おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】リマスタリングの重さを緩和するためのゲーム内設定方法

   

リマスタリングで一番ネックとなるのが「重さ」です。ここではゲーム内での画質の調整(妥協とも言う)を行って、fpsを改善する方法をご紹介します。

内部解像度を落とす「アップスケール」設定

リマスタリング環境では解像度を下げると明らかに軽くなります。しかし、ゲームの解像度を直接変えるとUIが崩れたり、データの読み込み直しに時間がかかるという問題があります。

そこで使ってみてほしいのが「アップスケール」という機能です。

これは画面解像度やUIの配置を変えることなく、内部のレンダリング解像度を小さく書き出し、拡大して現在の解像度に合わせて表示する機能です。

全体的にぼやけた感じにはなるものの、これだけで即時20~30fps上がると思います。

POINT

すぐに内部解像度を小さく切り替えるfpsアップ機能
画面はぼやけてしまう

 

画面の表示範囲を狭める「クロップ」機能

クロップを入れると、その下の「画面の広さ」「画面の高さ」スライダーで、UIはそのままにゲーム画面の表示範囲を狭めることが出来ます。

これもまた、アップスケールと同様に「処理するデータを減らす」という意味でfpsアップの効果があります。

リマスタリングのテストでは、2560×1080の解像度と1920×1080の解像度でfpsの差が10fpsくらいありました。

つまり幅の2560を1920に下げると10fps上がったわけです。

特にfpsが低くなりそうな最高設定では10fpsの差はかなり大きいです。

POINT

UIをそのままに表示範囲を狭めることが出来る
UIはそのままなので、21:9などでも画面領域は最大限活用できる

 

SSAOを切る

SSAO(サブサーフェスアンビエントオクルージョン)は、「影を強調する機能」だと思ってください。

ゲーム内のオブジェクトの陰影を計算するため、それなりの負荷がかかります。

リマスタリングではSSAOを非常に精細にかけているため、このチェックを外すと5fpsは上がりました。

ただし、陰影の質感は大きく損なわれます。

POINT

陰影の計算をやめて軽くする

 

「被写界深度(DOF)」を切る

被写界深度(Depth of Field)は、カメラの焦点距離を設定するもので、簡単に言えば「画面のボケ効果」のオンオフです。

今までの黒い砂漠では、SS撮影モード(Ctrl+U)でのみ、この効果が適用されていました。

リマスタリング設定の最も重い設定では、通常ゲーム時でも被写界深度効果が適用されていて、焦点があっていない所にぼかし効果が加えられています。

これが結構重いので、チェックを外すと5~7fpsくらいは上がりました。

POINT

画面のボケ効果を外すことで軽くする

視野角を狭くする

表示される範囲が広くなると、それだけ処理の重さが変わります。

視野角(Field of View)を狭くすることで表示範囲が狭くなるため、fpsが上がります。

視野角についてはズームとは異なるので、以下の記事も参考にしてみてください。

POINT

視野角を狭めて表示のデータを少なくする

テクスチャ解像度を下げる

リマスタリングではVERY HIGHよりも利用する VRAM の量が増えています。

テクスチャの解像度を下げると、扱う VRAM(テクスチャデータ)の量が減るため、負荷が下がるかもしれません。

POINT

テクスチャ品質を下げて消費VRAMを少なくする

 

スペックが不安な時の設定法

まずは、VERY HIGHなどの設定で、上記の設定を全て適用して確定します。その時点で30fpsも出ていない場合は適用を諦めたほうが良いと思います。

その後、リマスタリング設定に変更して負荷を見てみると良いでしょう。

余裕がありそうであれば、少しずつ上記の設定を外して様子を見ていきます。

【今日のおすすめ】

最近話題の足元ヒーター!箱に足がすっぽり入ってこれからの季節にぴったり。ぬくぬくPC出来ますね。

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する


 - ゲームシステム , ,

スポンサーリンク

Google