おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】クロリンスのバッグをレビュー!これは多キャラ使いには良いものだ

   

8/15のアップデートで新規課金アイテムである「クロリンスのバッグ」が導入されました。こちらのアイテムについてレビューしていきます。

クロリンスのバッグの概要

 

  • バッグの大きさ:16マス
  • マウス右クリックで使用
  • 一般バッグに保管されるアイテムのみ移動可能
  • 保管されたアイテムは順番変更や、直接使用は不可
  • 倉庫に預けることが可能
  • 貿易アイテムは保管不可能
  • 便利バッグ内のアイテムは保管不可能
  • バッグ重量が100%を超えている場合は保管不可能
  • 家名(アカウント)あたり1つ購入可能

購入時には「封印されたクロリンスのバッグ(16マス)」として通常バッグに入ります。

これを右クリックすると

「クロリンスのバッグ(16マス)」が獲得できます。

主な使い方:「旅行バッグ」として装備を他のキャラに送る

韓国で実装された時、このアイテムは「クロリンスの旅行バッグ」というような意味合いの名前でした。

旅行のためのバッグと言えば、大体着るもの(装備)や小物を入れるものです。

つまり、装備やアクセサリーを他のキャラクターに迅速に送りたい時に、クロリンスのバッグを使うと1枠にまとめられて大変便利ですよ。

そんな感じの企画で作られた課金アイテムじゃないかとおっさんは考えています。

クロリンスのバッグの16枠はその点を考えられた容量にも見えます。

  1. ヘルム
  2. アーマー
  3. グローブ
  4. シューズ
  5. イヤリング
  6. イヤリング
  7. リング
  8. リング
  9. ネックレス
  10. ベルト
  11. 錬金石
  12. メイン武器
  13. メイン武器
  14. 補助武器
  15. 補助武器
  16. 覚醒武器

このような感じです。

ですが、倉庫メイドで即送る場合、倉庫メイドは100LTまでしか運べません。

武器まで入れると重量オーバーとなることがあるので、防具とアクセサリー、錬金石などの共通装備が中心になると思います。

ボス装備ならメイン、補助武器も含めて送ることが可能

ボス装備の場合は、防具、アクセを入れても実は軽いのが特徴です。メイン武器と補助武器を1つずつ入れても1回で送れます。

グルニル一式で85LTであることに対し、ボス装備(グリ、愚鈍ベグ、ウルゴン)一式の場合で58LTと、27LTの差があります。

この点からも、多キャラで遊びたい場合にボス装備を一式作っておくことの優位性が出てきますね。

例えば WR/VKBD/TBKN/NJWT/WZKT/MT などはメイン武器、補助武器が共用ですが、クロリンスのバッグと次に紹介する倉庫メイドによる送受を活用することで、各キャラが遠隔地にいても素早く装備を切り替えることが可能になります。

倉庫メイドで遠隔地へ!具体的な使い方

今回は「ベリアからメディア領にいるキャラクターに装備を送る例」を紹介します。

前提:倉庫メイドとサブキャラを中継地に配置する

遠隔地へアイテムを迅速に送るためには「倉庫メイド」および「サブキャラ」が必須となります。

これらがある程度整っている場合、装備輸送機能としてのクロリンスのバッグは最大限効果を発揮するでしょう。

装備を入れたクロリンスのバッグを倉庫に入れる

ベリア村で装備類を入れた「クロリンスのバッグ」を倉庫に入れます。

中継地のサブキャラで倉庫から取り出す

中継キャラクターは、ベリア村に繋がるバレノス領と、アルティノに繋がるメディア領の境界あたりに配置してあります。

中継キャラにて、バレノス領エリアにて倉庫メイドを呼び出し、ベリア村のクロリンスのバッグを取り出します。

クロリンスのバッグに入った最大16枠の品を送る場合も、1倉庫メイドだけが消費され、CT に入ります。

目的地の倉庫に入れる

移動してメディア領地に入り、再度倉庫メイドを呼び出し、クロリンスのバッグをアルティノ倉庫に入れます。ここでも送ると倉庫メイドが1体消費され、CT に入ります。

メディア領のキャラクターで倉庫メイドで受け取る

同様にして、メディア領で活動しているキャラクターにて倉庫メイドでアルティノ倉庫を開き、クロリンスのバッグを受け取ります。

3体の倉庫メイドで防具とアクセサリーなどを移すことが出来ました。

今まで難しかったことが可能になる

クロリンスのバッグの登場によって、アイテム類の送受に利用する倉庫メイドの数、各町の倉庫の空き枠数が減ったと言えるでしょう。

クロリンスのバッグと倉庫メイドの併用によって可能となる実践的な使い方は

  • 狩りキャラ⇔ボス待機キャラの防具、アクセサリーなどを迅速に切り替える
  • ボス待機キャラ⇔ボス待機キャラの防具、アクセサリーなどを迅速に切り替える
  • 戦争時の複数キャラの運用

などが低コスト(主に課金額的な意味)でやりやすくなることが考えられます。武器類だけキャラごとに用意しておけば良いのです。

また、ボス待機キャラを用意している人は多いと思いますが、アクセサリーなどまで十分に強化したキャラクターを置いている人は少ないと思います。

その点で、クロリンスのバッグでメインの狩りキャラから装備を持ってくれば単純に火力アップとなり、ボス箱圏内であるダメージ上位90%に入る可能性も高めることが出来るでしょう。

通常の装備換装でも活躍

倉庫メイドを使わなくても、クロリンスのバッグは装備換装用として活躍すると思います。

今までは装備を別キャラに移す場合、装備枠数分、倉庫枠を開けておく必要がありました。

倉庫が足りない場合は馬車を利用する必要がありました。その際には自分の登場物を一度仕舞い、馬車を出し、馬車に入れ、馬車を仕舞い、別のキャラで登場物を仕舞い、馬車を出し…という非常に煩わしい手順が必要でした。

その点、クロリンスのバッグではクロリンスのバッグに入れて倉庫に入れ、それを受け取り側のキャラで取り出すだけです。

通常バッグの拡張として

貿易品は入れられませんが、通常バッグの拡張として使うことは可能です。

例えばよく装備品が落ちる狩り場などにサブキャラで行く場合、サブキャラのバッグ枠が十分ではない場合があります。

その際に追加バッグ枠としてクロリンスのバッグを利用することが出来ます。

そのまま拾った装備を入れたクロリンスのバッグを倉庫メイドを使って町の倉庫に送って しまえば、町にいるキャラに CC してアイテムを売りに出し、またキャラに戻すことも出来ます。

こういったことは今までも多数の倉庫、取引所メイド、各町の倉庫枠の課金などがあれば可能でしたが、それに比べれば比較的安価にできるようになったと言えるでしょう。

アカウントごとに1つという制約

このようにかなり便利なため、アカウントごとに1つまでという購入上限があります。

このため、「どのキャラがクロリンスのバッグ持っていたっけ?」という感じで、いざという時に見つからない状態にならないように注意が必要です。

色々なキャラで装備運用する人は、例えば活動後に中心街であるハイデルに装備入りのバッグを必ず戻す、というような使い方をすると良いかもしれません。

まとめ:倉庫メイドに課金していくなら特におすすめ

倉庫メイドなどに課金するつもりがなければ、買うメリットはあまりない可能性もあります。

倉庫メイドが10体以上いて、サブキャラがあちこちにいて、迅速に装備を切り替えたい!という時には、クロリンスのバッグは非常に便利なアイテムです。

逆に倉庫メイドがあまりいないけど買っちゃった人は、ぜひ倉庫メイドとサブキャラを拡充しての運用をおすすめします。


 - 課金 ,

スポンサーリンク

Google