おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】ブラーをかけずに4K/8KウルトラSSを撮る方法

   

アプデ後「カメラエフェクトを切ってもブラー(残像)がかかる」という現象が出ています。

隠れた仕様変更があったのかわかりませんが、とりあえず今までどおりに撮れません。

おっさんの環境でもリマスターやウルトラモードでブラーがかかったようになってしまいます。

一番困るのがSS撮影時です。

SSがブルァァ!になっちゃう!

これです。動いた部分だけがボケる、カメラで言うところの「シャッタースピードが遅い」みたいな状況になってしまいます。

多分4Kとか8Kとか、レンダリングにそれなりに時間がかかるケースでなりやすいと思うんですね。

これはこれで効果として面白いんですが、せっかく新しく素敵なアバターが出たのでなんとかキレイな8Kショットを撮りたい!

そこでやっつけで編み出したテクがこちら。

NVIDIA Ansel + 4K/8K撮影

NVIDIA Anselです。Anselについては過去記事で紹介してるのでご存知でない方はそちらをご覧ください。

スクリーンショット設定で、4Kや8Kモードを選択し、画角をある程度決めた状態でAlt + F2でAnselを起動します。

フィルターなどで色調補正をしたい場合は補正します。

そして「スナップ」…ではなく、PrintScreenで撮影します。

そうすると、上図のように、AnselのUIがまるごと入った4K/8KのSSが撮れるんですね。

Anselの超解像度機能を使ってのスナップも可能ですが、独自の拡大処理を行うのでちょっと見た目が変わっちゃったりしてたんです。

PrintScreenでUIごと撮影すると、Anselのフィルター効果をかけつつも、黒い砂漠の内部処理での4K/8K撮影が安定して出来るのです。

終わったら画像編集ソフトでトリム

黒い砂漠側の機能で撮っているので、撮影したファイルは黒い砂漠のSSフォルダに入っています。

AnselのUIが入っちゃうので、適当な画像編集ソフトで切り抜いて保存します。

なお、おっさんはいつも8KからFHDレベルに縮小をかけてWebに掲載しています。

大体まだFHDくらいのモニタで見ている人が多いですし、Twitterの画像は縦横最大2048pxまでらしいので上げる前に自前でキレイにサイズダウンした方が良いかなと思います。

というわけで、スクリーンショットの小ネタでした。

【今日のおすすめ】

2万円で144Hzデビュー!ドスパラ限定の格安モニターです。60Hzモニタからの乗り換えやサブ用におすすめ。

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する


 - スクリーンショット, バグ・トラブル , , ,

スポンサーリンク

Google