おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】アバターの自由な組み合わせでボーナス効果!発動条件などを解説

   

2018年1月10日のアップデートで、アバターの「同一セット縛り」による追加効果がなくなり、自由なアバターの組み合わせでボーナス効果が得られるようになりました。

今までとどう変わったのかについて、改めてまとめていきたいと思います。

既存のアバター効果と同じところ

まず、一般アバターの個別の着用効果は変わっていません。これらはセットに関係なく、着用すれば発動します。

  • 頭:探索発見距離 + 10m
  • 胴:死亡時のペナルティー -10%
  • 腕:親密度獲得量 + 10%
  • 足:ジャンプの高さ + 0.5m

また、複数部位が一体となっているアバターは、上記効果の該当部位効果が全て含まれています。この点も変わっていません。

 

セット効果の変更点

アプデ前までは一般アバターを一式着用すると、ボーナスとして以下の「セット効果」が発動していました。

既存のセット効果

戦闘経験値獲得量+10%

これが変更となり、以下のように変わりました。

新規セット効果

この表記があるアバター同士で組み合わせれば、衣装の種類が違ってもセット効果が発動するようになりました。この表記があるのは一般アバターの他、イベント品の衣装([EV]~)にもついているようです。

4~8部位のボーナス内容

セット効果が発動するアバターであれば、以下の8箇所をアバター名に関係なく、自由に組み合わせることが出来ます。

  1. メイン武器
  2. 補助武器
  3. 覚醒武器
  4. 下着

このうち4~8箇所を着用すれば、以下のセット効果が得られます。

  •  4部位:戦闘経験値獲得量+ 10%
  • 6部位:戦闘経験値獲得量+ 10%、技術経験値獲得量+ 10% 
  • 8部位:戦闘経験値獲得量+ 10%、技術経験値獲得量+ 10% 、装備の耐久度消費-10%、死亡時ペナルティー -10%

 

注意!機能性アバターとは共存不可

おさかなウェア、シャークウェア、エント迷彩服、砂漠迷彩服、ベニア乗馬服、ベネシルドレス、カルキスーツについては機能性アバターとなり、上記のアバターセット効果に含むことが出来ません。

例えば武器アバターのみをエントにした場合、セット効果部位としてカウントされません。

クリナリアンアバターの場合は、一般アバターと機能性アバターの両面を持ち合わせており、料理時には武器以外をクリナリアン一式セットで着用しなければ、料理経験値ボーナスや時間短縮効果が発動されません。

衣装化した製作服も不可

「アーホン・キルスアーマー」など、衣装交換券でアバター化できるアイテムがあります。これらの衣装化したものも「機能性アバター」の扱いになり、セット効果の対象には入らないようです。

参考:



 - アバター, ゲームシステム ,

スポンサーリンク

Google