おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】RTX3080で4Kリマスターモードをテスト。2080 Tiと比べてもやはり強い!

      2020/10/19

4Kは時期尚早と思っていた方も、RTX 3080の登場で「実際どこまで行けるん?」と気になっているのではないでしょうか。

今回は4K解像度でのプレイデータを紹介しようと思います。

4Kディスプレイで黒い砂漠を超画質でプレイできる時代だ!

圧倒的画質で遊べるのが最大のメリット(25x14にリサイズしてます)

私はFHD、UWFHD(ウルトラワイド)、WQHD、4Kと、様々な解像度で黒い砂漠を遊んできました。解像度が上がるとどのような違いを感じられるのか気になる方もいるかもしれません。

語るより見せた方が早いというわけで4Kの動画を撮りましたよ。

さすがRTX 3080!公式動画並?それ以上?とにかく超高画質で動画を作成することが出来ます。

YouTubeなので若干圧縮感が出ちゃいます。本来はもっとキレイ。これは流石のPS5でも真似が出来ない画質だと思います。

 

どれくらいfpsが出るのか?

今回はRTX 3080搭載機としてGALLERIA UA9C-R38を利用しました。

ドスパラ / CPU:i9-10900K / GPU:RTX 3080 / メモリ:32GB / ストレージ:1TB SSD, 2TB HDD

いつもやっているセレンディア神殿の周回テストで平均fpsを出してみます。他のプレイヤーの影響がないので安定した結果が望めます。

今回はハイパースレッディングはオンのままです。(切り忘れた)

リマスターで平均78fps。約20fpsRTX3080が上回る

4Kウルトラは何にしてもキツイので、実用域のリマスターから見て行きましょう。

4KのリマスターではGALLERIA UA9C-R38平均78fps、2080Tiの私のマシンが平均59fpsとなりました。体感としては結構大きな差です。

60fps以上が何故大事かというと、一般的なモニタでは1秒に画面の書き換えが60回=60Hzという更新回数(リフレッシュレート)が決められているからです。

 

PC(ゲーム)側は、1/60秒ごとにモニタに新しい映像を送る必要があります。それが出来ていると、このように毎フレームごとに違う画面を表示できるわけですね。

 

しかし、モニタが求めるスピードにPCが追い付かないと、画面が更新できないで二回同じ絵が表示されちゃうわけですよ。これがスタッタリング。一瞬画面がカクっとなります。

というわけで、60fpsを越えていれば、圧倒的に滑らかさが違ってくるんです。

厳密に言えば、RTX 3080でも60fps堅持はできません。黒い砂漠はスキル発動時のフレームレート低下が激しいからです。

ただ、平均値としても60Hzの要求を満たせない59fpsのRTX 2080 Tiに対し、RTX 3080の平均78fpsはプレイしていてもかなり安定度は高く感じられます。

VERY HIGH以下なら3080でも2080Tiでも100fps越え

上記周回テストではRTX 3080のVERY HIGHで平均139fpsを記録しています。RTX 2080 Tiでは112fpsで、こちらも3桁fpsを越えています。

LG 27GN950-Bのような4Kで144Hzのモニタがあり、黒い砂漠ではVERY HIGH以下の画面設定時であれば、RTX 3080だけではなくRTX 2080 Tiでも活用できます。

VERY LOWになればどちらも144Hz以上の世界になってくるので十分に活かせます。

まとめ

  • RTX 3080は4Kリマスターで75fps(75Hzモニタ)ターゲットで遊べる能力がある
  • RTX 2080 Tiは4Kリマスターなら60fps(60Hzモニタ)ターゲットで遊ぶのが良い
  • VERY HIGH以下ならどちらのグラボでも4K144Hzモニタが活かせるスペックがある

RTX 3080で黒い砂漠も真の4K時代が始まった感じですね。

RTX 2080 Tiでは個人的に「ちょっと背伸びだよなあ」という感じがあって、なかなか「4Kおすすめっす!」と言うことは出来ませんでしたが、RTX 3080のパワーがあれば快適に遊べると感じました。

黒い砂漠をリマスター4Kで遊ぶならGALLERIA UA9C-R38と75Hz対応の4KモニタBenQ EL2870Uの組合せが良いかなという感じですね。

ドスパラ / CPU:i9-10900K / GPU:RTX 3080 / メモリ:32GB / ストレージ:1TB SSD, 2TB HDD

さすがに100fpsオーバーの世界を日頃から体感している戦闘勢は60fpsクラスだと物足りないと思いますので、WQHD以下がおすすめです。WQHDまでのテストはこちらの記事で。

しかし4Kは一度味わってしまうと、画質重視勢としてはこれを維持したくなってしまう魅力がありますね…!

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

黒い砂漠 ©Pearl Abyss Corp. All Rights Reserved.

Black Desert ©2019 PEARL ABYSS CORPORATION. All Rights Reserved.

【今日のおすすめ】

Twitterで正方形のゲーム動画を撮って出しする時に使ってる秘密兵器

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - 設定・PC選び , , , , ,

Google