おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】ガーディアンの日本の事前予約や実装予定日が決定

   

17日に韓国で実装された新クラス「ガーディアン」について、日本でのスケジュールが発表されました。

残念ながら私が行っていた予想は大きく外れることとなりましたが、なんとなくその他の事情も見えてくるスケジュールとなっています。

12月24日に「事前予約」が開始

まず、事前予約期間が12/24から始まります。

予約を行わなくてもガーディアンは作成できますが、予約すると育成に役立つアイテムなどが配布されるはずです。

韓国では以下のアイテムが事前予約アカウントに配布されました。

  1. [EV]カーマスリブの祝福(7日)
  2. [EV]調教師の笛(7日)
  3. 金塊100G x2
  4. [EV]アイテム獲得増加スクロール(60分) x3
  5. 祝福された伝令書(100分) x2

 

2020年1月22日に実装

そして、ガーディアンの実装は2020年1月22日となっています。

https://twitter.com/OFFICIAL_BDJP/status/1206899351341060097

 

おそらくこの前週あたりからガーディアンのキャラデータが実装されて、キャラメイクが出来るようになると予想しています。

1月下旬の理由を考えてみる

最近は韓国実装に対しても大きく遅れることもなく、割とスピーディーに実装してきた新クラス。

今回の実装遅れには色々と理由が考えられます。

1.伝承のローカライズと被っている

現在日本や北米/EUサーバーなどでは各クラスの「伝承」アップデートが順々に実装されています。

これが韓国実装時から各国実装までやや遅れがちでした。

  • 現在も含めて毎週のようにスキル仕様が調整されていること
  • 全クラス分の伝承クエストに対するローカライズ量があること
  • まだ全クラスの伝承が出来ていないこと

こういった事情が考えられます。

少なくとも伝承をある程度仕様が固まったところで先に実装させてしまいたい、という気持ちがあるだろうなと思います。

そして、新クラスの前に十分遊んでもらいたいとも思っているでしょう。私もすべて記事に起こすのは時間的に難しいと思いますが、一応実装されたクラスはすべて伝承でも遊んでいく予定です。

また、伝承は各クラスに「期間限定の育成報酬」があるため、ガーディアンと被らせるのはプレイヤー的にも結構きつい所があると思います。

伝承では各クラスごとに凝ったアバターなども開発しているので、それも売りたい時期でしょう。

2.クリスマスシーズンのイベントや新商品

https://www.blackdesertonline.com/news/view/3404

シャイやアーチャーなども含めたクリスマスアバターが開発されていて、これも年末に欲しいやつです。

特にアーチャーはその後にリリースされたシャイにアバター開発リソースが全部吸われたようなところがあるので、私はアーチャーに買ってあげたいと思っています。

クリスマスのイベントクエストなども行われており、ちょっと紹介しきれていないのですが、期間限定イベントもローカライズコストがかかるやつだと思います。

期間限定イベントは納期が決まっているから優先ですよね。

3.年末年始のバグを避けたい

貴重な長期休みが遊べなくなったりすることは、開発も運営も、そしてユーザーの誰もが望んでいないことでしょう。年越しバグ祭りは絶対避けたい。

2018年の今頃はアーチャーが実装されて、ちょうど覚醒まで利用できるようになったところ。みんなアーチャーをやっていたと思います。

これで2018年としての大きなアップデートは終了でした。

今年は伝承などの新しいコンテンツも続々と入る中、更にガーディアンをぶっこめるか?というと厳しいと判断したのでしょう。

「ある程度手堅いアバターや伝承などの新要素だけを入れて年内はクローズしておこう」というのもまた、限られた開発リソースを考えれば合理的な判断だと思います。

4.ガーディアン自体に調整がゴリゴリ入る可能性

リリースされたばかりのガーディアンですが、現状では韓国ではバランスについて以下のような意見があるようです。
  • SACCなどが多すぎる
  • 動きが遅すぎる

コンセプトからして俊敏なキャラではないのですが、そのぶんかなり「冒険した調整」になっています。

年末年始でガーディアンを遊びまくった韓国ユーザーからの濃ゆいフィードバックを受けて「とびぬけた強さ」がいくらか調整されるのではないでしょうか。

クラスとして完成度が高くなった頃に各国実装、というのはある意味では正解かなとも思います。

最近はCS機も意識した「操作の低難易度化」の流れもあると思われ、既存のビュンビュン飛ぶような高速クラスに対し、どのように落ち着くのか興味深く思っています。

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

黒い砂漠 ©Pearl Abyss Corp. All Rights Reserved. ©GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

Black Desert ©2019 PEARL ABYSS CORPORATION. All Rights Reserved.

黒い砂漠のリマスターモードがしっかり動く最新パソコン特集!

【今日のおすすめ】

Twitterで正方形のゲーム動画を撮って出しする時に使ってる秘密兵器

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - ガーディアン ,

スポンサーリンク

Google