おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

「見える!横が見えるぞ!」そう、21:9モニタならね。

   

「21:9という横に長いディスプレイって実際どうなの?」

おっさんの周りでも21:9を使っている人が増えてきて、気になってる人もいると思います。

改めて、「21:9って実際どんな感じなのか?」というお話をしたいと思います。

「21:9モニタ」ってなんですか?

img_5ab0ac58d4a84

21:9モニタとは、横に長いモニタのことです。

手前のがおっさんが使っている34インチウルトラワイドモニター「LG 34UC89G-B」です。

奥にあるのが27インチ16:9の一般的なフルHDディスプレイです。

一般的な16:9モニタとこれくらい違います

BATTLEFIELD 1 ©2017 ELECTRONIC ARTS INC.

16:9(フルHD)と比べるとこれくらい表示領域が違います。21:9のあとで16:9を見ると「幅が狭いな~」と感じます。

幅が広いことによってどんなメリットやデメリットがあるかを紹介していきますよ。

21:9のデメリットや知っておきたいポイント

まずはデメリット、効果を得られない場合などを説明しておきます。

16:9よりパフォーマンスがちょっと下がる

FHD(1920 x 1080)ベースを横に長くした21:9のワイドモニターだと2560 x 1080という解像度になります。

1920 x 1080から2560 x 1080のワイドモニターに変えると、表示するドット数は1.3倍に増えることになります。

解像度 ドット数 倍率
1920 x 1080(FHD) 2073600  x 1
2560 x 1080(21:9) 2764800 x 1.3
3840 x 2160(4K) 8294400 x 4

 

つまり2560 x 1080のワイドモニタなら、FHDの1.3倍の表示負荷がかかります。

なので、とにかくfpsを稼ぎたいとか、あまりグラボに余裕がないようなゲーミング環境の場合、21:9は無条件には奨めにくいモニタです。

それでも4Kの4倍に比べれば「ほんのちょっと」という感じです。

1920 x 1080で十分快適にゲームが出来ている人なら21:9に挑戦してもちゃんと動くんで大丈夫です。

21:9に対応していないゲームもある

例えばモンスターハンター:ワールドなどは21:9解像度に対応していません。いやあほんと対応して欲しかった…

ゲームを買って「21:9に対応していないのかあ~」とわかった時は、結構ショックになります。

まあでも、手持ちのタイトルで対応してなかったのはモンハンくらいかな…

なお、21:9に対応していない場合は左右に黒帯が出て16:9(1920 x 1080)で問題なくプレイが出来ます。

ゲーム自体が出来ないわけじゃないので安心してください。

ムービー、カットシーンは大抵16:9で出来ている

The Crew 2 ©2018 Ubisoft Entertainment. All Rights Reserved.

プリレンダリングのムービー、カットシーンなどは16:9前提で作られているゲームがほとんどです。

ムービーシーンや21:9に対応していないメニュー時などは、左右が黒帯になったりします。

21:9で表示できるシーンになると黒帯が取れて、すべての領域が表示される感じです。

UIが左右に広がりやすい

FINAL FANTASY XV ©2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

UIが割と左右に広がりやすく、視点やマウスの移動距離が広がることがあります。まあこれはしょうがないですね。

デカイ

本体の横幅は買う前に製品仕様を見て測ったほうがいいです。まあ、買っちゃってから「どう置こうかな」とか考えるのもまた楽しいかも!?

メリットが多く、色んなことをしたくなります

これらのデメリットを差し置いてもやはり、奨めたくなるメリットのほうが多いです。

次世代感溢れる広い視界

ABZÛ © 2015 Published by 505 Games. All rights reserved.

眼の前全てがモニタであり、没入度は本当に高いです。

21:9に慣れると「人間の本来の視界に近いな」と感じます。

情報量が増える

SIMS4 © 2018 Electronic Arts Inc.

画面が広いので、シミュレーションゲームなどでも画面から一度に得られる情報量が多くなります。

運転するゲームとの相性は抜群!

Euro Track Simulator 2 © 2011 – 2018 SCS Software s.r.o.

ドライブゲーム、レースゲーム、フライトシム。運転するゲームはとにかく横方向の視界の確保がポイントです。

21:9ディスプレイなら感じられるスピード感まで変わってきます。横の風景の流れ情報が大きいのです。

MMOはUIのごちゃごちゃ度が減る

MMORPGだと、チャットウインドウが画面中に溢れかえるのが難点です。

例えば黒い砂漠だと左右に広がった部分をフルに使ってチャットウインドウなどが置けるので、画面が広く使えます。

黒い砂漠はパフォーマンスを落とさずに21:9の恩恵を受けられる

黒い砂漠の「クロップ機能」を使うことで、UIだけを21:9領域に表示させることが出来ます。

画面設定 > ウィンドウ画面 で「クロップ」をオンにし、「画面の広さ」スライダーを真ん中くらいに下げます。

そうすると、ゲーム画面の幅が狭くなり、16:9に近い表示領域になります。

これによってパフォーマンスはFHDとほとんど変わらなくなります。

さらに、UIは端の方に出せるので、画面情報が非常にスッキリします。

YouTubeで21:9の動画をオリジナルサイズで見られる

最近はYouTubeも21:9の動画が出てきたので、それをフルスクリーンで見たりする時には、オリジナルのサイズそのままで見られます。

あらゆる編集ソフトの作業効率がアップ!

画像編集、映像編集、音楽作成ソフトなど、画面が広く使えるのはメリットが大きいです。

特に映像編集や音楽系のソフトは、横スクロールなどを多用するため、表示できるエリアが広いと色々捗るんですよね。

おっさんが使っている21:9モニタ

【34インチ 144Hz 曲面モニタ】LG 34UC89G-B

おっさんが使っているのはこれです。144Hzが基本で、ODで166Hzまで対応しています。普段は166Hzで使っています。

ただし10万弱といういいお値段なので買う人を選ぶかなと思います。

おっさんもこれ買う時はもうスゴイ迷いました。GTX 1080に対して、モニタに10万とか出していのかなって思いました。

G-SYNCに対応していて、快適度は本当にスゴイのですが、最近はGeForceドライバにおけるG-SYNCの不具合がたまに出ているのが残念なところ。

結果としては満足していますが、G-SYNCの上乗せ分がもうちょい安くなるといいな、と思います。

G-SYNCとは何かとか、その他使用感などは以下でレビュー記事を書いていますのでそちらも良かったらどうぞ!

【34インチ / 144Hz 曲面モニタ】G-SYNCなしモデル

G-SYNCとかいうのは別についていなくてもいいよ、デカくて144Hz出る安いのをくれ!」という人へのイチオシはこちら!

G-SYNCが付いてないだけで3万ちょっと安いです。これでも166Hzまで対応しています。

【29インチ】LG 29UM69G-B

29インチで3万円台で買える21:9モニタです。これは75Hzまでしか対応していない点に注意。

60Hzの24インチくらいのモニタを使っている方で「21:9を体験してみたいかも」という場合に気軽に買える値段で良いと思います。

普段27インチ以上のモニタを使っている場合は、先述の34インチじゃないと縦が狭くなってしまうのでご注意ください!

多分今のが壊れてもまた21:9にすると思う

横幅が広がったことによる使い勝手の良さは、一旦味わうともう戻れません。

描画負荷は1.3倍程度となり、重いゲームなどでは若干fpsが落ちますが、大抵は許容できるレベルだと思いますね。

もちろん、設定で1920 x 1080表示にする(画面中央に表示する)という設定も可能です。

なので、ガチなゲームをやりたい時にはFHD解像度に落として遊べるのも良いところです。

まとめ

  • ちょっとfpsが落ちる可能性がある点に注意
  • 21:9に対応していないゲームもあるので注意
  • 一回使うと快適すぎて16:9に戻れないから注意

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

【今日のおすすめ】

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - PC環境 ,

スポンサーリンク

Google