おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】ランの軽功(けいこう)での飛び方と派生スキル紹介

   

皆さん、ランで遊んでいますか。最初「ちょっと遊んで見るか」くらいだったうちのギルメンも結構な割合でランを育成し、飛び回ってニヤニヤしています。

というわけで、今回はランの中心的なスキルである「軽功」についてご紹介します。

「軽功(けいこう)」で華麗に舞う

ランの代名詞である飛翔スキルから紹介しましょう。スキル軽功(けいこう)です。

Shift + Spaceキーで飛翔します。CT は軽功 IIで最短の15秒になります。

コンボ:軽功

LV22で取得できる「コンボ:軽功」はランの必須スキルでしょう。これが一番飛ぶやつです。

軽功中にShiftを押しっぱなしにしていると発動します。CT35秒と長めになっています。

「軽功」と「コンボ:軽功」は使い分けが肝心

LV22でランの飛行でコンボまで使えるようになるので、どんどん使っていきましょう。

ポイントは、「軽功」と「コンボ:軽功」の飛距離を把握して使い分けることです。

一番頻度が高く軽功を使えるのは

  1. 通常の軽功のみ(CT 15秒) → 中距離移動
  2. コンボ:軽功 (CT 35秒) → 長距離移動

この順で出していくことです。狩場ではそこまで繰り返し長距離移動をするパターンはないと思うので、十分このスキル回しで利用できると思います。

最初は CT が長く感じるのですが、戦闘と織り交ぜながら使うことを考えると、15秒に1回使えるというのはそう長くないように感じられます。

滑空だけではなく、道沿いの移動にも

軽功は降下して地面についたら終わり、というわけではなく、スキルの発動時間中は前進し続けます。そのため、上り坂を登っていくことも可能です。

通常歩行で移動できるところは軽功で滑るように移動できます。

軽功からの派生攻撃

軽功からは「コンボ:軽功」以外にも色々な派生攻撃があります。主に使うのは風落斬です。

軽風(Shift +← or →) 

軽功中に回避して降りたい時に使います。

降神舞(F)

軽功から前方に滑り降りるようにして攻撃します。気絶 がついています。前進しながら着地するので、着地地点を調整する時にも使います。

風落斬(LMB)

軽功攻撃のメインです。垂直に降下して斬りつける攻撃です。バウンド がついていてダウンを狙えます。風落斬の後 LMB を維持すると以下の攻撃に発展します。

  1. 風落斬
  2. 蘭鎖風刃
  3. コンボ:蘭鎖風刃
  4. 蘭踊刃

風落斬→蘭鎖風刃とか、コンボ:蘭鎖風刃→蘭踊刃なんてツールチップに書いてないのですけどね、隠しコンボみたいです。

これが結構強いので、関連するスキルは取っていったほうが良いですね。

風蘭脚(RMB)

対MOBの押出しと、 バウンド 効果がついています。距離がきちんと合っていないと当てるのが難しく、スカるとふわっと着地するだけになるのであまり使いません。

 

まとめ

次回はその他のおすすめスキルについてご紹介します。


 - ラン , ,

スポンサーリンク

Google