おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】覚醒ガーディアンでとりあえずやってみて欲しいスキルコンボなど

   

待ちに待ったガーディアン覚醒

以前テストサーバーでのファーストインプレッションを行いましたが、少し硬めの場所に行くとやっぱり頭使わないとダメね。

というわけで、今回はアクマン寺院など「敵がダウンしつつ、やや硬い」という狩場を想定してのスキル回し例などを書いていこうと思います。

【空振りでも攻撃速度20%アップ】栄光ある挙行 (↓ + 左クリック)

重要なのが速度アップ効果のあるスキルです。

栄光ある挙行 (↓ + 左クリック)は、攻撃としてはそんなに優れていませんが、使用すると10秒間攻撃速度が20%増加します。

空振りでもOKですし、もちろん当てても良い。2打撃まで当てて、滅神の炎(Shift + Q)にスムーズにつなぐなどが出来ます。

 

【30秒バフオムアの手(Shift + E)

覚醒バフの「オムアの手」の発動中は、竜の顎スキルの溜め不要となり、最大威力が即出しできます。

攻撃力増加、クリティカル増加、命中増加、移動速度増加、クリダメ増加といった強力なバフなので、CTを管理して狩りでも常用しましょう。

【押し出しダッシュ覚醒:進撃 (↑ + F)

メインスキルの進撃(↑ + F)の覚醒版。ただのFG移動ではありません。

PvEではMOBを押し出す効果があり、道中の敵を目的の場所まで押していくことができます。

敵を転倒させてダメージを稼ぐんダヨォ!

火力を上げるには敵に対して適切なCCをかけた上で、ダメージが上昇する攻撃を行う必要があります。

CCの仕様はかなり細かいため、詳しくはCC関連記事(特にこちらの記事)を読んでいただくとして…その中でもわかりやすいのが「ダウン」状態でしょう。

つまり「敵が転倒している状態」です。

ダウン時に「ダウンアタック」属性の攻撃を当てると、与えられるダメージが50%上昇します。

転ばない敵の時は背後からの攻撃を行うと「バックアタック」となって与えられるダメージが50%上昇します。

  1. バックアタックから入り
  2. 敵をまとめてダウンさせて
  3. 威力の高いダウンアタックスキルを決める

これが理想形です。

【翔んでガーディアン天誅からのコンボ

【飛翔&ノックダウン天誅 ( ↓ + F)

飛んでズドーン。HPも回復。ダウン取ってダウンアタックで大勝利というコンボ。

CT18秒なのでなかなかスキルのサイクルに入れるのが難しいのですが、無敵移動攻撃スキルなので重要ですね。

天誅で空中に上がったら、左クリックでその場に落下攻撃でノックダウン、更に右クリックで雪風ダウンアタックに繋がります。

敵の背後に落ればバックアタックが最初に入り、更にダメージ効率アップできます。

  1. 天誅(↓ + F)
  2. 空中で左クリックで落下攻撃
  3. すかさず右クリックおしっぱで雪風ダウンアタックコンボ

【敵を集めつつダウンを取る】竜の顎(Shift + 左クリック)→絶叫する光(左クリックor右クリック)

竜の顎は「溜めスキル」です。3段階まで力を溜めることが出来、溜め段階に応じて威力が上がります。

敵を集める待ち時間を溜め時間として使います。集まったら撃ちます。FGもついているのでそこそこ安全に溜められるでしょう。

クリティカル確率が100%のために威力は高いですが、溜めという行為の関係上相手と正対することになり、バックアタックは狙いにくいです。さてどうする?

竜の顎を溜めてから薄氷渡り(Shift + ↑ or ← or → or ↓)を行うと、移動直後に竜の顎が発動します。要はSRデスジャッジメントみたいな感じ。

これを使ってバックアタックを狙えます。

見えました?

動画だと敵がダウンしちゃってるので最初の一撃目に一瞬バックアタック判定がチラっとだけ表示されます。

ダウンが取れない敵相手だとダメージアップに必須のテクだと思います。

アクマン寺院ではノックダウンCCによって、当たればまあまあの確率で敵が転倒します。

転倒しなくても当たれば敵が10秒間防御力-20になるのでかなりつよつよです。

コンボ:絶叫する光(左クリックor右クリック)

竜の顎からのコンボスキルで、もう一回転します。

こちらにはダウンアタックがついているので、竜の顎ダウンを取れた場合には強力な追加ダメージを狙えます。

先の動画でダウンアタックを発生させているのがこのコンボスキルです。

【30秒バフオムアの手(Shift + E)と併用する

覚醒バフの「オムアの手」の発動中は、竜の顎スキルの溜め不要となって最大威力が即出しできます。

このため敵の背後から強烈な一撃を即時放つことがしやすくなります。

【転倒させる&ダウンアタック滅神の炎(Shift + Q)

覚醒前もお世話になったShift+Qコマンドが再度登場です。

自分を中心にバウンドCCダウンアタッククリティカル確率+50%でお届け!

竜の顎と同様、敵が10秒間防御力-20になることも狙えます。

なのでスキル前半にこれらのスキルを当てておくとその後のダメージ効率が上がりますね。

敵が散らばっていてすぐに倒せそうな相手の時は、竜の顎ではなくこっちから入ることもあります。

打撃ごとにHPが+50回復するので、もうこれはスキルルーティンの中に入れるしかないですね。

このスキルはしょっちゅう使うので、私はこれにモンスター攻撃量25増加、命中力4%増加のスキル特化をつけています。

【転倒させる&ダウンアタック嘆きの牙(Shift + 右クリック) → コンボ:黙殺(右クリック)

まだ敵が倒せないならば自分の火力のなさを呪いつつ、さらにバウンドダウンアタックで追い打ちをかけていきます。

そこで使うのが「嘆きの牙(Shift + 右クリック) → コンボ:黙殺(右クリック)」というコンボ。

嘆きの牙」は敵をダウンさせるバウンドCCがついています。そして攻撃自体にダウンアタック効果がついているので、寝ている敵に大ダメージを与えてくれます。

闘志(MP)が打撃毎に回復するスキルであり、MP枯渇しがちなGDにとっては重要なスキルです。

コンボ:黙殺」は「嘆きの牙」の後に繋がるスキルです。同じくバウンドCCダウンアタック属性の攻撃です。

こちらは単発のダメージが高い上に、MOBに対してクリティカル100%の攻撃となっており、非常に強力な〆スキルとなります。

ここまでのまとめ

  1. 竜の顎(Shift + 左クリック)
  2. コンボ:絶叫する光(左クリックor右クリック)
  3. 滅神の炎(Shift + Q)
  4. 嘆きの牙(Shift + 右クリック)
  5. コンボ:黙殺(右クリック)

このあたりを私はよく使っているのでこの辺からスキルを振っていくと良いと思います。

スキルがSPやLV不足でスキル取れてなかったらかかしを利用しましょう。

覚醒⇔メイン切り替え

覚醒武器メイン武器の切り替え方法について紹介します。

実際の所覚醒武器だけで回せなくもないですが、メイン武器も使えるとなんかカッコイイじゃん?

覚醒→メイン】(真:)オムアの忠告 (↑ + 右クリック)をスキルスロット発動

メインのレベル上げでさんざんお世話になった↑ + 右クリックは覚醒武器状態からでも出すことが出来、メイン武器へ切り替わります。

しかし覚醒スキルには同じ↑ + 右クリックコマンドの戦闘妖精雪風」があります。

覚醒武器ではこちらが優先発動となり、雪風CTの時にはオムアの忠告が発動します。ぐぬぬ。

雪風を使わずにオムアの忠告を出したい場合は、オムアの忠告をスキルショートカットに設定し、ショートカットから出すことが出来ます。

覚醒武器からオムアの忠告を出すメリット

覚醒からわざわざオムアを出すメリットは

  • メインスキルの中でも即発であること
  • 前方移動スキルで攻撃範囲が広いこと
  • バウンドダウンアタックなどを含んでいること
  • メインスキルも使えるインテリジェンスなGDなんだぜというアピール

などがあります。例えばダウンしているHPがわずかな敵への追い打ちとして使ったりすれば、覚醒スキルを使ってCTを発生させずに済みます。

【とにかく範囲攻撃を続けたい】(真:)黒き血の領域 (Shift + Q) → コンボ:黒き血の噴出(Q)

オムアの忠告メイン武器に戻ったらもう一発くらいはメインスキルを撃ちたいのが人情。

そこでおなじみShift + Qを使います。

これは真スキルでも覚醒のShift + Qに比べると格段に威力は落ちるのでどの程度使うかは火力によりという感じ。ダウンアタックでもないし。

攻撃範囲が自分かを中心に広がるスキルなので、ちょっと散らばった敵の片づけにちょうどいいということです。

現在地から動かなくていいのでポジションキープしたい時に。

そして発動中にQを押すとコンボ:黒き血の噴出に繋がり、もう一発床ドンをお見舞いしてくれます。

ここまで出すと覚醒滅神の炎(Shift + Q)などのスキルもCTが回復しているので、覚醒スキルに戻すことが出来ます。

【メイン→覚醒滅神の炎(Shift + Q)

メインから覚醒に戻せるスキルが滅神の炎(Shift + Q)、床ドンです。

黒き血の領域とスキルコマンドがかぶっているのでスキルスロットで出します。

これでまた床ドン以降のループに入ることが出来ます。

ここまでのコンボのまとめ

  1. 覚醒:進撃 (↑ + F)で道中の敵がいれば巻き込んで連れていく
  2. 竜の顎(Shift + 左クリック溜め撃ち)
  3. (コンボ:絶叫する光(左クリックor右クリック))←忘れた
  4. (栄光ある挙行 (↓ + 左クリック) 攻撃速度バフをかけるために入れても良い)
  5. 滅神の炎(Shift + Q):床ドンモーション
  6. (酷寒の火神(Space) 入れ忘れ)
  7. 嘆きの牙(Shift + 右クリック):切り付けモーション
  8. コンボ:黙殺(右クリック):床ドンモーション
  9. (真:)オムアの忠告 (↑ + 右クリック)をスキルスロット発動 :前方飛び込み斬り
  10. (真:)黒き血の領域 (Shift + Q):床ドンモーション
  11. コンボ:黒き血の噴出(Q):床ドンモーション
  12. 滅神の炎(Shift + Q)をスキルスロット発動:床ドンモーション
  13. 3に戻る

これでバウンド狙いまくりの循環ループが出来ました。

PvPだとこんな適当にバウンドだけ狙ってはいけませんが、PvEは楽してナンボですからネ。最後の床ドン3連発がなんとなく好きなんだよなあ。

梟首(投げ、E)を含むコンボ

梟首(きょうしゅ)はヨルドゥンで敵を突き刺して手前方向に投げ込むキャッチスキルです。

PvEだと掴める相手が少なかったり時間がもったいないのであんまり使わないと思いますが、楽しいからやってみ?

  1. 梟首 (E)
  2. 栄光ある挙行 (↓ + 左クリック) 攻撃速度バフをかけるため
  3. 滅神の炎(Shift + Q)
  4. 酷寒の火神(Space)
  5. 嘆きの牙(Shift + 右クリック)
  6. コンボ:黙殺(右クリック)

かかしなら入るけどPvPでは途中で起きられて入らなそう。

【敵を反転&引っ張る&ノックダウン酷寒の火神(攻撃後Space)

MOBを引き寄せてから反転させて倒すというCCてんこ盛りなスキルです。

滅神の炎(Shift + Q)からQでもコンボ的に使えます。

ただし前方範囲かつダウンアタックがついてない、火力がボチボチなので、嘆きの牙(Shift + 右クリック) → コンボ:黙殺(右クリック)を当てた方が殲滅しやすそうだなと思います。

ダウンスマッシュで敵が散るのも要注意。

ただしバフの10秒間全ての攻撃力+20は非常に強力なので、めちゃんこ堅い敵相手にはこまめに使いたいスキルですね。

【遠距離攻撃】浄化の炎(Shift + F)

クルっと回るので円周攻撃に見えますが、当たり判定が前方に非常に広いので遠距離の敵を倒すのにも使えます。火力はまあまあですが、浮かしCCがついています。

CTが6秒と短いので雑魚的をワンキルできるような狩場や、倒しきれなかった相手に使うのが良い感じだと思いました。出が割と早いのでバックアタック狙いにも。

気絶裂傷の棘(F)

気絶CCを持つスキルで、意外と当たり距離が長いです。

出が早く、浄化の炎(Shift + F)などからも繋がりが良いので残り物の片づけなどにも。

浮かし軽い凌蔑 (↓ + 右クリック)

浮かしは小型、中型の敵などに有効。PvEではそんなに優先度が高くないので取得は後でも良さそう。

所感

メイン武器の頃より格段に火力も上がり、気が付いたら何時間も狩りに没頭しちゃうクラスになっていました。ヤバい。

PvEにおいては移動は↑+Fや↓+Fで最小限にして、なるべく多くの敵を範囲で倒せる位置取りを心がけると効率が爆上がりします。

とにかくダウンを取ってからの滅神の炎(Shift + Q)や嘆きの牙(Shift + 右クリック)が強力なので、コンボスキルを含めて上手に利用したいですね。

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

黒い砂漠 ©Pearl Abyss Corp. All Rights Reserved.

Black Desert ©2019 PEARL ABYSS CORPORATION. All Rights Reserved.

【今日のおすすめ】

Twitterで正方形のゲーム動画を撮って出しする時に使ってる秘密兵器

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - ガーディアン , , ,

スポンサーリンク

Google