おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【ドスパラ】RTX 3080搭載のGALLERIAが3機種同時に発売開始。どれを買うか?

   

新型グラフィックボード「GeForce RTX 3080」を搭載したGALLERIAが発売を開始しています。

GALLERIAシリーズのケースの特徴

まずはGALLERIAのケース的な特徴を先にざっくりお伝えします。(以降の画像はRTX 2080 Ti搭載のGALLERIA ZA7C-R80Tであることをお断りしておきます)

ケースが刷新されて内部の配線がケース背面側を通る「裏配線」となり、フロントファンも140mmになってエアフローが増強されました。

SSDHDDは裏側にセットされるようになり、ケース内部も洗練された印象です。

PCIeスロットは頑丈に補強されたモデルになっていて、大型化が懸念されるRTX30シリーズへの対策がされています。

グラフィックボードのブラケットは、挟み込んで頑強に固定する仕組みが採用されています。

重量級のグラフィックボードの場合は必要に応じて上下からカードを挟み込んで固定するサポートがつくとのことです。

それでは、RTX3080マシン3種のラインナップを見て行きましょう。

 

【最上位モデル】GALLERIA UA9C-R38

ドスパラ / CPU:i9-10900K / GPU:RTX 3080 / メモリ:32GB / ストレージ:1TB SSD, 2TB HDD

GALLERIA UA9C-R38は最上位モデルで、アルミパーツを使用したケースが外観上の特徴です。

標準構成

  • CPU
    インテル Core i9-10900K (3.70GHz-5.20GHz/10コア/20スレッド)
  • CPUファン
    Scythe 虎徹 MarkⅡ(SCKTT-2000)
  • グラフィック機能
    NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3/LEDライティング機能搭載)
  • 電源
    750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
  • メモリ
    32GB DDR4 SDRAM(PC4-23400/16GBx2/2チャネル)
  • SSD
    1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)
  • ハードディスク/SSD
    2TB HDD
  • マザーボード
    インテル Z490 チップセット ATXマザーボード

 

【上位モデル】GALLERIA ZA9C-R38

ドスパラ / CPU:i9-10850K / GPU:RTX 3080 / メモリ:16GB / ストレージ:1TB SSD

GALLERIA ZA9C-R38は上位モデルです。ケースはガンメタリックのスタンダードケースとなっています。

標準構成

  • CPU
    インテル Core i9-10850K (3.60GHz-5.20GHz/10コア/20スレッド)
  • CPUファン
    Scythe 虎徹 MarkⅡ(SCKTT-2000)
  • グラフィック機能
    NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3/LEDライティング機能搭載)
  • 電源
    750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
  • メモリ
    16GB DDR4 SDRAM(PC4-23400/8GBx2/2チャネル)
  • SSD
    1TB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 3000MB/s)
  • マザーボード
    インテル Z490 チップセット ATXマザーボード

 

【エントリーモデル】GALLERIA XA7C-R38

ドスパラ / CPU:i7-10700 / GPU:RTX 3080 / メモリ:16GB / ストレージ:512G SSD

GALLERIA XA7C-R38CPUのオーバークロック機能などをオミットしたエントリー向けのモデルです。ケースはガンメタリックのスタンダードケースとなっています。

標準構成

  • CPU
    インテル Core i7-10700 (2.90GHz-4.80GHz/8コア/16スレッド)
  • グラフィック機能
    NVIDIA GeForce RTX 3080 10GB GDDR6X (HDMI x1,DisplayPort x3/LEDライティング機能搭載)
  • 電源
    750W 静音電源 (80PLUS GOLD)
  • メモリ
    16GB DDR4 SDRAM(PC4-21300/8GBx2/2チャネル)
  • SSD
    512GB NVMe SSD (M.2 2280, 読込速度 3200MB/s, 書込速度 2000MB/s)
  • マザーボード
    インテル H470 チップセット ATXマザーボード

GeForce RTX 3080のスペック

出典:Nvidia

NVIDIAによればRTX 3080はRTX 2080の2倍の性能を持つとされており、最上位であったRTX 2080 Tiよりも高速です。

特に4K解像度などの高解像度環境で力を発揮します。

これまでのRTX20シリーズでは「4Kゲーミングは60fps出ればなんとか」という感じでしたが、RTX 3080シリーズでは4Kがまさに実用域となり、最近予約を開始したばかりのPS5を過去に追いやるほどの描画性能を発揮するといっても過言ではありません。

単精度浮動小数点数

RTX 3080
29.8TFLOPS
RTX 2080 Ti
13.4TFLOPS
RTX 2080 SUPER
11.2TFLOPS
PS5*
9.2TFLOPS
RTX 2070 SUPER
9.1TFLOPS
GTX 1660 SUPER
5TFLOPS

*wccftech.comによる

グラボスペック比較表

GPU RTX 3080 RTX
2080
Ti
RTX
2080
SUPER
RTX
2080
RTX
2070
SUPER
RTX
2070
RTX
2060
SUPER
RTX
2060
GTX
1660
Ti
アーキテクチャ Ampere Turing
CUDAコア 8704 4352 3072 2944 2560 2304 2176 1920 1536
ブーストクロック(MHz) 1710 1545 1815 1710 1770 1620 1650 1680 1770
ベースクロック(MHz) 1440 1350 1650 1515 1605 1410 1470 1365 1500
メモリ速度 19Gbps 14Gbps 15.5Gbps 14Gbps 14Gbps 14Gbps 14Gbps 14Gbps 12Gbps
標準メモリ構成 10GB
GDDR6X
11GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
8GB
GDDR6
6GB
GDDR6
6GB
GDDR6
メモリインターフェイス幅 320bit 352bit 256bit 256bit 256bit 256bit 256bit 192bit 192big
メモリ帯域幅 760.3GB/s 616GB/s 496GB/s 448GB/s 448GB/s 448GB/s 448GB/s 336GB/s 288GB/s
リアルタイムレイトレーシング対応 ×
Tensorコア ×
NVIDIA G-SYNC®
NVIDIA G-SYNC® Compatible
NVIDIA® Ansel
VR Ready
最高GPU温度 93℃ 89℃ 89℃ 88℃ 88℃ 89℃ 89℃ 88℃ 95℃
電力 320 260W 250W 215W 215W 175W 175W 160W 120W
推奨システム電力 750W 650W 650W 650W 650W 550W 550W 500W 450W

 

「GALLERIA UA9C-R38」か「GALLERIA ZA9C-R38」がおすすめ

RTX 3080を搭載した3台のマシンのうち、どれを買うのが良いでしょうか?

まず見るべきはCPUです。

RTX 3080を活かしきるためにもCPUはなるべく妥協しない方が良いです。CPUが足かせとなってRTX 3080の性能を出し切れない場合があるからです。

i9-10900K(UA9C-R38)
5300MHz
i9-10850K(ZA9C-R38)
5200MHz
i7-10700(XA7C-R38)
4800MHz

3機種の大きな違いはCPU性能にあります。

ドスパラ / CPU:i9-10900K / GPU:RTX 3080 / メモリ:32GB / ストレージ:1TB SSD, 2TB HDD

GALLERIA UA9C-R38は最高のゲーミングCPUであるi9-10900Kを搭載しています。メモリも32GBなので十分でしょう。ストレージなどもヘビーゲーマーの人が満足できる初期サイズだと思います。

ドスパラとして出している一番良いマシンなので、スペック的にはこれが一番おすすめです。

 

ドスパラ / CPU:i9-10850K / GPU:RTX 3080 / メモリ:16GB / ストレージ:1TB SSD

2台の間のグレードがGALLERIA ZA9C-R38です。

CPUがi9-10850Kになっています。CPUだけで約1万円の差があるのですが、10900Kに比べると動作クロックが100MHz低い程度の違いであり、それでいてi7-10700よりは400MHz高いです。

GALLERIA UA9C-R38とのスペック的な差異はメモリ搭載量が16GBでHDDがついていない点です。

メモリストレージは必要に応じてユーザーでアップグレードしやすい部分なので、初期コストを抑えたい場合はコレもいいですね。

 

ドスパラ / CPU:i7-10700 / GPU:RTX 3080 / メモリ:16GB / ストレージ:512G SSD

GALLERIA XA7C-R38は最も安価なモデルです。CPUにはi7-10700を搭載しているのですが、これがちょっと物足りなく感じる可能性があります。

以前i7-10700と2070SUPER搭載のGALLERIAをレビューした際にも、10700の性能限界で2070 SUPERを活かしきれないゲームがちょいちょいありました。

CPUをそこまで使わないようなゲームで4Kゲーミングをする場合は良いと思いますが、高fpsを狙うとなるとCPUで伸び悩むシチュエーションがあるかもしれません。

H470チップセットでありCPUもK付きモデルではないので、マザーボードCPU共にオーバークロックには対応していない点も考慮してください。

 

※構成などは執筆時点のものです。最新の情報は各製品ページをご確認ください。

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

【今日のおすすめ】

Twitterで正方形のゲーム動画を撮って出しする時に使ってる秘密兵器

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - ドスパラPC関連、実機詳細レビュー ,

スポンサーリンク

Google