おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】狩場に所有権はない!だからおっさんがしていること

   

黒い砂漠の狩場は意外と狭くて、一箇所に数人~1PTが入ると枯れてしまうところが多いです。そのため「狩場の権利」を主張して揉めたりすることがよくあるようですが、できるだけ揉めたくない場合はどうしたら良いでしょうか。

おっさんは次のような感じで無用なトラブルを避けています。

早めに狩場に入る

夜時間などになれば経験値ボーナスを求めて狩場に人が多く入ってくるでしょう。なので、夜時間の10分~15分くらい前から狩りを開始します。

例えば20:40~21:20、0:40~1:20などは、一日のうちで狩場が最も混む時間帯でしょう。

しかし、夜間はリアルタイムで40分しかないので、1時間バフを入れたとしても20分は余裕があります。そのため、早めに行って空いているところをルート狩りしつつ、リポップコントロールを開始します。

黒い砂漠時計

当ブログのウィジェットバー(右側)には、黒い砂漠の時間の目安をお知らせする「黒い砂漠時計」がついています。

ここで「夜」チェックボックスをオンにしておくと、ゲーム内の夜時間10分前にポップアップでお知らせしてくれます。サウンド通知も入れれば合わせて通知音がなります。(ブラウザの通知許可設定が必要です)

これを利用して、ちょっと早めに狩場に入るようにしています。

PK遭遇リスクや対策を考えて狩場を選ぶ

ガッツリレベリングしたい時は砂漠地帯などのPK可能ゾーンでのレベリングは避けています。個人的には砂漠地帯はPK可、というよりは「フリーPvPゾーン」だと思っていて、基本的には強い者が正義の場所かなと思います。

なので、PKが返り討ちにあったら嬉しくないような場所、つまり砂漠地帯以外でサクサク狩れる狩場で狩る。これが今までで一番トラブルが少なかったです。

自分のルートをしっかり作る

行き当たりばったり、空いている場所を縫うように狩る人がたまにいますが、そういう狩り方はトラブルを招きやすいようです。ある程度のルート(周回路)を設定し、その中で狩るようにすることで、お互いのテリトリーをわかりやすくすることができます。

実力差で対応を変える

あくまで個人的には「狩場に先にいた人」を尊重したいと思っているので、人がいるところにはわざわざ行きません。しかし、自分のあとから人が来て、どうもルートがかぶっているという時はあると思います。その場合は相手によって対応を変えます。

相手が見た感じで自分と同等以上のクラスの場合は、揉めるとリスクがあるので実力を鑑みて手を引きます。

相手の邪魔をしない範囲の狩りルートに切り替えたり、あまりに混んでいる時はchを変えたりもします。

逆に相手の方が明らかに格下であれば、周りのMOBを素早く片付けてプレッシャーをかけて追い出しを狙ったりもします。

おっさんの場合、砂漠地帯以外のレベリングゾーンでは、だいたいこれでバランスが取れ、直接的PvPに至ることは稀です。

また、足を止めての話し合いをすることもほとんどありません。お互いプラスになるような話し合いになることが少ないからです。また、喋っている間に他の人に取られてしまったこともあります…

いずれにせよ狩場に出れば既にPvPゾーン。LV50以上では、そういった狩場での立ち回りが求められるのではないかと考えています。

ペットに犬を用意する

さて、そこまでやっても仕掛けてくる人はPvPをONにして仕掛けてきます。

PK対策として、犬系の「敵対冒険者探知」をオンにしておくと、多少早い反応ができます。犬特技をONにする場合は、猫の「採集物探知」や、鳥の「レアモンスター探索」の特技を切るようにしています。(エフェクトが同一のため勘違いする)

奇襲は基本的に、仕掛ける側がタイミングを作ることが出来るので有利です。同格の相手だとなかなか返り討ちにすることは出来ないかもしれませんが、だからこそ奇襲に勝った時には誇らしい気分になれます。

しかしやはりPKを狙ってくる人たちは上手いので、PvPの練習や反撃のためのエリクサー準備なども必要だなあと思う今日この頃です。



 - 狩り・レベル上げ ,

スポンサーリンク

Google