おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】黒い砂漠のストーリー年表

      2019/05/28

黒い砂漠のストーリーラインをまとめます。

主に知識から引用し、一部は黒い砂漠公式サイトのストーリー紹介から引用しています。

Contents

エリアン暦前~エリアン暦開始後

timeline_pre_loader

カーマスリビアの黒い星

カーマスリビアの黒い星は昔、カーマスリビアに落ちた巨大な隕石を当てつけた言葉だ。この隕石はカーマスリビアの北の端、カブア山に落ち、その一帯は廃墟に化したという。その影響でカブア山の下にあった青い森はすっかり灰色に変わって濃い霧で覆われており、灰色の森と呼ばれている。

知識:カーマスリビアの黒い星

闇の精霊の源

隕石が爆発する音と衝撃に目覚めて村の周辺をうろうろしていた人々は赤く光る粒を見てその後気を失った。

気がついた時、その人々は分からないところにいて、頭の中には自分達は黒い石の守護者なので力をつけて黒い砂漠を探さなければならないという考えでいっぱいで、目の前には見知らぬ闇の精霊がその、道の案内者なので自分に続けと言った。意識のないまま夢を見るように旅立ち、精霊に従い、狩りをしながらあちこちを覗いた。

知識:闇の精霊の源 #2

闇の精霊の憑依

闇の精霊の話によると、今まで探していた黒い石は自分の家のような存在‘精’を魔力の源泉とした特殊な石だそうだ。

'精'は彼が見た炎のように光る粒で、黒い石が大きく衝撃を受けたり強い磁力に露出すると放出される。近所に黒い石があったら '精'はすぐ吸収されるが、、そうでない時は間もなく消滅する。もし、近所に生命体があったら‘精’は黒い石に会うまで生命体の脳髄に寄生しながら脳はで発生する電気を食べて寄生する。

しかし止まる時間が長引くと '精'は自ら黒い石を探しでる準備をする。 '精'は生命体の脳に過度なな覚醒を起こさせ、脳波を増幅させて早い成長を試み、一方では生命体の記憶と意識の中で世界に対する情報を得る。

そして形を得て体の外へ出る時、生命体の脳に黒い石を探すことが使命だと刻んでおく。

知識:闇の精霊の源 #3、#4

黒い石

カブア族に伝わった黒い石は、災いと同時に祝福だと書かれている。

知識:古代の石室、経験の壁画 II

意志の塔

古代の書23巻より……

黒い砂漠の中央に高くそびえたつ塔。
シンボルが刻まれた黒い石を合わせると、光を出し塔内を埋める。
塔からあふれ出した光が黒い砂漠に届くと、両面の世界が開かれるだろう。

知識:意志の塔

エリアン教

(中略)……エリアン教の主体であるエリアンは、人間界を管理するために
空と大地の真ん中に都市を建て、監視者を配置させたという。
これと似た例で、
注1)雑神やいくつかの神話があげられる。
これらの共通点は神が人間を抑圧するため管理者を置いたとしているが、
むしろ人間を自らの手から放してより自由な生き方をするようにさせるための
一種の理解ではないかと思う。

知識:エリアン教の意志

 

エリアン教異端審問官の日誌より。聖典1章。はじめにエリアン様がブラックストーンを利用して野原や木、獣をお作りになり、我々文明族を創造なさった。エリアン様は異端に出会ったら何回か訓戒した後、遠ざけるようにおっしゃった。

すぐにエリアン様だけが唯一の救いである事を悟り信仰の道に入るものだ。このように、代表的な異端鑑別法の内一つを例にすると聖書に書かれた内容を否定、つまり神聖を否認する事にある。

知識:エリアン教の異端差別

 

ガイピンラーシア

偉大なる者エダナと同様に彼らの部族を導いた光栄の支配者。黒い災いが部族を襲った時、ガイピンラーシアは気合でその危機から逃れた。

例え、その過程で苦しい選択を数回しなければならなかったが、部族が今も生存していることは彼の意志があったから可能だったのである。

知識:エダナとガイピンラーシア

 

とても昔、遠くの地からカーマスリビアに移動した古代兵器の軍隊であるガイピンラーシアがカーマスリビア南部に基盤を作りながらカーマスリビアのほぼすべての森を管理していてたトゥースフェアリーと結んだ特別な契約が存在する。

契約の内容はカーマスリビアはガイピンラーシアに関与できず、ガイピンラーシアも決まった処の他には動くこともカーマスリビアに害を及ぼさないという内容だ。

知識:ガイピンラーシアの契約

 

 

バレンシア王国の誕生

それはそのカプア族が建てた、バレンシア最初の王がエダナというわけです。

エダナの守護者

古代兵器

遺物はエダナが黒い力を制御するために使ったものですよ。私を初めて巨大なこの古代の生命体、この生命体の心臓を制御し、無気力にする。

その根源が黒い力なんです。黒い力を黒い力で制御できていた。

しかし無能な人間と闇の連中は矢鱈にその力を欲しがっていました。

エダナはその子孫のために人類のために、その遺物を利用して古代生命体を制御した。

エダナの守護者

アトラシアの伝説

アクマンは二つの勢力に分けられるようになった。
あなたを「あの者」として受け入れて認める者たちと
異端だと判断して意志のない信仰に侵食された者たち。
運命を受け入れる者と
運命に逆らう者たち。
私、アトサはアクマンを導く者として
彼らをまともな道に導かなければならない。

クエスト:混沌のアクマン寺院

 

バレンシアの占星術の賢人であるアトラシア。
自分の力をネックレスに入れ、封印して世を捨てる。
そしてそのネックレスは各々
形状、繋ぎ紐、水晶に分けられて封印された。
まあ、大体こういう話ですよ。

クエスト:アトラシアの墓

 

クロン城とハデューム(ハドゥーム)

クロン城は昔から古代の神に関する伝説が多く残された場所で
城の至る箇所に隠された秘密があると言われている。
しかし、敗残兵に占領された後あとは確認する方法がない。

知識:クロン城

 

クロン城の伝説より。
不死の錬金術師が訪れた痕跡は、クロン城の至る箇所で発見できる。
彼は過去、クロン城の王アグリス3世を訪ね闇の神『ハデューム』に関する
巻物を渡し、錬金術研究に必要な支援を頼んだ。
その代り、アグリス3世にハデュームを利用した莫大な権力を約束した。

そして、ハデュームを召喚する夜……
クロン城で予期できなかった大爆発が発生した。
この不幸でアグリス3世はその場で亡くなり、臣下達は血で焼けた。
そして不死の錬金術師とクロン城の宝は、痕跡も残さず消えたという。

知識:クロン城の祭壇

 

バレノス東部のクロン城が崩れた時期は、約150年前だと推定される。

理由は、錬金術実験による爆発だったと伝わっている。
クロン城崩壊後、生存者はベリアを含め大陸の至る箇所に散らばったという。

知識:クロン城の没落

ヘッセ聖域での分裂

カルフェオン地域で人間とサイクロプスで争いがあった。

ソーサレスの「カルティアン」はデスサイズを振るいサイクロプスを追い出した。

この時、ソーサレスは分裂し、一部はヘッセ聖域に残った。

知識:カルティアンの末裔 #2

カルティアンの死とデスサイズ

ソーサレスのカルティアンは常人よりはるかに長生きし、不滅の存在に近かったがついに消滅する。

カルティアンは消える直前、自分の破壊的なすべての力をデスサイズに込めて封印した。

エルラ・セルヴィンは危険な力を持つデスサイズを格闘家レトゥサという霊神の宿る木の下に封印した。

そのせいでエルラ・セルヴィンは肉体を失い、額縁の中に閉じこめられたままタリフ村を見守る存在となった。

知識:カルティアンの末裔 #3

カルティアン書を封印する

タリフの規律となった魔法書「カルティアン書」は、カルティアンが死ぬ前に書き残したものである。

タリフのソーサラーが守るべき規範とカルティアンの力が記されていたが、耐え難い力となってしまう。

よりどころを失ったソーサラーは少しずつ力を失い、カルティアン書を習得した者は、肉体的あるいは精神的に衰弱し始めた。

そのため、新しいカルティアン書が作成され、本物のカルティアン書は封印された。

本物のカルティアン書は次の指導者によって結界が1つずつ加えられていった。







 

エリアン暦185年

timeline_pre_loader

ドラゴンの呪いと干ばつ

シェレカンが定住する地は必ず干ばつに見舞われた。

アクムは後代にドラゴンの牙を渡し「これを地に埋めて祝福の雨が降り注ぐ地に定住せよ」と話した。

残った者たちは長い放浪の旅へ出た。

【206年?】カルフェオンとバレンシアの戦争が始まる

カルフェオンとバレンシアで戦争が始まる。30年の間続くことになる。



エリアン暦233年

timeline_pre_loader

【234年】「黒い死」の流行

イムール・ネセル王の軍勢がアクマン部族を虐殺すると、肌が黒く腐敗する「黒い死」と呼ばれる病がバレンシア商団から流行り始める。

 

カルフェオンへ黒い死が至る

黒い死はカルフェオンまで及び、王族や司祭をも甚大な被害を被り、あらゆる富を失った。

風の過ぎ去るがごとく「黒い死」は消えていったが、その痕跡は王族にとってはそれ以上の爪痕を残した。

下層民は王族と自分たちが同じ血の流れる人間であることを認識してしまったからだ。

エリアン教もまた、黒い死を抑えることが出来ないことを露呈してしまった。

 

 

戦争の理由

信頼を失った各国貴族は身分を追われてカルフェオンに集った。

「秩序」を取り戻すために、民衆の怒りの矛先を変える必要があった。

同じく信頼を失ったエリアン教司祭たちは「バレンシアが黒結晶を錬金した魔法の意思で病魔をもたらした」と扇動した。

貴族はこれに乗じて「災いを鎮めるために『黒い石』が埋もれた砂漠を占領する必要がある」と煽った。

バレンシアとは長きにわたり戦争状態であったので、この説明に学のない民衆たちは流された。

そして、妥当バレンシアという理由によって連合を結成、民衆たちはには給与を約束し、バレンシアへの侵攻を画策する。

エリアン暦235年

timeline_pre_loader

【235年】「シェレカンの墓」建立

ドリガンの地にシェレカンの墓が建てられる。

ベディルがカーマスリブを燃やす?カーマスリブが護りきる?

シルビアの子孫の一派であるベディルは、神木カーマスリブ自体を燃やして発現する力に希望を託すことを考えた。

そして、カーマスリブはベディルによって燃やされ、その際に発現された力によって闇の精霊による災禍は打ち払われた。

公式ストーリー

 

怠惰になったシルビアの子孫たちは自らを守る力がなく、カーマスリブは女神が再臨する時までこの地を守らなければならなかった。結局闇の精霊から女神の地を守ることに全ての力を注いだ木は、ガネルベディルに自分の一番古い枝を渡して長い眠りについた。

知識:去っていった女神の最後の贈り物#2

カーマスリビアの子孫達が分派する

カーマスリビアの子孫達は同じような、あるいはそれ以上の災禍が訪れた時のことを憂い、4つの流派へ分かれていく。

ガネルベディルの対立

過激派のベディルである「アヒブ」はただひたすらに力を求めた。

ガネルアーチェル、レンジャーらはアヒブを異端者として排除しようと動いた。

ベディルである「ダークナイト」は中立を誓うが、ガネルベディル種族の不可侵領域を作りこれを弾圧した。

ダークナイトはカーマスリブを去ることを決意し、カーマスリビアの歴史と土地から消えた。

エリアン暦236年

timeline_pre_loader

トルメ・ネセルが王位に

イムール・ネセルの体に異変が生じた。

バレンシア王国の黄金の鍵を受け継いで、トルメ・ネセルが第15代バレンシア王となる。

エリアン暦260年

timeline_pre_loader

【260年】アルティノがアール教に

アルティノはそれまで自由宗教だったが、バレンシアのアール教を取り入れる。

バレンシアとの外交上の理由と考えられる。

知識:神学 II - 神の継承

【265年】ハイデル、遠征を行わないことをカルフェへ通達するも撤回

37歳でハイデル王を継承したばかりのクルシオ・ドモンガットは、カルフェオンに対してこれ以上遠征を行わないことを通告した。

これに対しカルフェオンはエリアン教の破門を警告し、ダハードを推薦した。

カルフェオンとの戦争を避け、ハイデル軍にはエリアン信者もまだ多かった。

結局クルシオは折れて再度遠征を決断した。

 

【266年】野蛮族がメディアに定着する

台風と日照りが相次ぎ、光源と砂漠方面に生息していた野蛮族がメディアへ押し寄せる。

メディア溶岩洞窟はフェリード族に、鉄鉱山も野蛮族に占拠されて閉鎖される。

【267年】フォガンがセレンディアに定住

フォガン族はナーガ族を追いやり、セレンディアの沼地に定住した。オークやオーガも大移動があった。

【270年】トルメ・ネセルによりバレンシアは大国に

学問に長けた王「トルメ・ネセル」による統治により、天源術、天文学、神学などが発達したバレンシアは、大砂漠にあふれる黒結晶を資金源として富を築いていった。

バレンシアは住みやすく、強大な、どの国にも超えられない大国となった。

国民は歴史は二の次として、唯一神であるアールの意思によって、さらなる幸福を求めて暮らしていた。

エリアン暦273年

timeline_pre_loader

イレズラとエルリック信徒

タリフを逃れたイレズラは、堕落した神に仕えるエルリック信徒を扇動して蛮族を制圧、メディア北部の橋に塔を建てた。

メディアに高い塔が建てられた時、爆音とともに黒煙が全域を覆った。

エリアン暦275年

timeline_pre_loader

【275年】ケプラン、ハイデル、オルビアがバレンシアと交易へ

カルフェオン領であるケプラン、ハイデル、オルビアはメディアを中継してバレンシアと交易を始める。

 

【275年】カルフェオンもメディアとの交易へ

カルフェオンもエリアン司祭の反発を押し切り、商団との交易を許諾する。

黒結晶との出会いと分析

カルフェオンもエリアン司祭の反発を押し切り、商団との交易を許諾する。

カルフェオンは黒い砂漠からバレンシア兵の目を盗んで黒結晶を入手することに成功する。

黒結晶はカルフェオンの錬金術師たちの手に渡り、メディアの武器が何故強力だったのか、司祭が魔法の石と言っていたことが正しかったことを知ることが出来た。

ケプラン、ハイデル、オルビアにもこの事実が知らされた。

各国で黒結晶に関する調査が行われ、ケプランやセレンディアで発見された。

 

カルフェオンは再び戦争へ

カルフェオン王ガイ・セリクは戦費調達のために金が必要であった。

しかしカルフェオンでは黒結晶を見つけることが出来ず、苛立っていた。

信頼が地に落ちたエリアン教に対し、地位を復権させる機会であると説得して資金を調達し、

カルフェオンの商談にはメディアと競争できるように兵士を許可すると約束した。

そして今度は、「欲」による戦争が始まった。

エリアン暦276年

timeline_pre_loader

【276年】カルフェオンがケプラン侵攻

カルフェオンによってケプランが最初の犠牲となった。

【276年】カルフェオンがハイデル侵攻

カルフェオンによってハイデル城が燃え上がる。

クルシオ王は拘束されて捕虜となるが、降伏を拒否し、ハイデルの伝令に自分の命を介さず決戦するよう命じた。

【276年】ブロリナ・オーネットがカーマスリビア女王に即位

生まれつきガネルの力を持つブロリナは、自然交感でとても精巧な実力を見せて優れた知恵が認められ、歴代最年少でカーマスリビアの女王となる。

知識:太陽の光の記録書

ドベンクルン自警団を警備隊に昇格

アヒブ襲撃を受け、ドリガンは数少ない自警団では無力であることを実感した。

自警団長のドルゲフはシェレカンの誇りを守るために軍の必要性を感じていた。

ドベンクルン元老会に軍の組織を要請するが、元老会は自警団を正式な警備隊に昇格させる以外の措置は行わなかった。

ドルゲフが村長に

自警団の長であるドルゲフがドベンクルン村長になる

ドラゴンが現れる

ハンターが狩りの最中にドラゴンを目撃する。

村長ドルゲフは優れた傭兵を招集することを決定し、各国家に伝達した。

エリアン暦277年

timeline_pre_loader

【277年】クルシオ王の解放条件

クルシオ王はガイ・セリクによって3つの条件で解放されることとなった。
「今後監視塔付近はもちろん、大規模な兵営は設けないこと」
「交易と外交は、カルフェオンを通すこと」
「セレンディアの黒の結晶は、カルフェオンのものにすること」

エリアン暦280年

timeline_pre_loader

野蛮族との共存

アルティノは修羅場と化し、野蛮族を受け入れることも追い出すことも不可能な状態に陥った。

メディア商団は荒っぽい彼らとの共存を余儀なくされた。

エリアン暦282年

timeline_pre_loader

エリアン暦283年

timeline_pre_loader

【284年】アヒブ軍勢との衝突

ドジャック・トンネルを監視していたレモリア隊員達が、干からびた大地を超えてきたアヒブの軍勢と衝突する。

多くの兵が殺され、生き残りが何とか逃げ帰る大敗を喫する。

【284年】3つのオアシスの発見

バレンシアの第三皇子、マンメハン・ネセルが砂漠に埋められた純度の高い黒い石を見つけるために採泥器を発明した。それによって「祝福のオアシス」「時間のオアシス」「夢見るオアシス」が発見され、命名された。

知識:夢見るオアシス

エリアン暦285年

timeline_pre_loader

【285年】「黄金の鍵」の紛失

バレンシア王のシャハザード王の元に、黄金の鍵がないことをバルハンが母親から聞く。

黄金の鍵はバレンシア国王のみが所持できる、王の証である。

バレンシア建国伝説に関わる黄金の鍵は、バレンシア王国にとっての脅威となるのだった。

【286年】カーマスリビア解放

ブロリナ女王は、カーマスリビアにつながるすべての道と関所を解放し、カルフェオンとドリガンに伝令を送る。

【286年】ベリアのうわさ

ベリアに異邦人が多くなったという噂が流れる

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

黒い砂漠 ©Pearl Abyss Corp. All Rights Reserved. ©GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

Black Desert ©2019 PEARL ABYSS CORPORATION. All Rights Reserved.

黒い砂漠のリマスターモードがしっかり動く最新パソコン特集!

【今日のおすすめ】

Twitterで正方形のゲーム動画を撮って出しする時に使ってる秘密兵器

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - クエスト・知識 ,

スポンサーリンク

Google