おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】おっさんのサブキャラ配置状況をご紹介

   

全15キャラクター覚醒状態であるおっさんですが、それらのキャラをどう使っているのかについて書いていこうと思います。

ワールドボス待機

多くの人がサブキャラにやらせていることのひとつが、ワールドボスの現地待機でしょう。おっさんの場合は以下の場所に置いてあります。

上記4箇所、4キャラクターが専属になっています。

装備などを用意するのも結構大変でしたが、用意してしまえばボスの湧き時間についてはほとんど気にならなくなりました。

鳴いたら現地のキャラクターに CC するだけで済むからです。

基本的には混雑しているchでもそれなりにドロップが取れるように、適宜装備を調整しています。

ベリアの強化用キャラ

ベリア村で強化をする専用キャラがいて、気が向いたらそのキャラでスタックづくり強化をしています。

ここにLV10以下の性向マイナスキャラが居れば、強化値下げなどはもっと便利ですね。

最近は50以下のスタックは大体、「鍛冶屋の秘伝書」でヴォルクスの叫びに変換して管理しています。

連続でヘボスタックでたたき台が成功してしまった時など、即座にヴォルクスの叫びから呼び出して本命を強化すると成功率が良い…ような…気がするので…するので…

輸送用キャラ

各街のアイテムを1時間で遠方に届けるためのキャラです。

要は、CC の際の「キャラ輸送」で常に飛び回っているキャラクター。例えば、おっさんはグラナで貿易箱を労働者に作らせていますが、その素材は輸送ではなく、このキャラで一気にハイデルなどから送っています。

  • 急ぎの時:馬で走る、倉庫メイドリレー
  • なるはやの時:輸送用キャラ
  • そうでもない時:アイテム輸送

こんな感じで遠隔地のアイテム運搬を使い分けています。

この輸送キャラでグラナに材料を届けるついでに、付近の「上級料理道具デイリー」などもやっています。

畑用キャラ

栽培をやるキャラクターは専属にして、ちょこちょこ手入れをする方が効率がいいですね。

生態知識取りキャラ

ここだけは決め打ちでレンジャーです。その時に生態知識Sを取りたい地域においてあります。例えば知識を取りにくい「数匹だけ湧くMOB」などのそばにおいて、倒したら他のキャラに CC といったこともしています。出るまでやる、というより、運試し的にやるくらいのノリの方が個人的に続きます。

バレンシア物品受取&フィラペ消化キャラ

首都バレンシアの倉庫に色々たまったものを、倉庫メイドを使ってアルティノ付近で受け取るキャラです。

倉庫メイドを使う予定がなく、 CT を持て余し気味の時にこのキャラにCCし、たまったバレンシアの物資をメディア~ハイデル方面へ送ります。

フィラぺの召喚書も合成した状態でバレンシアに送るので、貯まったら受け取ってこのキャラで消化します。

生活キャラ

その他の生活(採集、加工、料理、錬金、釣りなど)をやるメインキャラクターです。

育成&採集キャラ

その時育成をしている狩りキャラです。狩場にほとんど置きっぱなしで、気が向いたら CC して狩りをします。「バフなどの時間が残っているけど狩りをやめたい」という時も、CC すれば消費時間が止まるので無駄がありません。採集ブースト期間中は道具を持たせて採集もしたりします。

まとめ:「効率化」もモチベ維持の秘訣

黒い砂漠で占める時間の多くは「移動」です。移動中には何も生み出さないので、この時間をどう減らすか?ということを考えると、キャラをあちこちに配置…という選択肢に行き着くでしょう。

また、これらのキャラの役割を時々入れ替えたりすると、また違うゲームプレイが楽しめます。ボス担当キャラにも当然レベリングの時期があり、その間はそのキャラを育成する楽しみがありました。

「とにかく上を目指す」というタイプのプレイをしない人や、特定のキャラでのモチベが下がってきた人は、色々なキャラを並行で育ててみるのはいかがでしょうか。

また、「今後弱体化されるだろうなあ」とビクビクしている強職をメインにされている方も、潰しが効くように他職を育ててみるのはアリだと思いますよ。


 - 黒い砂漠 ,

スポンサーリンク

Google