

最強すぎてグラフがはみ出てしまいました。

  • Anthem最高画質:116.69fps
  • Apex Legends最高設定:142.68 fps
  • BF5最高画質(オンラインのAERODROMEでDXRあり):107.72fps
  • BF5最高画質(オンラインのAERODROMEでDXRなし):157.1fps
  • BF5(DXRオン最高設定シングルプレイ):105.1 fps
  • Division2ウルトラ設定:151fps
  • Monster Hunter : World:135 fps
  • 黒い砂漠ウルトラ設定:85.0 fps
  • 黒い砂漠リマスター設定:164.62 fps
  • 黒い砂漠カランダ(ウルトラ設定):41.7 fps
  • FINAL FANTASY XV Windows Edition(最高品質):100.4fps

144Hzモニタを最高画質で十分に活かしきる性能

DX11のベンチマークテスト3DMARK Firestrikeのドスパラ公式発表によれば

RTX 2080 TiはRTX 2070に比べて約132%の性能を記録しています。RTX 2070の1.3台分ですね。ヤバイ。

144Hzのモニタを買った場合に「画質を落とさずに高fpsで遊びたい!」となると、実際RTX 2080 Tiしか選択肢がないんですよ。

RTX 2070とRTX 2080 Tiの間にはRTX 2080というグラボもあるのですが、ちょっと性能的に中途半端感があるし

「はぁ~、もうちょっと頑張ってRTX 2080 Tiにすればよかった…」

となりそうな気がすごいします。

それくらい2080 Tiはダントツなのです。

RTX 2080 Tiに「グラっと来ている人」の背中を押します

普段のゲームプレイでこんなことを思っていませんか?

 

「ああ、もう俺のGTXは限界だ!いつも使用率が99%だし、ファンも全開で温度が厳しい!設定を落とさなきゃ…」

「私も新しいゲームを皆が上げてるような高画質でプレイしたいし、SS自慢したい…」

「自分のPC画質はPS4とあんまり変わらない。PCゲームってもっと綺麗なものじゃないの!?」

 

そんなフラストレーションを貯めながら、我慢してPCゲームしてませんか?

「本当は最高の体験をしたい」と思ってるはずなんです。

一度しか味わえないムービーシーンの体験を「妥協した低画質」に捧げたいなんて思っていないですよね?

仕方なく設定を下げているわけで、あなたの理想ではありません。

 

感動するような息を呑む空気感をゲーム側は提供しているのに、プレイヤーサイドがそれを叶えられていないんです。

そもそも最近のゲームでプレイヤーを苦しめるレベルの課金が流行っているのは、高画質化で開発コストが上がっているからです。

 

ならば、その上がったコスト分を味わわないでどうする!?

 

「スペックのせいで最高画質を味わえない」ということは、ゲーム開発の多くを占める先進的グラフィックスのコストを取り返せていないのです。

言ってみれば、厚切りのチャーシューがドカドカ載ったラーメンで、それを外して麺だけ食べてるみたいなものです。

 

ゲームクリエイターは最高のものを既に用意している。でも、使う側が応えられていない。

だから、ゲームに投資する前にプレイ環境に投資することを私は強く奨めたいです。

 

というわけで迷っているなら現行最高峰グラボのRTX 2080 Tiにしましょう。

そしてRTX 2080 Ti搭載機の中でコスパの良いマシンを選ぶ。これが最もコスパよく時代の最先端グラフィックスを味わう方法です。

そうすると、ドスパラのGALLERIA ZZ i9-9900Kが一番オススメです。

 

最近6万円も値下がりしました。月6300円の分割払いでも購入できます。

というか、税込み30万でRTX 2080 Tiマシンを提供しているBTOベンダーが他にないから一択なわけです。

img_5bf2da1f86476-700x395

安さの理由はグラボにあり。Palitと直接提携して仕入れているから代理店マージンがないんです。

品質は問題ありません。きっちり冷えます。

他のBTOメーカーはグラボの仕入れマージンの関係で安くするのに限界があるんだと思っています。

 

なるほどわかった。ではいつ買うのか?今すぐです!

もうGW直前だし値下がりなんて待ってたって来ないです。

年に何度もないですよ?ゴールデンウィークみたいな10連休は。

 

この記事をあえて読んでいただいたおかげで、あなたのゴールデンウィーク中のゲーム体験は激変します。

  1. ここから好みのオプションでRTX 2080 Ti搭載のさいつよゲーミングPCを業界最安値で購入する
  2. 2~3日という圧倒的短時間で届く
  3. GW前までにやりたいゲームをインストールする余裕ができる
  4. GWは最高画質のヌルヌル環境でゲームを存分に楽しみ尽くす!

最高や…最高やな…ワイにはGWの休みはないけれど連休の人はこれが出来るんやで…

1日中最高のグラフィックスがヌルヌル動く環境を好きなだけ遊んで

「うわ~今まで我慢してたゲームライフはなんだったんだ!」

「SNSで高画質SSアップしたらめっちゃいいねもらえる!!動画も撮れちゃう!」

「は~遊びきった!最高の環境で遊び尽くした!幸せ!」

ってならないでどうするの?ゴールデンウィークだよ!?

10連休なら何タイトルだって遊べちゃうよね。

 

ドスパラもこの時期に楽しんでほしいと思って頑張ってくれています。でも最短で3日くらいかかると思ったほうがいい。

だから今すぐに!内容をカスタマイズしても今なら最短で発送してくれますよ。

カスタマイズの要所はメモリだけ!

現在のGALLERIA ZZ i9-9900Kの注文ページを確認した限りでは、オーダー時にカスタマイズするならメモリだけでOKです。

メモリ

img_5bf389d3717e9-700x307

例えば「黒い砂漠を放置金策しつつ他のゲームをしたい!」という場合は2つのゲームを動かせるだけの「メモリ」が必要です。

そうすると16GBでは足りないことがあるので32GBをおすすめします。

後はそのままでオーダーすれば最短で届きます!

もちろん、そこまでヘビーにゲームをしないよ、ということなら16GBでいいと思います!

 

>>ドスパラでGALLERIA ZZ i9-9900K(RTX 2080 Ti搭載)を見る

 

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

【今日のおすすめ】

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - ドスパラPC関連、実機詳細レビュー

スポンサーリンク

Google