おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】ランが早くも覚醒!二刀流と「遠距離投げ」で戦場をかき回す

   

韓国でランが実装されたのが昨年12月21日。わずか3週間で覚醒がやってきたわけですが、日本の実装は実装2周間後の5/23に決定しました。過去最速ですが、これくらいでちょうどいいですね。今後はこれくらいがスタンダードになっていくのかもしれません。

未覚醒のランの特徴

ランの未覚醒状態について、改めて紹介しておくと、「軽功(けいこう)」という特殊スキルを持っています。

落下ダメージがあるとは言え、ダメージを軽減させる水晶などがようやく意味を持つのではないかと思われるほど、新機軸のクラスと言えるでしょう。

滑空スキルは35秒に一度、CT 3分半のコンボスキルなど、使い勝手に問題があったので、繰り返し強化がなされてきました。日本実装時には最終的に15秒に一回、コンボが35秒に1回など大幅に使い勝手が向上しました。

メインスキルの使い勝手も度重なる強化の結果、当初の韓国評価での印象よりは悪くなくまとまっていると思いました。

早くもLv60に到達している人もいるようです。おっさんもLv58を目指したいと思っています。

 

覚醒後の武器は「鎖付きの双剣」

そして、覚醒ランです。覚醒して化けたクラスはSRをはじめ、WTZやDK以降など色々ありました。

ランの覚醒スキルの筆頭に挙げられているのが「遠距離キャッチスキル」です。対人向けのアドバンテージと考えられるでしょう。

覚醒前の滑空スキルと合わせて、遠距離からのキャッチなど、色々と新しい戦術が生まれることでしょう。特に奇襲や戦争コンテンツなどで力を発揮しそうです。

覚醒キャッチの範囲はこれくらいは行くようです。ただし、キャッチできる対象は1体の模様。

その他のスキルも、使っていて爽快感のありそうな感じに見えますね。

詳しくそれぞれのスキルが見られます。

日本実装は5/23に決定!

改めて、日本の実装は実装2周間後の5/23に決定しました。過去最速ですが、これくらいでちょうどいいですね。楽しみです。

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

黒い砂漠 ©Pearl Abyss Corp. All Rights Reserved. ©GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

【今日のおすすめ】

2019年も安心、快適に使うためのゲーミングPCを厳選!

今は必須アイテム?若い人に伝えたい「クレカ」の話

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - ラン, 砂漠ニュース , ,

スポンサーリンク

Google