おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

2分でわかる!Windows10でのパソコンのスペック(動作環境)の調べ方

   

PCゲームなどをプレイするためには、自分のパソコンのスペックがわからないといけません。

トラブルがあった時にも「PCのスペックはどんな感じですか?」と聞かれることがあります。

そこで、Windows10のスペックを簡単に調べるための方法をご紹介したいと思います。

「ディスプレイ設定」を表示させる

Windows10では「ディスプレイ設定」の画面からPCの主要なスペックを確認することができます。

デスクトップの何もないところを右クリックしてメニューを表示します。

「ディスプレイ設定(D)」の項目をクリックします。

このような画面が出ればOKです。

このウインドウの中から、それぞれ必要な情報を読み取っていきます。

グラフィックボード(グラボ、GPU)

グラフィックボードはコンピューターグラフィックスを司るパーツで、パソコンゲームでは非常に重要となるパーツです。

「ディスプレイ」メニューの「アダプターのプロパティの表示」をクリックします。

下図のようにプロパティウインドウが立ち上がります。

アダプター情報枠内の「チップの種類」がグラフィックボードの種類です。

「専用ビデオメモリ」はそのグラフィックボードが積んでいる VRAM の量です。

Windowsの種類、CPUとメモリ量

CPUやメモリの量もPCゲームには重要な要素です。

「バージョン情報」メニュー内に記載されています。

プロセッサ:CPUの種類

CPUの種類はここに書いてあります。i7-8700などがCPUの型番です。

@ 3.20GHzという数値は動作クロック数というもので、平たく言えば演算パワーです。数値の大きいほうが優れています。

実装RAM:メモリの搭載量

メモリをどれくらい積んでいるか(PCが認識しているか)を表示しています。PCゲームをやるなら16GBは欲しいですね。

システムの種類:Windowsが何ビットか

Windowsには64bit版32bit版があります。32bit版ではどれだけメモリを積んでも4GBまでしか扱えません。

必ず64bitのWindowsが搭載されたPCを買いましょう。

エディション:Windowsの種類

Windows10には色々なエディション(グレード)があります。個人用途ではHomeかProになるでしょう。

ProはWindows10の自動アップデートをオフにする機能がついていますが、Homeでもできなくはありません。

ストレージ(SSDやHDD)の空き容量

SSDやHDDの空き容量(特にCドライブ)が少なくなると、システムがファイルを置けなくなったりして、動作が不安定になる原因となります。

「ストレージ」メニューを開き「ローカル ストレージ」と書かれたところに表示されているものは、PCの中にあるSSDやHDDです。

特にCドライブは常に空きを作ってください。5GBくらいは空いていたほうが良いと思います。

まとめ:Win10は「ディスプレイ設定」でスペックが大体調べられる

  • CPUの種類
  • メモリ
  • グラフィックボードの種類
  • OS(Windows)の種類
  • ストレージ

これらの非常に基本的な項目になりますが、ゲームの必要動作環境にも載っていますし、トラブル時によく聞かれる項目でもあります。

Windows10では「ディスプレイ設定」の項目内にこれらが集約されているので、是非参考にしてください。


 - PC環境 ,

スポンサーリンク

Google