おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】たった10バリケで守る!野蛮の亀裂の最新レイアウト

   

野蛮の亀裂のブームは落ち着いたようですが、設置役の研究はまだまだ続いているようです。今韓国で話題となっているのが「たった10個のバリケードで防ぐスタイル」です。

自陣の右から配置

フェーズ8開始あたりから建築スタート。自陣の右側から縦置きで配置します。

  • ①(右端):岩場の切れ目の位置
  • ②:①から左に2マス、後ろに1マスの位置に配置
  • ③:②から左に2マス、後ろに1マス配置

3マスずつ空けた設置

  • ④:③のすぐ後ろに配置
  • ⑤~⑨:横に3マスずつずらして配置

  • ⑩:⑨の左2マス、前1マスの位置に置きます

これでバリケードは完成です。縦の隙間から抜かれそうな気がしますが、敵はちゃんとバリケードを殴ってくれます。

火炎塔を8基並べていく

右手から火炎塔を並べていきます。③の先端のラインに合わせて、横長に隙間なく配置します。

ここまで並べばすべての設置が終了です。フェーズ15には既に建て終わっています。

8名が火炎塔に乗り込み、2名は大型MOBを射撃して対応します。

右側が狙われやすいようなので、建設ともう1名は右側から銃で対応します。耐久が減るまでバリケはアップグレードせず、全てのコストは火炎塔設置に注ぎ込みます。

全ては映っていないのですが25フェーズ終了時のバリケード耐久状況です。右手側の耐久には若干の不安がありますが、10バリケという少ない設置で効果的な防御を展開しています。

参考動画

まとめ

  1. 緑銃化が終わり次第、ポイントを設置役に集める
  2. バリケを10設置する(配置位置、間隔に気をつける)
  3. 火炎塔を8つ隙間なく設置する(配置位置、方向に気をつける)
  4. 8名は火炎塔に乗り込む
  5. 設置役ともう1名は手薄な右手を銃で守る
  6. 必要に応じてバリケードをアップグレードする
  7. ボス盾役は必要

 



 - ゲームシステム, コンテンツ攻略 ,

スポンサーリンク

Google