おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】北米/EUサーバーの「映像コンテスト」入賞作品をご紹介

   

リマスターを記念した映像コンテストが北米/EUサーバーで行われ、その結果が出たようです。トップの10作品をご紹介します。

10位:Dark_Avenger さん[EU]

NPCを中心に世界の動乱を表現されています。

9位:Fermionさん [EU]

BGMとシンクロさせたシーンが見どころ。

8位:PsychoticJinxさん[EU]

様々なシーンとクラス、PvP要素などが取り入れられています。

7位:House_Mytilusさん[EU]

タイムラプスや語りなどを取り入れたシネマティックな映像に仕上がっています。

6. Jowiさん[EU]

それぞれのキャラクターにストーリー性を持たせたムービーです。

5位:WolfyPlayssさん[EU]

スローモーションを効果的に使い、静と動のコントラストが強調された作品です。21:9での作品。

4位:Mijikuiさん[NA]

ランを主人公としたストーリー性を感じさせる作品。各地の風景が美しいです。

3位:Cythoさん[NA]

じっくりと舐め回すようなカメラマークが本格的な映像に感じさせる作品。

2位:AfterEffectsさん[EU]

映像の質、効果、BGMとの親和性、全てにおいて高い次元でまとまっています。

1位:Veialisさん[EU]

風景と戦闘の両方をフィーチャーし、構図の作り方なども上手く質の高い映像を作られています。

上位入賞者に共通するポイント

ゲームパッドを使い、滑らかなパンやティルトを実現する

撮影の際に滑らかなパン、ティルト(カメラ移動)を実現するために、視点移動にはゲームパッドが用いられています。

マウスではどうしても持ち替えや移動速度の変化が発生しやすく、一定のスピードでのカメラワークが難しいです。

しかし、ゲームパッドの場合は一定の角度にスティックを倒すだけで一定量の移動が続くので、滑らかに撮影ができます。

黒い砂漠では「XInput」対応のゲームパッドが使えます。

 

XInputの標準的コントローラーであるXBOX One ワイヤレスコントローラーはBluetoothでの接続が可能です。

Bluetoothがついていないデスクトップマシンでは、このようなUSBドングルを一緒に挿して使います。

早回し、スローモーションなど時間軸の編集

早回しでタイムラプス風の映像を作ったり、スローモーションにして強調する効果を使っている部分が目を引きます。

特にスローモーションは難しい編集技術です。AviUtlでも無料でスローモーション映像を作ることが出来るようです。

より本格的な映像を作る場合はAdobe Premiere Proなどが候補になるでしょう。YouTuberなども御用達です。

クリップの「速度・デュレーション」設定で速度を落とし、オプティカルフローなどで間のフレームを生成して補間します。

この、間を分析して新しく生み出す、というところがプロユースのソフトのスゴイところです。

このような効果が簡単に適用できます。

Adobe Creative Cloud コンプリート版では、Photoshopなども利用できます。

本格的な画像編集や映像制作を学びたい方におすすめです。(趣味としてはちょっと高いけどね)

出典


 - 黒い砂漠

スポンサーリンク

Google