おっさんゲーマーどっとねっと

「黒い砂漠」をはじめ、PCゲームやゲーマー向けの情報をお届けするブログです

【黒い砂漠】キム・ジェヒPの第2回「深夜トーク」の内容まとめ

   

2021/8/27の夜に、韓国の黒い砂漠において第2回「深夜トーク」の配信が行われ、キム・ジェヒプロデューサーによって今後のアップデートの方向性などが語られました。

内容についてはinvenでユーザーがまとめたスレッドがあります。本記事ではその中から主な内容を紹介しつつ、コメントを入れていこうかなと思います。

「フィードバック掲示板」を作る

ユーザーのフィードバックに対して評価を行ったり、運営スタッフ(GM)が返信したことがわかるような機能がついたフィードバック用の掲示板が作られるとのことです。

また、それぞれのフィードバックスレッドに対し、「議論中」「進行中」「適用完了」「検討完了」といったステータスが右端で確認できるようになっています。

グローバルでこれができるだろうか?

フィードバック掲示板はおそらく韓国で翌週から利用ができるものと思われますが、せっかくテスト用のグローバルラボがあるので、グローバルに受け付けてくれると良いですね。

キャラクターリブートについて

旧クラスを見直す「キャラクターリブート」についても続報がありました。

ダメージ、範囲、命中などの見直し、使い勝手の悪かったスキルの性能向上、コンボスキルの統廃合などが予定されています。

リブートはグローバルラボで順次公開され、全てのクラスがグローバルラボで調整が終わってから、全クラス一挙にライブサーバーに実装されるとのことです。

現在開発中のウォーリアレンジャーのサンプル映像も公開されました。

伝承ウォーリア

覚醒ウォーリア

伝承レンジャー

覚醒レンジャー

初心者向けの補助機能追加

初心者が黒い砂漠に早く馴染めるような補助機能や支援も追加されるようです。

バッグ整理機能

アイテムの取捨選択に迷う初心者向けに、バッグの整理を補助する機能を追加

厩舎から目的地への自動移動

厩舎から目的地まで馬で自動で連れて行ってくれる

セレンディアでペットをもう1匹もらえるように

ストーリーでもらえるペットが1匹増え、トータル5匹がもらえるように

生活道具を持たなくても最低限の生活コンテンツができるように

釣り竿がなくても基本的な釣りができる。屠殺ナイフがなくても屠殺が可能となるなど。当然、性能はアイテム着用時より下がる。

初心者向けバレンシア狩場の改善

砂漠フォガン・砂漠ナーガなどの収益、獲得経験値アップ

シーズンの強化確率アップ

今シーズンは早めに終りが来るようで、次のシーズンからトゥバラ装備全体の強化確率が上がるようです。

家門ごとに1回、すべてのトゥバラ武器を取引所出品不可のボス装備に変える事ができるように。

更に、その後、真IVから真Vへの強化の中間ステップを追加するとのこと。

さらに、確定強化ができる形態を考えているが、カプラスの石方式ではない。これらはシーズン終了後に卒業パスと連携される。

今シーズンは何をすべきか?

今トゥバラ真Vを狙って高スタックをガンガン使うより、次のシーズンまで待ったほうがコスパが良い可能性があります。

無限POTはもはや宝物ではない?

「無限POTはもはや必須」と考えるユーザの声に応じる形で、POT重量50%減が行われたが、それだけでは不足と考えて以下の改変が検討されているとのこと。

  1. 1つの材料だけ得ても弱い段階の無限POTの役割を発揮する(材料1つあれば無限中型回復剤、2つで大型相当など)
  2. ドロップに「天井」が設けられ、ラ・オルゼカ衣装のように特定のアイテムを集めることで完成できるようになる
  3. 既に無限POTを作成した人には大きな先行利益はないものの「古代のオーネットの精霊水」などアイテムを特別な名称にしたり、称号を与えるなどして差別化

無限POT必須時代

かつてPearl Abyssは「私達が「天井(必ず獲得できる狩りの上限など)」を作った瞬間、宝物は必ずやらなければならない退屈なコンテンツとなり、価値は次第に下がっていくだろう。」と言っていました。

この時は「せやなあ」と思っていたし、私はやらないでいようと思っていました。

私は以前、Twitterで無限POTに関しての調査をしました。

まず、やっていない人が36.2%でちょっと安心したものの、やっている人が6割以上というのはちょっと驚きです。

Twitterの人は意識が高いから高めに出ているとは思うのですが、「うわあ、6割の人がこれやってるのか」というのが正直な印象です。

しかも、楽しくはないがしぶしぶPOT堀りをやってる人が15%いるという。つまり、「無限POTは今後必須」と感じる人がそれなりに多かったのでしょう。理由としては「POT重量のぶん、戦争で施設が持てて便利だから」という声がありましたね。

「狩りそのもの」をもっと楽しくすることが必要だと思う

「しぶしぶPOT掘り」になってしまうのは、無限POTが原因ではないと思うんです。

掘ってる過程でその狩場の狩りに飽きてしまうからだと思います。同じ場所を1時間ぐるぐる回ることに次第に飽きてくるのは普通のことです。

もっと言えば1時間の狩り自体にも問題はなくて、気持ちよくさせる、熱中させるための「演出」が足りてないのかなと。

海洋は拠点戦占領戦の改善、キャラリブートの後に

海洋は拠点戦・占領戦やキャラクターリブートの後に予定されている。長く待つことになるので、途中で利便性を改善する予定。

予定に「ギルドガレー船の上位版」「エフェリア巨艦」などがあった

ハイデル宴会ではギルドガレー船の上位版の予定や、エフェリア巨艦などの新規船舶が予定されていました。

キャラクターの見た目の改善

見た目が良くないキャラクターの場合は、新しい顔型を用意したり、まつげ、眉毛、化粧などもダークナイトテクスチャの時のように改善していく。

名前が挙がったのは、ウィザードジャイアントレンジャー

自然な肩に修正されるレンジャーの例

染色のRGBカラーパレット化

染色はこれまで特定色から選ぶ形だったが、楽に選択できるようにRGBカラーで選べるように準備される予定。肌の場合は制限はあるとのこと。

染料はどうなる?

染料アイテムがついにお払い箱になる可能性を感じました。あるいは機能的にグレードアップして来るか。

ヘアスタイルの追加と最適化

ヘアスタイルは最適化に影響を与えるため、むやみに調整するのが難しい。簡単に開発できないが、トレンドに合ったものを1つずつ追加してみる予定。

可動範囲の自由度は残して欲しい

最近のクラスの顔と同様、新規追加の神型は可動範囲狭まってる感じがするんですよね。破綻しないように、という配慮もあると思うのですが、ある程度遊べる用に作ってもらえると良いですね。

キャンプ設置場所改善はちょっと難航してる

キャンプが完全な平地にしか置けない問題=多少斜めでも置けるようにする改善は、自然な見た目にさせるために難航しているようで、例えばキャンプ自体を2階建てにするなどの案が出ているようです。

スキルUI改善

スキルツールチップのデザインも改良される予定。

MP、持久力クールタイムがアイコンでひと目で分かるようになり、 闘志、神聖力、魔力などのアイコンは統合。

バフ状態異常についての簡略表示も行われる。

【感想】これまでの予定と並行してできるのだろうか?

6月に行われた「ハイデル宴会」では、2021年下半期のロードマップが発表されていました。

 

7月にはアトラクシオン<バアマキア>が実装されました。

真Vアクセサリーの依頼も実装されました。

 

しかし、その前に来る予定の大邸宅は韓国では実装されたものの、日本を含むグローバルでは未実装のまま8月が終わります。

 

キャラクターリブートはPvP/PvEランスの質疑応答で予定として挙げられていましたが、当然バランス取りには相当なリソースが割かれるでしょうし、「次のシーズンを早めに…」ということであれば、当然それに関するローカライズ作業も発生します。

日本を含むグローバルへのコンテンツ提供が遅れていかないかはちょっと心配ですね。

ただ、ここ最近は本当に利便性のアップデートを細かくやっていますし、衣装もデザインの良いものが増えました。コロナ禍ということもあって予定していたように開発が進んでいない可能性もありますので、気長に応援していければと思っています。

 


記事の内容は執筆、更新日時時点の情報であり、現在は異なっている場合があります。
記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

黒い砂漠 ©Pearl Abyss Corp. All Rights Reserved.

Black Desert ©2019 PEARL ABYSS CORPORATION. All Rights Reserved.

【今日のおすすめ】

NURO光なら8K動画も滑らかに見られ、ゲームDLやOSアプデも5倍速で完了するしヤバい

ひきこもりニートでも稼いでゲームに課金出来る時代

無料体験できる電子書籍読み放題「Kindle Unlimited」の賢い使い方を紹介する

 - 韓国公式ニュース , ,

Google