おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

若い人に伝えたい「クレカ」の話

   

大学生(学部卒)の就職率は98%。ほとんどの人が就職します。

その反面「はぁ~、会社やめよっかな」と思っている方も、少なくないと思います。

新卒と退職予定。そんな対局にあるシチュエーションの両方の方に、おっさんがぜひ薦めたいものがあります。

クレジットカードの作成」です。

え、なんでクレカなのかって?

それは、今作らないとしばらく作れなくなったり、色々な便利なサービスが使えなくなる可能性があるからです。

現代ではクレカは必須です。クレカの利用シチュエーションとは

クレジットカードに皆さんはどんなイメージを持っているでしょう。

ゲーマーの人はSteamやネットゲームの課金などでめちゃくちゃ役に立ちますよね。

いちいちコンビニにWebMoneyとか買いに行かなくても、即決済できて便利です。

 

しかし、クレジットカードが必要なシチュエーションはもっと、生活の基本的なところにあるのです。

  • プロバイダやスマホ代など、毎月引き落としの支払い
  • 持っていることによる社会的信頼性
  • 海外の買い物や取引
  • 海外での信用、保険になる

このあたりですね。

特に娯楽以外でのライフラインの引き落としがポイント。

例えば最近話題の格安スマホのSIMカード(MVNO)。

スマホのコストが抑えられることから、そんなに通話もネットワークも使わない人に人気です。

おっさんはIIJmioを使っていますが、クレカ払いのみで、銀行引き落としはありません。

他の多くのMVNOもクレカオンリーのところが多いです。

また、ネットのプロバイダも基本的にはクレカ払いが多いです。

継続的なライフラインの支払いがクレカという時代なんですね。

だから、「クレカ持ってない」というのはもはや、「人としてヤバイ」という評価に入ってきます。

 

まだ口座振替が使えるプロバイダ、あんまりないっすね。

この記事の趣旨とは離れるのですが、せっかく調べたので並べときます。

口座振替利用可能なインターネットプロバイダの例

クレカは「収入があることの証」

何でライフラインがクレカ払いかというと、クレカ自体、銀行口座より作るハードルが高く、信用性があるからなんです。

そもそも「クレジット」とは「信用」の意味を持っています。

クレジットカードとは「信用によって後払いが出来るカード」のことなのです。

もちろん銀行口座も必要です。銀行口座作成をパスして、更に収入もあると証明されている。

ですから、お金が入ってくる予定がない人は作れないんですね。

アルバイトでもなんでもいいから、仕事をしていないと作れないのです。

というわけで、クレジットカードを持っている人は、社会的信用が高い人…ということになるのです。

クレジットカード申込みの審査は厳しい

例えば、新卒入社後3日で会社をやめた!なんて話をたまに聞きます。

今の時代、それも全然アリだと思うんですよ。変な会社も多いし、合わない仕事は元気なうちにやめるのが鉄則ですよ。

ただ、やめてしまうと暫くの間、クレジットカードを作ることは出来ない可能性が高いのです。

新卒ですぐにやめて、もちろん次の会社も決まっていない。つまり収入が不安定。

収入が安定しない状況では、クレジットカード作成って超厳しいんですよね。

クレジットカードはキャッシング(お金を借りること)も容易にできるので、返済見込みがない人はお客さんとして困るわけです。

審査に落ちると半年は作れない

そして、クレジットカード審査に落ちると…半年の間ブラックリストに入ってしまいます。

半年の間、クレカを新規に作ることは難しくなるでしょう。

個人事業主(フリーランス)になると、定期的収入が安定しないと厳しい

個人事業者がクレカを作る場合、確定申告を行い、確定申告書B第一表と青色申告決算書、または収支内訳書をカード会社に提出して審査を受ける必要があります。

まずこの辺がめんどくさいので、独立するぞ!という前にカードを作る方が多いですね。

ここまでのまとめ

  • クレカでなければ支払えないプロバイダやMVNOなどが増えてきている
  • 海外での買い物にはクレカ(特にVISA)が必要
  • クレカを作るには安定した収入が必要
  • 仕事をやめたりするとクレカ作成の審査が厳しくなる
  • 審査に落ちると信用が落ち、半年は作れない

だからこそ、今なら確実に作れる!という時に作るのが大事です。

新卒や安定した仕事をしているうちにカードを作ろう

では、クレカを作る(審査を受ける)のに適したタイミングとはどういう時でしょうか。

18歳以上の学生(高校生除く)

クレジットカードは高校生以外の18歳以上であれば、学生でも本人名義のものが持てます。

おっさんも最初にカード持ったのは20歳くらいだったかな。

年会費無料の学生専用カードなどを用意しているカード会社もあります。

「三井住友VISAデビュープラスカード」は学生向けの最初の一枚におすすめです。

申し込みも年会費も無料で、貯まったポイントはAmazonギフト券などに交換できます。

新卒入社時

社会人になって一人暮らしなど、各種支払いのためにクレジットカードを作る人が多いです。

新卒時はまだ仕事の実績実績がないのですが、各カード会社は「うちで最初のカードを持って欲しい」と思っているので、ここも通りやすいですね。

会社に安定して勤めているタイミング

会社勤めが安定していれば問題なく審査に通るでしょう。

世帯主が安定して稼いでいるタイミング

主夫、主婦として配偶者の扶養に入っている場合も作れますよ。扶養者が安定して稼いでいれば作れます。

これらの状況にあれば、すぐにでも作ったほうが良い

大学生や専門学校生、新卒入社時、転職直後ではない安定した稼ぎのある時、旦那が元気でお仕事をしている時。

このタイミングでクレジットカードを作りましょう。

持っておきたいクレカは2種類ある

おっさんのおすすめは「プロパー」「提携」の2枚のカードを作ることです。

大人らしい安定の一枚「三井住友VISAクラシックカード」

まずは「クレジットカード会社の発行したカード(プロパーカード)」を作りましょう。

これを選ぶ大きな目的のひとつが、社会的信用のためです。

The 定番、スタンダード。三井住友VISAクラシックカード。

何も言わずとも、ちゃんとしている感じがしません?

スーツ姿に似合いそうですよね。どこにでも出せますよね。

「どこどこのお店のファンですよ」というニオイが漂うわけではなく、ただ「支払いとしてのカード」の風格があります。

それがクレジットカード会社の発行した「プロパーカードの力」です。仕事関係や交友関係で出しても恥ずかしくありません。

社会人として1枚持っておきたい、大人向けカードなのです。

 

年会費は初年度無料です。翌年からは基本的に税抜1,250円かかります。

年会費を取るカードだからこそ、信用度と保証などの特典が無料カードとは段違いです。

VISAは世界のどこでも使えるので、海外で買い物したいときなどにも良いですね。

 

海外旅行に行くなら必須の「海外旅行傷害保険」つき

海外旅行時の傷害保険がついているので、海外に行って病気になってしまった際の治療費などを出してくれます。

海外の医療費って凄く高いんです。

例えばアメリカで救急車を呼ぶとどうなるでしょうか。

約12万円かかります。

こういう不慮の支払いの保険料がクレジットカード会社から出るんですよ。助かりますよね。

レンタカーを借りて事故を起こしてしまった…そういう際の賠償責任額も負担してくれます。

いざという時「持っててよかった…」というやつですね。

一般的な「三井住友VISAクラシックカード」では、出国するまでの間、旅行に関係する公共交通機関や、ツアー代金の支払いなどに使えば保険が適用されます。

なお、これは普通についてくる特典なので加入料などはかかりません。

 

お買物安心保険(動産総合保険)

また、3回以上の分割で値段の大きいものを買う場合、ショッピング補償(上限100万円)が適用されます。

これも大きい。

以下の物「以外」が、正常な利用で壊れたり、盗難された場合に自己負担3000円で保証されます。

補償の対象とならない主な商品
  • 船舶(ヨット、モーターボートおよびボートを含む)、航空機、自動車、自動二輪車、原動機付自転車、自転車、雪上オートバイ、ゴーカート、ハンググライダー、パラグライダー、サーフボード、セーリングボート、ラジオコントロール模型およびこれらの付属品
  • 移動電話、ポケットベルなどの携帯式通信機器およびこれらの付属品
  • 義歯、義肢、コンタクトレンズその他これらに類するもの
  • 動物および植物
  • 現金、手形、小切手、その他の有価証券、印紙、切手、乗車券など(鉄道・船舶・航空機の乗車券・定期券・宿泊券・観光券および旅行券をいいます)、旅行者用小切手およびあらゆる種類のチケット
  • 食料品
  • 稿本、設計書、図案、帳簿その他これらに準ずるもの
  • 不動産および不動産に準ずるもの
  • 会員が従事する職業上の商品となるもの

このように、車やバイク、自転車などの乗り物、スマホ、チケットなど、盗難リスクの高いものは除外されています。

ではどういう物に使えるでしょう?

ゲーマーに関係する保証として考えやすいのは、ノートパソコン盗難です。

例えばゲームも出来るような高級ノートPCを分割3回で買うじゃないですか。

故障はもちろん、メーカー保証が利用できますよね。

でももし買ってすぐに盗まれてしまったら?

メーカーは盗難は保証してくれないでしょう。

こういう時、三井住友VISAカードで買っておくと、3000円で新しくPCが戻って来ますよ、というわけ。

こういった保険も年会費に含まれているので、3回以上の分割で値段の大きいものを買う場合には信頼性が高いカードなんです。

 

以上、海外旅行傷害保険、最大100万円までの動産総合保険、そして何より見せた人への安心感を与えるのが「三井住友VISAクラシックカード」です。

新卒の人はまずクラシックカードを作りましょう。

無料でのお申込はこちら

学生さんはポイントが2倍になる「デビュープラスカード」がおすすめです。

三井住友VISAカードのポイント2倍学生カード

「楽天カード」などの提携カードでポイントを稼ぐ

プロパーカードはお堅い場で使うとして、もっと「ゆるいカード」もあります。

日常使いでお得になるカードは「提携カード」と呼ばれるものです。

企業がカード会社と提携して出してもらっているカードになります。

つまりこれは「お得にするからうちで買って!」というためのカードなんですね。

だからよく使うお店のカードなどを使うとお得度が高いです。

ネットショッピングといえば、楽天とAmazonでしょう。

楽天では「楽天カードimpression?a_id=1208911&p_id=58&pc_id=58&pl_id=668」を出していて認知度があります。日常使いで楽天スーパーポイントが貯まって便利ですね。

Amazonでも「Amazon Mastercard クラシック」などを出しています。

おっさんはAmazonも楽天もどっちでも買いますが、実は支払いはどっちも楽天カードimpression?a_id=1208911&p_id=58&pc_id=58&pl_id=668にしています。

Amazonのカードは年会費がかかり、Amazonでしかポイントが使えないのと、ポイント率がちょっと低いんですよね。

楽天カードの場合はなんといっても申し込み、年会費無料ですし、ポイントの使い先に「楽天市場」があります。

Amazonは電子機器、本、映像などは結構強いので、そういうものはおっさんもAmazonのリンクで紹介させてもらっていますが

例えば衣料品や食べ物などは楽天のほうがよく揃ってるんですよね。

なので、Amazonで電子機器などを「楽天カードimpression?a_id=1208911&p_id=58&pc_id=58&pl_id=668」で買いつつ、貯まった楽天スーパーポイントで楽天市場で服や食品などの日用品を買う。

こんな感じで使っています。

あとはスマホの支払いも楽天カードにするとポイントになります。

3大キャリアなどの他、楽天モバイル は自社グループなのでポイントになるんですね。おっさんも楽天モバイルにしちゃおうかな。

…とまあ、このような形で上手く使うとどんどんポイントバックされてお得になるのが提携カードの強みです。

提携カードは皆さんのライフスタイルに合わせて選ぶと良いと思います。プロパーだけはガチ。

ブランドは「VISA」がダントツです

そうそう、VISAやJCB、MasterCardなど、クレジットカード選びで大事なのが「カードブランド」です。

これは一枚選ぶならVISAで間違いないです。圧倒的な普及率で、世界のどこでも使えると言っても過言ではありません。

今は海外旅行に行かずとも、海外のサービスに支払ったり、海外ショップを利用する時代です。

例えばこれ、うちでも紹介しているreWASDというゲームパッド補助ソフトの支払いページ。

クレジットカードはVISAとMasterCardしか使えません。

PayPalを介せばJCB支払いもできますが、PayPalに登録したりしないといけないし、めんどくさいですよね。

JCBは日本国内では有名で、国内なら大抵どこでも使えますが、海外での買い物などには使えないことが結構あるんで、セカンドブランドです。

なので最初の一枚は世界標準であるVISAのカードを作っておく。これだけは覚えてってね!

三井住友VISAカードはもちろん、楽天カードimpression?a_id=1208911&p_id=58&pc_id=58&pl_id=668もVISAで作れますよ。

おわりに

お金で困ることなんてないほうが良いです。

ただ、いつ、どんな理由であなたが会社をやめることになるかわかりません。

超ブラックな会社から逃げる際には、転職先なんて決まらないまま、逃げるようにやめるしかないこともあります。

そして、いざ辞めてしまうと新規にクレジットカードが作れません。

カードが作れなくなると、格安スマホの新規契約や、プロバイダの支払いなどで不便します。

その時に「カードを作っておいて本当に良かったなあ」と思うはずです。

なのでブラックから逃げたい!転職したい!と思ったら、まずは「信用できるクレジットカード」を作ることです。

そして、そんな状況にまだならないだろう、と思っている新卒の人も、「もしもの事態」に備えて作っておいたほうが良いのです。

三井住友VISAカードなら「最短3営業日発行!」

【今日のおすすめ】

2万円で144Hzデビュー!ドスパラ限定の格安モニターです。60Hzモニタからの乗り換えやサブ用におすすめ。

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する


 - お金と仕事 , , ,

スポンサーリンク

Google